ジャム

2012年07月28日 07:18

岐阜の実家でたくさんのブルーベリーをもらいました。
いいなーいいなー、なんでそんなに毎年毎年豊作なんかなー、
私のブルーベリーなんて、今年は花すら咲かなかったわよ (´;ω;`)

実家の庭では、ブルーベリーのシュートがそこら中から生えてきて、
ブルーベリー農家のような状態になっています。
酸性土壌を好むブルーベリーには、山の土壌は合うんでしょうね。
登山に行っても、いっぱい野生のブルーベリーが実ってるもんね。




もらったブルーベリーは、ある程度生食してから、
残りをブルーベリージャムにしました。
果実を潰して砂糖で煮るだけなので簡単。




保存も、市販のジャムの空き瓶に出来立てアツアツのジャムをを入れて、
追加煮沸を軽くするだけでOK。
ビンの事前煮沸とか面倒なことはしていません。

ブルーベリージャムは、
最近は北欧産の冷凍果実が安く売ってるので、年中作りやすいです。




4~5月の路地栽培の安いイチゴが出回る時は、
一気にイチゴジャムを作り貯めします。

写真は、ジャムはビン保存だけでなく冷凍でも保存できるか?と試してみたもの。
解凍すると多少水っぽくなりますが、冷凍でも保存Okです。

黄色いジャムはキンカンです。
砂糖で煮て潰して軽く裏ごししてなめらかにしたものです。
キンカンは皮が硬くて種が多いので、潰すのが大変。
味は、パンに塗って食べるにはちょっと渋苦い…。
でもヨーグルトにいれると抜群に美味しいよ。


関連記事


最近の記事