不思議の国の冒険酒場 その1

2013年05月30日 15:19

blog13205.jpg


ただ今、「不思議の国の冒険酒場」に大ハマり中 (;´Д`)

ケータイで不思議の国の鍛冶屋にハマってたクセに、
酒場はプレイしたことがありませんでした。
酒場がアンドロイドアプリになっていたので、これを機に酒場にもハマるぜ!

ストーリーは、とある国の酒場の若い姉妹が、
悪徳大型飲食店の脅迫や嫌がらせに立ち向かいながら、
親の形見の小さな酒場を一流レストランへと成長させていきます。
ミスター味っ子なシーラちゃんの頑張りに (*´∀`*) ハァハァ

●システムは、フィールドで拾ったり、戦ったりして、食材を自ら集め、
揃えた食材でメニューを考案し、それをお店で提供して売り上げ、
その売上金で装備や食材を揃え、よりよい食材を求めて、さらに手強いフィールドへ。
食材集め→料理→売上げで1日経過で、そのローテをひたすらこなして、
お店のランクを上げていきます。
こういった作業ゲーシステムは、鍛冶屋と一緒。
毎日同じ事の繰り返しなので、作業ゲーが好きな人じゃないとキツいです。

●メニュー考案は、人と会話したり、本棚をあさったり、
お店でレシピを買うことで、あらかた入手できます。
ヒントである程度レシピが見えているので、
普段から料理する人だったらすぐに色々作成できますが、
男の人とか料理に疎い人にはちょっと難しいかも。
冒険酒場2のまとめWikiがあるので、どうしても分からない人はカンニングしちゃえ。
私はとりあえずWikiは見ず、行けるとこまで自力で頑張ります。

●レベルアップも鍛冶屋2と一緒のシステムで、
戦闘勝利による経験値でなく、料理を食べてレベルを上げます。
最初の頃はお金も食材も全然無くて、少ない料理をお店に出すのが精一杯で、
主人公達はつねに空腹状態で、ゲームの中とはいえ、虚しさMAX… (´;ω;`)

ゲームも後半になって、金にも食材にも不自由しなくなると、
食べ物が無くてひもじかった生活から一転、
店の売れ残りをひたすら食べて消費する、残飯処理生活になります (;´Д`)
今日も店の売れ残りのササミカツとBLTサンドかよ!
他のものも食わせろ!と、仲間内で暴動が起きそうです…。

●3人パーティー制で、主人公シーラ以外の2人は仲間の中から選べます。
といっても、メンバーチェンジが面倒なので、
ずーっとシーラ・フレッド・アルターで固定ですがね。
転職概念がなく、スキルも少なく、その辺は鍛冶屋より面白味はありません。

●フィールドでは、落ちている食材を採取してまわり、
出現する動物や魚介類を狩ったり、釣りをしたりして食材をゲットするという、
ファンシーなモンハンという感じ。
ただ、自動生成マップだった鍛冶屋と違い、
固定マップ(しかも範囲が狭い)なので、
散策する面白さも、鍛冶屋に及びません。

鍛冶屋2のほうが好きだけど、
酒場もぶっちぎりで面白いです。
怪しい課金ゲームじゃなく、落としきりなのもイイ。

現在レベル35、お店も最高ランクにまで成長しましたが、
ストーリーが中盤なのか、もう終盤なのかも分かりません。

さぁ、今日も店の売れ残りのササミカツを腹一杯食べて、
食材集めに出発よ! ヽ(・∀・ )ノ ゲップ


続く。


関連記事


最近の記事