農ボーイ

2013年09月09日 14:27



今年も稲刈りの季節となりました。
5月のGWにたっぷり植えつけてやった稲が、たわわに実った巨株に育ちました。

去年・一昨年は、暑い中での稲刈りで大変でしたが、
今年は一転、肌寒いくらいの気温で、稲刈り日和でした。
ただ今年は、雨が降りそうで降らない微妙な天気で、
いつ降るかヒヤヒヤしながらの作業でした。
雨や露がついた稲を刈ると、コンバインの中が詰まって壊れるんですって。

次男が、コンバインの操作を教えてもらっていました。
今年は次男が、率先して籾袋担ぎをこなしてくれました。
一方、長男は耕運機で畑を耕していました。
かーちゃんはやることが無く、暇を持て余していました…。





翌日、乾燥機で乾かした籾を籾摺り。
籾から玄米にし、米袋に入れます。

ここでも長男と次男が大活躍。
米袋をシワなく綺麗に折って縛り、30kgの米袋を次々と倉庫に担ぎ入れます。
JAからスカウトされそうな農ボーイっぷりです。

いよっ!力持ち!だの、
おおっ!芸術的な縛り!惚れてまうやろ~、だの、
ヤンヤと子供達を褒めておだてまくり、
かーちゃんは子供達に力仕事を押し付けて左団扇 (;´∀`)

去年までは籾袋担ぎや米袋担ぎを私がこなし、
翌日は全身筋肉痛で悶絶していましたが、
今年は子供達のおかげで、私はほとんど米を担がなくて済みました。





日曜未明は、2020年オリンピック開催地発表の日。
3時半から起きて、TVのライブ放送を固唾を呑んで観守りました。
会場のパネルにマドリードとイスタンブールが表示された時、
思わずズコー!となりましたが、(日本中がズコー!となった瞬間でした。)
フタを開けてみれば、東京の圧勝でした!

涙を流して肩を抱いて喜ぶ、現地の招致団の人達を見て、
ついもらい泣きをしてしまいました。

ただ、ロゲ氏に開催地を記した封筒が手渡される時、
他の選考委員はみんなポーカーフェイスで無表情なのに、
その中に一人だけニヤニヤが抑えきれない笑顔の日本人?委員がいたので、
その顔で、発表するまでもなく、あぁ、東京なんだな…とバレバレでした (;´Д`)


関連記事


最近の記事