アルティシア

2013年05月29日 05:22



これが新しいバイク、YAMAHAアルティシアです。
新しいって言っても、以前から所有していたものを4年ぶりに復活しただけです。

このブログでは、初期の頃に少し登場しただけなので、
あらためて紹介します。
91年製で、22歳のご老体です。

ライトカウル、ナックルガード、フォークチューブ、角型ウィンカーといった、
オフロードくさいパーツは全部外したので、
オフロードマシンに見えませんが、一応オフロード車です。

サイドバッグのおかげで、リアのETCボックスも巧く隠れ、
お尻にボリュームが出て、ハクがつきました。
バイクの尻を大きくしておけば、私のデカい尻が隠れるからね (;´∀`)
その点は、RFのリアのボリュームも私には都合が良かったですw





車検の時、エンジンが温まってもアイドリングが全然安定せず、
チョークを引いてアクセルをあおり気味でないとエンストしてしまう状態でした。

4年間、タンク内にガソリンが半分入った状態で冬眠させていたので、
ガソリンの劣化か、不純物の沈殿が原因だったのでしょう。
フレッシュなガソリンを混ぜて数キロ走ったら、
それ以来アイドリングが安定しました。

目線は高くなるわ、姿勢は楽だわ、ハンドリング軽いわで、
ママチャリにでも乗っているかのような軽快さです。
オフ車は楽だなぁ! ヽ(*´∀`)ノ





サイドシュラウドに貼ってあるシールは、
BACKOFFのフォレスター認定ステッカーです。
(誌面で紹介された林道の指定のポイントで写真撮影して編集部に送付し、8回以上送ると認定)
関東から関西まで頑張って参加し、たしかF7枚くらいまで集めたと思います。
「ここどこ」ってまだやってるのかな?と調べたら、
BACKOFFって休刊してるんだね…。





リアウィンカーは、後ろからの視認性は問題ないけど、
横からはサイドバッグで見えにくいようなので、対策せねば。

それよりも、左のサイドバッグがちょっと内に傾いていて、
左右がシンメトリーじゃないのが、
A型の本能的にむちゃくちゃ気に入らない (#゚Д゚)
これも改善が必要。

サイドバッグのせいでメットホルダーが激しく使いにくくなったので、
これも要対策。

右サイドバッグはマフラーに触れています。
マフラーガードのおかげで溶けはしないみたいですが、
バッグの中にマフラーの熱がこもります。





バンディットのライトを移植したライト周り。
メーターやライトの配線やコネクターがむき出しなのが気になってしょうがないです。
雨天走行では濡れたい放題です。

モーマンタイ気にするな、と夫は言うし、
実際、今までさんざん雨の中を走ってもトラブル無しなんだけど、
そのうちメーターバイザーでも付けてみようかと思っています。





実は、左Fフォークのシールがご臨終チーン。

車検前点検の時にすでに怪しいオイルスジが付いていたのですが、
拭き取って、見なかったことにして車検を通しました (;´∀`)

林道を走ったせいか、漏れが少し悪化しました。
まぁ、ただちに影響はないレベルなので、
そっと滲みを拭き取って、当分見なかったフリをし続けます。
さて、これ以上悪化する前に、FフォークOH代でも捻出しようかね (;・∀・)


関連記事


最近の記事