'12-13シーズン5日目 白馬八方尾根スキー場

2013年01月10日 18:35

正月スキー3日目。
毎朝毎朝さっっっっむいなぁ (((((;´Д`))))ガクガクブルブル

毎夜繰り広げられる、車内での掛布団争奪戦に敗北し、
私だけ布団を抜け出し、持参したダウンシュラフを2枚重ねにして寝ました。

本日も朝一番で第8Pに移動し、陣取り。
将軍様は夜通しフルパワー弾幕攻撃してくれたようで、
咲花のピステンバーンの上ですら、15cmほどのモコ雪が積もっています。

ということは、上部に行けば…




さっそくスカイラインのオフピステは大賑わい。
私達がスカイラインペアに乗る頃には、
7時半から運転しているゴンドラで駆けつけたパウ狙いの人達のお祭り会場と化し、
そこかしこでヒャッハーヒャッハー。

今日は一段とガスが濃いです。
威力は落ちましたが、相変わらず降雪も続いています。
ガスと雪で、スカイラインより上は全く視界が無さそうな状態。

とりあえず、スカイラインを1本いっときます。
オフピステはもう、モモ上バッフンバッフン!
しかしかなり重い新雪で、滑るというよりラッセル。
板を浮かせてこじれば、やっとなんとか滑れる感じ。




未圧雪部分は40cmくらいの積雪、
整地部分でも20cmは積雪があります。
ゲレ板なら、整地の20cmでも充分フワフワして、楽しく滑れます。

楽しいんだけど、足が疲れることには変わりありません。
ただでさえ連日の苦行で疲れ気味なのに、
スカイラインでラッセルして体力を消耗してる場合ではありません。




黒菱に上がれば、もう完全に真っ白。
黒菱のクワッド沿いの緩斜面は視界不良に加え、
積雪が多くて滑るのにテクニックが要り、
いつもの賑わいが全くありません。

となると天邪鬼な心がうずき、黒菱緩斜面攻略開始。
リフトの柱すら見えない視界不良、もちろん雪面も全く見えません。
おまけに、すぐ板をとられるような深雪。
リフトの柱にぶつかりそうになったり、雪だまりに足をとられたり、
リフト乗り場に突っ込みそうになったり、
ポールバーンのほうに突っ込んでいって段差にコケたりと、
本人は必死なのに、ハタから見たらドリフのコント状態。

番長ステージなはずの黒菱で、
こんな初級者向け緩斜面で、
はたして、この日いったい何回転んだことでしょう。
おのれのヘタレっぷりに、心が折れ過ぎ。

無転倒でクワッド沿いを1本滑り降りれただけで、
思わず万歳三唱しちゃうくらいテクニカルなコンディションでした(私にとっては)。

こんな条件なんで、みんな黒菱を嫌って寄り付かず、
いつもは混雑するバーンもクワッドも、私のような物好きしか利用せず、
貸切状態です。




11時頃、奇跡的にガスが晴れ、視界が得られました。
ならばと、兎平に移動します。
ウサギのコブは今日も新雪に埋もれていましたが、
先駆者によってすでに掘り出され、昨日と同じようなベストコンディションです。
でも、黒菱で転げまくったせいで、すでに心メゲまくり。

今回、新しいコンデジを買ったので、珍しく家族が揃い、
ウサギのコブで撮影会をしました。

買ったカメラについてはまた後日書くとして、
夫がそのデジカメで子供達や私を動画撮影してくれました。

まずは次男。
次男は、幼稚園児の時にはすでに、
黒菱や北尾根の超難関コブをノンストップで下りることが出来たほどのコブマスターです。
ウサギのコブなんざ、ノンストップノン転倒で、一瞬にして滑り降りてしまいます。

誰が教えたわけでもないのにビックリな才能です。
どこかのモーグルチームやフリースタイルチームに所属させたいくらいです。
でも本人は、ボードに転向し、キッカーやトリックがやりたいそうです。




我が家で最後までコブを避けていた、超安全運転主義の長男。
もちろん今までコブを嫌がり、自主的にコブに入るところを見たことがありません。
でも、久しぶりに長男の滑りを見てみたら、
いつの間にかコブが滑れるようになってる! (;゚Д゚)
しかも、ウサギのコブをあっという間にノンストップで下りきって、
涼しい顔してみせました。

こ、これは、ヘタレ王はかーちゃんに決定か!?
かーちゃんピーンチ! :(;゙゚'ω゚'):




で、私の滑り。
ま、負けるもんか! ヽ(`Д´#)ノ




… (´;ω;`)

えーえーどうせかーちゃんが一番ヘタレさ。
遅かれ早かれ、子供たちには追い越されるのさ。
身長も、技術も。
かーちゃんなんか置いてきぼりにして、とっとと羽ばたくがいいさ! 。・゚・(ノД`)・゚・。

上4枚の画像は、夫が撮ってくれた動画のスクショです。
どれも、撮影者とすれ違いポイント付近の写真です。
夫はズーム機能がお気に召したらしく、
最大ズームから撮り始め→滑走するにつれズームを引く→すれ違ったらまたズームで追っていく
とまぁ、常にズームをいじって撮ってくれました。
コンデジの録画機能は、ズーム時はピントが合わないので、
せっかく撮ってくれたのに、どの動画もピントが全然合ってません。
唯一ピントが合ってるのは、ズームしていないすれ違い時と、コケた時だけってゆう… (;´Д`)
さっそく、「撮影開始したらズーム禁止令」を発動しました。

午後からもウサギのコブ練。
毎日同じことの繰り返しなので、特筆することがない…。
ただ、またしても濃いガスにおおわれてしまい、
動画撮影どころでないほどのホワイトアウト状態でした。
一寸先は真っ白なウサギコブで、ニュータイプ能力に磨きをかけます。




この日は、黒菱緩斜面でヘコみまくり、
子供達にコブの実力差を見せつけられてヘコみまくり、
午後からはイジけてずっとクサってました ('A`)

気分転換に、真っ白な木々がとても綺麗な林道コース。
大雪の後は、格別に美しいです。
赤毛のアンのOPシーンみたいで好きです (*´∀`*)

この日はガスボンベの買出しに出かけ、そのまま岩岳の湯に行って入浴し、
第3Pで就寝。


正月スキー最終日に続く。


関連記事


最近の記事