'12-13シーズン3日目 白馬八方尾根スキー場

2013年01月08日 05:35

12/30日、朝からおせち弁当作り&スキーの準備。
4日間の山篭り準備なので、持って行く食料や着替えの量がハンパじゃありません (;´Д`)

準備に手間取り、夕方になってやっと出発。
途中、岐阜の実家に寄って挨拶を済ませ、R19で長野に北上。




R19沿いの道の駅。
正月寒波が来ているそうですが、
雪は全く降っておらず、道路にも積雪や凍結はありませんでした。

夜通し走って白馬に到着。
いつもの八方第3Pで車中泊。




明けて大晦日、正月スキー初日です。
今日は第3Pに留まり、名木山からスタート。

ゲレンデ下部では積雪はほとんどありませんでしたが、
兎平にあがったら、20cmほどの積雪がありモッコモコ。

寒波で思いっきり冷え込み、木々が樹氷になって綺麗です。
リフトの搬器に付いた霜もどんどん成長していきます。
搬器に座ると背中やお尻部分の氷が溶け、すぐまた凍り付いて、ウェアが搬器に張り付きます。
寒くて寒くて、つ…辛い!




兎平はまたしても濃いガスに包まれ、視界がほとんどありません。

コブは新雪に埋もれていたので、コブ掘りは他人任せにして、
自分は兎平ペアのリフト下のモコモコを滑って遊びます。
ここは林に挟まれた細いオフピステで、リフトの柱も並び、
逃げ場がないっぷりがドキドキする場所です。

午前中は、ペアリフト下でわっせわっせと雪漕ぎ。
ボーダーさん達がヒャッハーして、脇に新雪を押しのけちゃうから、
脇が盛り上がり、中央だけガリガリの下地が出て、ハーフパイプと化しました。




昼は名木山まで降り、第3Pまで食事に帰ります。
クリスマススキーの時の第8P利用が便利すぎたので、
第3Pまで歩くのが苦痛に感じるようになりました。
明日は朝一で第8Pに移動しよう…。

午後からはガスを嫌って兎平に上がらず、
名木山の壁を滑って遊びます。
ユルいコブになっていて番長気分で滑れますが、こんなコブじゃ物足りない…。

15時頃に兎平に上がったら、かなり視界が得られるようになっていました。
コブもあらかた姿を現していたので、
16時のリフト終了までウサギコブを堪能。
前日の準備でずっと立ちっぱなしだったから、腰痛が酷くてコブが辛い (´;ω;`)

スキー後は車内で年越しうどんを食べ、
その後に岩岳の湯に移動して入浴し、再び第3Pに戻り、
ワンセグで紅白歌合戦を見て過ごします。




今年も八方年末カウントダウンが催されます。
私はずっと起きて紅白を見ていたのですが、夫や子供達は爆睡中。
夫と長男を叩き起こし(次男は結局起きず)、
3人で名木山スクール前の会場に歩いていきます。

到着が23時半と遅かったので、今年はクラッカーやリンゴが貰えませんでした…。
でもお神酒は2杯いただきました。

それにしても今年のカウントダウンは参加者が多い!
去年の3倍くらいいる感じ。
そして外国人さん達が多いです。
会場は酔っ払った外人さん達の独壇場。

無料開放されている名木山ゲレンデのリフト待ちも、
待ってる間に年越しちゃうんじゃないかというくらいの長蛇の列になっています。




会場には、今年もユルキャラがウロウロしています。
アルクマ、おひょっくりん、キッズスクールのウサギ(名前不明)に加え、
なぜかガリガリ君とガリ子ちゃんもいました。




エアロビやジャンケン大会といったイベントが過ぎていき、
いよいよカウントダウン。

0時の時報と共に花火が打ちあがりました。
さぁ今年もこの合言葉を叫ぶ時がきました!

「A 八方 NEW YEAR!!!!」 ヽ(*´∀`)ノ


正月スキー2日目に続く。


関連記事


最近の記事