画像加工アプリで加工してみた

2012年06月19日 06:32



日曜日にエアポートウォーク名古屋へ行ったら、
エントランスにてレトロな車の展示会をやっていました。

スマホで数枚写真を撮ってみたのですが、
せっかくの機会なので、この車両達の画像を使わせていただいて、
スマホの気に入っている写真加工アプリで加工してみました。

↑上の写真の車はトヨタスポーツ800。
ヨタハチって言われてる有名な車ね。
この写真は無加工。

まずは、↓下3枚は、「Paper Camera」というアプリで加工した写真。
撮った写真を、色々なスケッチ風に加工してくれます。
アプリ代149円だけど、この機能でこの値段は安い!





あ、ちなみに↑↓のトヨタ2000GTという車は本物ではなく、
マツダのロードスターをベースにしたレプリカだそうです。




↓これは、「pixlr o matic」というアプリで加工した写真。
これは、画像の色味を変えたり、フィルターやフレームを組み合わせるだけのアプリです。
レトロカーなので、古い写真のような色と擦れたようなフィルターを組み合わせて、
高度経済成長チックな画像にしてみました。




↓これは、「線画風カメラa」というアプリで加工しました。

幾何学模様なモノや人の顔のような、
輪郭がハッキリしたものを加工するとカッコイイ画像が出来ますが、
花とか風景のようなゴチャゴチャ画像を加工すると、
いっそう何がなんだか分からない画像になってしまいます。

あと保存がpngなので、それをweb用にjpgに変換すると、
せっかくの線画が荒くつぶれます。

てことで、荒くてよく分からない画像になっちゃいましたが、
この車はマツダコスモスポーツ。
世界で初めてロータリーエンジンを搭載した車、だそうです。




関連記事


最近の記事