ウルトラヴァイオレット コード044

2008年09月18日 15:30

アニマックスが10周年記念とか謳って7月から放送していたオリジナルアニメ、
ウルトラヴァイオレット コード044」ですが、
3ヶ月くらい前からアニマックスでチビチビと出し惜しみなCMを流して、
さんざん期待させておいて、
やっと始まったと思ったら、たった12話で終わりなのかー!(;´Д`)

それにしても、久々に個性的なアニメでした。
まず、キャラにビックリ。
044が、どうみても19歳には見えません… (><)
こんなに老けた19歳、ブライト艦長を超えた!

初めて044を見た瞬間、悪女聖書か妖怪人間ベラかと思っちゃったよ。
しかも、登場人物が全て昭和レトロ。
出崎統臭いキャラを狙ったんだろうけど、
今このキャラでオリジナルやるかー!と、逆にそのチャレンジャーっぷりに感心しちゃったわ。

でもって、なんと薄っぺらいストーリー!
あまりのつまんなさに、途中で寝ちゃった事が数回。
1年くらい放送するのなら、最初のうちくらい薄っぺらくてもいいか~と思ってたら、
薄っぺらいまま、たった12話で終了。
この内容で堂々と終わった事にも、逆に感心しちゃったわ。

でも、スポンサー付き民放アニメでも、制作費が苦しいこのご時勢に、
CS番組ならではの「低予算で精一杯作りました」という感じが伝わってきて、
なんかほほえましかったです。
てか、完全オリジナルなストーリーかと思ってたけど、
今ウィキ見てみたら、これ、ベースとなった原作映画があるんだねー!!
最後の最後までビックリだよ。

あと、朴璐美という声優さん。
ターンAのロランの時から、名前なんて読むのかずっと気にはなってたけど、
ぱくろみって読むんですね~。
最近アニマックスで流れている、
「朴璐美プロデュースのなんたら~」というCMで初めて分かりました。
で、こんなにCMするほど、この声優さんって今人気あるの?
私の声優知識は、「猫も杓子も林原めぐみ」な時代で時が止まっているので、
最近の声優の流行とかは、本当にわかりません。
関連記事


最近の記事