幼稚園バスでキャンピングカーを作る その27

2012年04月20日 06:04



大きな車両で全然後ろが目視できない上に、リアキャリアまで付いてて、
バックの時に距離感が分からないそうなので、
ローザにバックカメラを取り付けました。

で、購入したのはコレ↓
24V車OKの、トラックの運ちゃん御用達バックカメラ。






一応防水仕様なのですが、念には念を入れて、カメラ本体を更に防水加工。
本体の接合部分や、コードブッシュ辺りをコーキングしました。




カメラとモニターの配線。

バックモニターに使うのは、20年ほど前のカーテレビの再利用。
床にあるシルバーのボックスは、テレビの付属チューナー。
当時は、チューナーだけでこの大きさ!
でもこれを介さないとモニターが映らない。




こんな大きなチューナー、どこに納めるんだ?と心配になりましたが、
偶然、ヒューズボックス内に縦で収まりました。




ローザのリア上部に、カメラ取付用と配線用の穴を開けます。
この位置の真裏すぐにエアコンやフィルターがあるので、
それらを壊さないように慎重に穴あけ。




前方からエアコンダクト経由で取り回した配線を、
エアコンの隙間をぬって取付穴へ。




配線後、カメラを取付け。
コード穴は、更にブッシュとコーキングで養生しました。




見たい時だけスイッチを入れると、モニターが映るようにしました。
スイッチを入れると、おー映ってる映ってる。
これは夜なので赤外線映像の状態ですが、昼だとカラー映像で映ります。

これで、バックの時も安心!




…と思ったら、
スキー場の駐車場でバックする時、結露してて肝心な時に見えないわ、
カメラが屋根の雪にすっぽり埋もれて、カメラをほじくり出さなきゃならないわで、
今のところ、あんまり有効活用できてないようです (´Д⊂ヽ


続く。


関連記事


最近の記事