とことこ常滑

2012年11月05日 17:27



家族で常滑へ行ってきました。

常滑に行くついでに、名古屋港の海釣り公園に寄り道して釣果を偵察。
激混みな敦賀の海釣り公園より設備が良さ気じゃん。
ただ水質汚いのがアレだけど ('A`)




常滑までなにをしに来たかというと、
巨大チャーシューで有名な八百善のラーメンを食べにきました。

八百善のラーメンは20年前に一度チャレンジしたことがありますが、
その時はチャーシュー一切れでギブアップでした。
今回、空腹にしてリベンジにきたのですが、…ありゃ?閉店してる (゚A゚;)

閉店の経緯をネットで調べたら、ドン引きな展開… (;´Д`)

で、チャーシューが食べられず、昼食は虚しく吉牛。




続いて、常滑の古い窯や町並の中を自由に散策できる「やきもの散歩道」を歩きます。




常滑焼の窯元や古い民家の合間をぬって、やきもの散歩道はあります。
坂道にビッシリと古い木造の家が密集しており、
車の通れない細い道が、まるで迷宮のようにのびています。




この先はどうなっているんだろう?と、
細い路地に入っていくワクワク感。
童心に返り、昭和の町並みの中で探検ごっこ気分。
陶器には興味ありませんが、この古民家ラビリンスは素晴らしい!




散歩道沿いの古い家は、窯元だったり常滑焼きの販売店だったり、
小洒落たギャラリーやカフェだったりします。
もちろん普通の民家もあります。

たくさんの観光客が、軒先や裏手、所かまわず、ぞろぞろウロウロ。
ここに住んでる人は、プライバシーもなにもあったもんじゃないね (;´∀`)




古いレンガの窯の遺構も幾つか残っていて、
これまたレトロムードを醸し出しています。




ひこにゃん…じゃなくて、とこにゃん。
デカくて笑えます。

この後、イナックスライブミュージアムで便器でも見ようかと思っていたのですが、
通り過ぎて帰ってきちゃいました。


関連記事


最近の記事