ヘルメット新調

2013年05月19日 06:31

陸運支局へ行ってアルティシアの車検を通して、
ナンバーをゲットしてきました。

乗るのが4年ぶりだってのに、いきなりダイナモの上 (;´Д`)
RFの両足べったりの足着きに慣れちゃったので、
アルティシアの足着きの悪さにビビリまくり。
完全に片足のつま先バレリーナ状態です。
検査機のフットスイッチに足が届かなくて、よろけて焦ったわ。

ナンバーとったんで、もうツーリングに行けるんだけど、
任意保険の契約手続きが終わらないと乗れません。

5月いっぱいまで週末の予定がギッシリなので、
どうせツーリングに行けないんですがね (´;ω;`)

6月も予定だらけなんだけど、
合間をぬってキャンプツーリングに行ってやる!
だからその日は雨降るなよ~!



   Arai CT-Z を楽天で検索


SHOEIのシンクロテックを10年くらいかぶり続けて、
もう外装も内装もボロボロになったので、
これを機に、AraiのCT-Zに買い換えました。
ジェットとオフロードをチャンポンにしたようなスタイルに一目惚れです。

システムメットが便利だったので、次もシステムメットにしようと思っていたのですが、
シンクロテックの後継のネオテックが、あまり好きになれないシルエットなので止めました。





20年バイクに乗ってて、SHOEIばかり5つほどかぶり続けてきましたが、
ここで初めてのAraiです。
そして、初めてのジェットヘルです。
↑シールドをあげた姿とかテラカッコいい! (*´∀`*)

チンがないと事故った時に怖いし、冬に寒いので、
今までジェットヘルメットをかぶったことが無かったのですが、
チンオープンのシンクロテックの開放感と便利さに慣れてしまい、
もうチンが固定のヘルメットに戻れません。

CT-Zは口の近くまでチークパッドがあって、
かぶるとピノコのアッチョンブリケ状態になり、意外と閉塞感があります。
まだかぶって走行してないから分かりませんが、
バイザーに走行風が当たって、首が疲れるだろうなぁ。




15年くらい前にかぶっていたオフロードメットがまだ残っているので、
次はコレをかぶろうと思っていました。
90年代のスーパークロスのライダー、デイモン・ブラッドショーのレプリカモデルです。

でも、当時のメットは内装を外して洗えません。
チークパッドに化粧品とか日焼け止めがガッツリ付いちゃうから、
女性にとって、内装を外して気軽に洗えないのは面倒です。




どちらにせよ、40にもなるオバチャンが、
いまさら後頭部にこんなガイコツ付けて走るのもどうかと… (;´Д`)痛すぎる

でも、当時はD.ブラッドショーとトロイリーが好きだったんだよう… (´;ω;`)
今までインテリアとして寝室に飾っていましたが、引き続き飾っておきます…。


関連記事


最近の記事