ジャイロゼッター RM-3 NISSAN GT-R

2013年03月12日 05:54

blog13090.jpg

ジャイロゼッター RM-3 NISSAN GT-R
 を楽天で検索

↑クリスマス頃に衝動買いした可変ロボットです。
変形ロボはロマンだ!! ヽ(*´∀`)ノ

これは、テレ東系の超速変形ジャイロゼッターというアニメに出てくる、
その名もズバリ「NISSAN GT-R」という名のロボットです。
デザインも会社名も車名も、オリジナルに忠実なので、
日産がスポンサードしているんでしょうね。
タイバニみたい。

ジャイロゼッターは、2話ほど観て、
「あぁ、これ無理…」と挫折するほどつまらなかったので、以来観ていません。
でも、変形ギミックがどうなっているのか、
可変ロボ好き的には気になるところでした ((o(´∀`)o))ワクワク





このロボットが、見事にGT-Rに変形するんですよ!
(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

ヲタ度濃い目なので、続きは追記に書きます。
興味がある人だけ、追記をご覧ください (;´∀`)







なかなかイカす顔つきです。
テッカマンブレードやビルバインのテイストが漂うね。





リアビューもなかなか。

車から変形するロボのくせに、肩に車の名残があるだけで、スカスカです。
ボンネットやルーフといった外装はどこいった?という話になるのが当然。





屋根やボンネット、リアトランクは、ビックリの盾扱いです!
外装をそのままロボの外装にどう生かすかが、車→ロボ変形の醍醐味なのに、
一番の見せパーツを邪魔者扱いで盾にしちゃう手抜きぶり。

外装が無きゃ、そりゃ、ロボ部分を自由にデザインできて楽だわな…。





盾の裏に見える、GT-Rのトレードマークの4つ目ライトが泣けます。

側面の外装は、天使の羽根みたく背中に背負います。
ガルウィングっぽい。
これはこれで、アリなデザインです。





ロボットから車にトランスフォ~ム♪

説明書を見ながら、クネクネと変形させてみれば、
きっちり綺麗に収まりした。
ギミックも、さほど難しくありません。

運転席はどこにある?
内燃機関はどこいった?
とかいうツッコミは野暮ってもんです (;´∀`)





ルーフ&ボンネット部分をかぶせれば、
おおお!GT-Rだ!





どこからどう見てもGT-Rの置物じゃん!
インテリアとして飾っておいても違和感無し!





登場ロボの中でも群を抜いてカッコいいロボデザイン、
操縦するのも女ウケしそうな2枚目ドライバーってところが、
日産にコビ売ってて笑えます。

他にも、プリウスやeKワゴン、インプレッサやマーチなどの実名車も出てきて、
それぞれロボットに変形します。
その他の実在車じゃないオリジナル車も、既存車をパクったデザインになっています。
ストーリーも、コンセプトも、ショボさも、平成版ガルビオンって感じですね。
ただ、車のデザインを生かした変形をするガルビオンのほうが、
変形マニア的には心をくすぐられます。

スタイルを重視するために外装を外して逃げるなんて、
中華産玩具レベルの手口だったのが残念。
職人魂で、外装の変形も含めた美しいデザインをしてみせて欲しいものだったわ。

ブーブ程度の変形かとバカにしてましたが、
スタイルも良いし、カッチリと綺麗に変形できるし、
フィギュアの出来は、さすがバンダイってとこです。





余談だけど、車からロボットへの変形と言ったら、コレ!コレ! (*゚∀゚)=3
…でも、ゲッター合金か液体金属じゃないと、この変形は無理だよね。



関連記事


最近の記事