野沢難斜面巡り ~野沢温泉スキー場

2012年02月27日 10:34

2日目am5時起床。
車内で-6℃と言う冷え込みよう。
車外なんて寒すぎて、気温を計測する気にもなれません。

道の駅千曲川を出発し、6時にオープンする野沢温泉スキー場の柄沢Pへ。




朝、放射冷却で冷え込んだだけあって、
今日は朝からドピーカンです!
昨日まとまった降雪があったので、雪質も期待大!




初めての晴れ野沢だよ!
晴れたのならさっそく、有名な山頂からの絶景を見に行きたいところですが、
朝一は、長坂ゴンドラも日影ゴンドラも強烈な渋滞。
30~40分以上待たなければならなさそうです。

日影トリプルから日影ゴンドラが空くのを伺いながら、
とりあえず検定コースのコブや日影のカベを滑って足慣らし。
このコースのユルさ、長さ、リフト乗車時間の短さが好き (*´∀`*)




待てど暮らせど、ちっともゴンドラは空く気配が無いので、
シビレを切らして、リフトを乗り継いで山頂を目指します。

しかしみんな考えることは同じで、
山頂へ向かうリフトは、どれもゴンドラの混雑を避けた人達による長い列が…。

ちなみにリフトの後ろのコースはチャレンジ。
この斜面、かなり急なのに、野沢発表だと中級者コースになってるのが解せん。
私、この斜面を滑るのが苦痛です。




ゴンドラに乗ろうが、リフトを乗り継ごうが、結果は同じ…。
上の平フォー、やまびこ第2フォー、やまびこフォーは、もはやカオス。

毎年のことだけどさぁ、
ホント、野沢はリフト待ちが苦痛だわ…。




怒涛のリフト待ちを耐えに耐え、
やっとの思いで毛無山頂上に到着出来たのは正午。
ろくに滑らないまま、リフト待ちだけで半日終わっちゃったよ… (´;ω;`)

こんな混雑を耐えてでも、なぜみんな頂上を目指すのか。
頂上に降り立った人たちが、みんな望む方向には何があるのか。
それは…




頂上からは、こんな絶景が拝めるからです。
この場所は、記念撮影の順番待ちが出来るくらいの人気スポットです。
混雑する土日は、到達するのにハンパない労力を必要とするから、感慨もひとしおです…。




最上部のやまびこゲレンデは、
北ア・妙高方面の絶景を正面に見ながらクルージングできます。




やまびこゲレンデの唯一のコブルート。
でも斜度はユルユルです。

せっかく苦労して頂上まで来ましたが、
すぐ柄沢まで昼食を食べに帰ります。

スカイライン連絡ペアは相変わらず長蛇の列だったので、
もう並ぶのもアホらしくて、コースを歩いて登りました。
野沢のリフトの効率の悪さには殺意が湧くわ… (#^ω^)ビキビキ




スカイライン連絡ペアの混む理由が、
このスカイラインコースからの絶景です。
美しい山脈風景をバックに、ニョロリとのびる1本道は、野沢の名物コース。




スカイラインは、いつもコブになるコースですが、
この日は全然コブになっていませんでした。




昼食後、長坂ゴンドラ連絡ペア沿いのはちまんコースを回します。
なかなかの急斜面で魅力的なのですが、
毎年、積雪が深くて入り込めずに諦めていたコースです。

朝一に滑った時は昨日の積雪でモコモコしていましたが、
午後一には良い具合に締まって、楽しいコブ斜面になっていました。




次は、やっとスムーズに乗れるようになった長坂ゴンドラに乗って、
牛首コースを目指します。
やまびこ駅からブナ林コースを抜けて、ゴンドラ下の牛首へ。




この牛首コース、ゴンドラの上から見ると、
とても細くて、両端が谷に落ち込んでいて、
一歩間違うと谷底へレッツゴーなガクブルコースに見えますが、
実際に滑ってみたら、それほど斜度もなく、細さも気になりませんでした。

でも、こうして写真で見るとやっぱ怖いなぁ… (ill゚д゚)
雪質や天候が良かったから怖くなかっただけで、
霧や吹雪でホワイトアウトしていたり、
全面カリカリコブバーンだったりすると、恐ろしくて入っていけないな。
てか、ここはちょっとでも天候が悪いとすぐ閉鎖になるコースです。




牛首途中から黒鞍へと流れる無名のカベ。
カベというより、もはや崖。
先が見えないほどに落ち込んだ急斜面が刺激的!




今度は、チャレンジ39°のカベに向かいます。
U字にへこんだ斜面にコブビッシリ!




39°と言っても、最初の滑り出し付近が急なだけで、
下に行くほど斜度がユルくなります。
バーンも広いので自由度があって滑りやすいです。
が、あんまり隅のほうに行くと、雪崩そうな亀裂が入っているので怖い…

チャレンジペア終了時間まで、チャレンジ39°のカベで遊びます。
チャレンジペアは高速でストレスがなく、
カベのコブ~チャレンジの急斜面という乳酸漬けコースを高速で回せます。




チャレンジペア終了間際に、シュナイダー~ユートピアコースへ。
真ん中圧雪バーンで、脇が未圧雪。
もう脚フラフラでまともに滑れない…




チャレンジペアが終了したので、日影に移動。

いつも野沢は寒さで苦しめられてるから、
カイロ貼りまくり&着膨れで備えたのに、
一日中本当に良い天気だったので、おかげで暑いのなんの。
たっぷり汗をかきました。




日がとうに傾いても、まだ終わらんよ!
日影に移動したら、17時まで運転している日影トリプルをギリギリまで乗りまくり、
最後の最後まで日影のコブで遊びます。

日影トリプル終了後は、連絡路で柄沢へ帰還。

野沢は他にもまだいっぱい面白そうなコースがあるのですが、
午前、ムダにリフト待ちしたせいで、
時間が足りなくてこれだけしか巡れませんでした。

こんなに楽しいコースだらけなのに、
リフト1本でストレスなくローテできるのは、
日影トリプルで検定コブ&日影のカベ、
長坂ゴンドラ連絡ペアではちまん、
チャレンジペアでチャレンジ、この3つだけ。

あとのコースは、リフト配置がダメダメなせいで効率よく滑れない。
どこへ行くにも、混雑するゴンドラや連絡リフトが関門となってしまいます。

とにかく、毛無山山頂からの絶景は見たので、
もう上の平~やまびこには用無し (゚Д゚)┌


関連記事


最近の記事