モコ雪祭り! ~戸狩温泉スキー場

2012年02月20日 18:16

スキーシーズンど真ん中の2月だというのに、
週末はいろいろと予定があって、全然スキーに行けません (´;ω;`)

2月にスキーに行けるのは、今回のたった2日間だけです (´;ω;`)ウッウッ
1~3月に用事が多くてなかなかスキーに行けないのは、
もう毎年のことなので諦めてますが、本当に悔しいです。




そんな2月の貴重な滑走日に行くのは、
冬将軍様からえこひいきの絨毯爆撃を受けている大雪祭り会場、戸狩温泉と野沢温泉です。
よーし、ガンガン滑り散らかして、除雪に協力しちゃうぞー!!

勇んで金曜夜に出発したものの、
豊田飯山ICを降りる頃には、早くも将軍様の弾幕攻撃の洗礼をくらいます。
すごい降りっぷりだなぁ。




戸狩温泉スキー場のペガサスゲレンデ下の駐車場に到着したのは4時。
そのまま仮眠します。

6時頃、車の外に出ると、
車にはたった2時間ほどで10cmくらい積雪しています。
こりゃ、今日のコンディションはモコモコだな。

戸狩温泉スキー場は、
ペガサス・オリオン・カシオペアの3つのゲレンデからなるスキー場です。
8時半にペガサスゲレンデをスタート。
ピステンバーンにはくるぶし~すね丈の新雪が積もり、
未圧雪地帯はヒザ~ももほどの深雪となっています。




ペガサスゲレンデの上部リフトのオープン時間になるまで、
稼動しているリフトはペガサスビートル4だけです。
ペガサスビートル沿いで面白そうな斜面は、ダイナミックコースです。
リフトの上から見ると、真ん中にラインコブが1本ありますが、
かなり深い積雪に埋もれており、
この新雪が少し掃けないと、コースに入り込めそうにありません。




ダイナミックコースの雪は、ボーダーさん達が耕してくれるのを待つことにして、
まずはペガサスビートル下の未圧雪地帯を蹴散らしまくって遊びます。
ヘタすれば腰まで埋もれるほどの積雪で、滑るのも転ぶのも楽しい!

こんなに深い新雪は、
喜んで突撃した子供達が転んで埋もれて、もがくうちに脱出不可能になる事が多く、
怖くて目が離せないし、救出するのも疲れるしで、油断がならないコンディションなのですが、
さすがに子供達も学習してきたようで、
新雪ではちゃんとカカト荷重にして浮力を巧く操って滑るようになり、
転んでも救出するような事態になることはありませんでした。
それでも危なっかしくて目が離せないのは変わらないのですがね…




コースのど真ん中に、なにか東屋のような建物があったので、
のぞいてみたら、お堂でした。




お堂の中のお地蔵様は、スキー地蔵と言うそうです。
今年の大雪で、お地蔵様も腰下ラッセル状態。




上部ゲレンデオープンを待っていたのに、
本日は大雪により雪崩の危険があるため、上部ゲレンデは閉鎖となりました。
(;´Д`) ズコー!!

ダイナミックコースの雪が掃けてきたので、
さっそくダイナミックコースを滑ります。
短いし斜度もそれほどありませんが、未圧雪バーンでモッコモコ!
ヒザ丈のモコ雪をわっしょいわっしょいと漕いで滑ります。

ダイナミックコ-スでモコモコ→リフト下でバフバフの、
夢のような未圧雪ローテーション!




しだいに雪が激しくなってきました。

なんせ上部リフトが運休しているので、
ペガサスゲレンデで動いているリフトは、ペガサビートル4の1本だけです。
どうしてもこのリフトが大混雑のカオス状態。
こんなにリフト乗り場が混んでいても、
は??リフトを詰めろってナニ?ってツアー客が多いです。
あぁ懐かしい、久々の奥美濃クオリティ…

幸いリフト係さんが問答無用でギューギュー詰め込んでくれるので、
お1人様レーンはなんとか流れが良かったのですが、
混雑する土曜日にこのリフト一本だけでは辛いね。




午後からは、混雑するペガサスゲレンデから逃げて、
シャトルバスに乗って、オリオンゲレンデに行ってみました。

オリオンゲレンデは、3本あるリフトが全部運転しており、
それぞれのリフト待ちも全くありません。




オリオンの最上部、馬の背コースへ。
尾根沿いで幅が狭い不整地急斜面コースです。
ほどよくコブになっていて楽しそうでしたが、
寒いわ、雪で視界が悪いわ、滑る人が多いわで、このコースを回すのを諦めました。




オリオンから、とんだいら経由でペガサスに帰ろうとしたのですが、
あまりに雪が激しいので、メゲてレストハウスに避難。
将軍様、たまにはスカッと晴れた日にスキーを楽しみたいです… (´Д⊂ヽ




ペガサスに帰ってきて、
終了時間まで再びダイナミック~リフト下未圧雪を数本滑ります。
ダイナミックもリフト下も、一日中モコモコ雪たっぷりで、本当に楽しかったです。
リフト待ちがなければ一日中このローテで遊んだのになぁ。

スキーの後に、近くの暁の湯にお風呂に入りに行きます。
が、これが壮絶な混みっぷりでウンザリ。
クーポンだと、温泉付きで3000円という破格値のリフト代なので、
入浴券付きリフト券を買う人が多く、温泉もごったがえします。
でも、温泉が混雑しようとも、このリフト代は魅力的。

夜になっても容赦なく雪が降り続きます。
道路もかなりの圧雪になっているので、用心のためにタイヤにチェーンを巻いた後、
道の駅千曲川へと移動して車中泊。
翌日は野沢温泉へと向かいます。


2日目に続く。


関連記事


最近の記事