田植え

2012年05月07日 12:16



GW前半は、岐阜の実家へ田植えに行きました。
子供達も、夫も手伝いました。

田植え機が植えていった後を、
人間が一列一列、手で直していきます。
今は機械がハイテクなので、昔よりは手直しが楽になりましたが、
それでも一大重労働です。

田植え用の長靴もありますが、動きにくいので、
私は今でも裸足で田んぼに入ります。
普段はカエルやミミズが嫌いでギャーギャー言うのですが、
田植え中だと、足元にカエルやミミズの屍骸があっても、
早く田植えを終わらせたくて、そんなものいちいち気にしていられません。
泥の中にはいっぱい石があって痛いのですが、田植え中は夢中で気にしていられません。
田植えが終わると脳内モルヒネが切れ、
キズだらけになった足裏の痛さに悶えます。
ランナーズハイならぬ、田植えーずハイってヤツです。

今は減反政策で、米の生産を減らすため、
田んぼの隅々まで苗をキッチリ植えてはダメになりました。
米離れや、輸入依存の日本を象徴する悲しい政策です…。

今はfood actionや米粉倶楽部なんていう、
政府主導の米消費プロジェクトが展開されていますが、
外国米の輸入規制をユルくして、日本のお米は減反。
しかも、こんなに苦労して作っても、
農協はスズメの涙ほどの金額でしか米を買ってくれません。
米の消費を促しておいて、実際に消費されているのは外国米。
かろうじて保護されてきた米農業を、TPPで潰そうとする始末。
本末転倒で怒りを覚えるわ、政府にも、企業にも。

私はただの兼業農家出身の一娘なんで、
そんな大層な意見をするほど偉くははないんだけどさ、
そんな私でも世知辛さや怒りを覚えるもん。
米農家の人の苦労や憤りなんて、本当計り知れないと思うよ。

実際、店頭でせんべいやあられの材料表示を見てみると、
使われている米は、中国やアジアやアメリカの米ばっかり。
今や、ありとあらゆる原材料が輸入品に侵されています。
米は、日本の最後の砦です。

余っている日本の米すら使わないお菓子屋なんて、
日本人の魂を捨ててしまったメーカーなんて、バチが当たっちまえ!
亀●製菓や越●製菓や三●製菓なんて、安くても買うもんか!

わたしゃ、国産米100%にこだわってくれる岩塚製菓LOVEだよ!


関連記事


最近の記事