ラジカセ萌え その1

2013年07月02日 05:52

ラジカセは、子供の頃の宝物でした。

初めて手にした、自分だけのメカ。
ガチャガチャいうボタン、
ガチャン!と開くカセットのフタ、
ラジオの受信状況の良い場所を求めて右往左往し、
ロッドアンテナに5円玉を縛り付けたり、針金を巻きつけたり、
テレビの音撮りに息を殺したり、
曲の頭4秒の空白にこだわったり、
カセットテープのインデックス書きに失敗して泣きそうになったり…

とまぁ、これほど楽しい遊び道具はありませんでした。

今みたいに簡単にPCで曲がDLでき、
ドラッグ&ドロップで即再生できる時代の子供達は、
こういったメカをイジる面白味を知らずに育つわけで、
ちょっと可哀想とも思います。





そんな子供時代の楽しい思い出のおかげで、
私は今でもラジカセやシステムコンポのデザインが大好きです。
なので、ラジカセやカセットテープのデザインの服や雑貨を見つけると、
つい買ってしまいます…。





このバッグなんて、スピーカーとジャック付き。
カセット部分が開き、中にメディアプレーヤーを入れて、
音楽が聴けるようになった凝ったデザインです。

肝心のスピーカーからの音が小さい&悪い、
そしてなによりこのバッグの使い道がないんですけどね…。

でもデザインが良ければ、そんな事はどうでもいいんですよ (*´ω`*)





このポーチもスピーカー付き。
もちろん音は小さい&悪い。

でもデザインが良ければ… (*´ω`*)





懐かしラジカセデザインが好きという人は一定数いるようで、
こういう本も出ています。

中身は、70年代の銀色のおっさん臭いデザインのものが半分、
80~90年代のポップカラーなラジカセが半分、という感じです。
おしゃれなテレコやカセットウォークマン世代には感涙ものの写真集です。

音楽に興味を持ちはじめた子供達が、
メディアプレーヤーだけでなく、
こういう古いラジカセにも興味を示しています。
このラジカセデザインの本にも、興味津々です。

長男は、このご時勢にわざわざ安いラジカセとテープを買ってきて、
私の古いテープを聴いたり、
テープに音を入れて遊んでいます。
カセットテープなんて今どき売ってるのか!?と思ったら、
どうやら100円ショップに売ってるみたいですね。

カセットのガッチャンガッチャンという手ごたえが楽しいそうです。
だよね、子供にはたまらんよねあの操作感 (*´ω`*)

そんな長男も最近はラジカセに飽きて、
すっかり手軽なメディアプレーヤーに落ち着いちゃったようですが…。





夫が、自分が使っていた古いラジカセを物置から発掘してくれました。
セパレートスピーカー&イコライザ付き キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

残念ながらカセットデッキ不動(チューナーは使えるかも?)ですが、
でもデザインが良ければ、そんな事はどうでもいいんだってば (*´ω`*)


ラジカセネタは続く。


関連記事


最近の記事