ちょい乗り坂祝

2013年02月12日 06:55

3連休なのにスキーに行けません (´;ω;`)
ハイシーズン2月だというのにスキーに行けません (´;ω;`)
白馬にボッカボッカと雪が降ってるのにスキーに行けません (´;ω;`)

マリーアントワネット「スキーに行けないのなら、ツーリングに行けばいいのよ。」

Σ(゚Д゚)

週末に忙しいのは夫と子供達だけで、私は別に用事もありません。
そうだバイクに乗ろう!

ツーリングに行くと言っても、バイクが動かないことにはどうにもなりません。
バイクは正月に1回保守乗りしただけです。
冬に1ヶ月放置してたらバッテリー上がってるかな?と諦めていましたが、
ダメ元でセルを回したらエンジンがかかりました。
冬でもヘタレない!さすが古河!ラブラブ古河! ヽ(*´∀`)ノ





どこへ行くわけでもなく、なんとなくR41を北上して、R21へスイッチ。

坂祝の木曽川で寄り道。
この辺りの木曽川は日本ラインと呼ばれ、
川に侵食された奇岩が並ぶ景勝地です。
ライン下りの最大の見所でもあります。





またこの辺りの木曽川は、濃いメノウ色で美しい流れです。
そして、脆そうな奇岩に登って流れを眺めることも出来ます。





奇岩の中には、地層のストライプやウネリが見られます。
犬山の成田山周辺でもこういう地層が露出しているのを見ました。
犬山~坂祝辺りの地層は、地質学的にとても貴重で有名らしいです。
なんか最近では、2億年前の隕石の衝突跡が発見されたとかで話題になっていました。

地質のことはよく分かりませんが、
とりあえずこのバームクーヘンのような模様を見てるだけで面白いです。





川と言ったらネコヤナギ。
芽の皮を破って、ネコヤナギが顔を出していました。
うーん、春の予感。





木曽川沿いのR21はかつての中山道で、
美しい日本ラインを横目に走れる快走路です。
美濃加茂~各務ヶ原間の素朴な町並みとか、
古臭いロックシェッドと言った、昭和っぽい雰囲気が大好きです。





続いて、江南の木曽川河川敷にポツンと建っている「すいとぴあ江南」へ。
宿泊や入浴もできる公共のスポーツ複合施設です。





サイクリングロードになっている河川敷でコーヒータイム。
桜の木にたくさん付いた硬いつぼみが、
寒風に吹き晒されながら春の訪れを待っていました。

今回は、手持ちの装備での耐寒テストです。
上は、アンダーシャツ+フリースジャケット+ブレスサーモダウンジャケット+レインウェア。
下は、タイツ+冬用ライディングパンツ。
手は、ウィンターグローブ+ニット手袋。

5年くらい前に買ったものの1回使ったきりで眠っていた冬用パンツを、
押入れの奥から引っ張り出してきて履きました。
気温は7℃でしたが、上記のあり合わせ重ね着で全然OKでした。
そんなに距離走ってないから暖かかく思っただけで、
長時間の走行には耐えられないかも。
でも、ウィンタージャケットを買おうかどうか悩んでいた物欲が引っ込みました。
とりあえずレインウェアでもいいや。





今回はリハビリがてら、近場をちょい乗りしただけです。

RFは去年からリアサスの抜けが酷く、
ホッピングカーみたいにいつまでもフワンフワンして恥ずかしいです。
それが無ければもうちょっと継続して乗り潰そうと思うのですが、
このサスの状態では、もう大荷物でツーリングに行くのは無理です。

でも冬でオイルが硬いからか、それと大荷物を積んでないからか、
今回乗った限りではあんまりリアサスがフワンフワンしませんでした。
あれ?サス直った?と錯覚しそうでした。


関連記事


最近の記事