幼稚園バスでキャンピングカーを作る その38

2013年09月27日 15:28



壊れたバックモニターですが、早くも新しいモニターを買って取付けてありました。

前回謎だった12Vが出力されない件ですが、
壊れたモニターのチューナーのケースからグランドを取っていた事を忘れていて、
そのチューナーを外したことによって通電しなかっただけだったそうです。

ということで、12Vアクセサリー回線は簡単に復活しました (;´∀`)





そんな12Vを使って、またひとつアクセサリーが増えました。
テープLEDを使ったLED照明です。

運転席からベッドの手前にかけて、
右側のダクト沿いに貼ってあります。





LEDのスイッチ&調光器は、ギャレー上の左ダクト内に納まります。
ファスナー袋で絶縁するテキトーぶり (;´Д`)





ON-OFFは、奥の黒いロッカースイッチで、
手前のボリュームで無段回に調光できます。
ツマミは、まぁそのうちに。





こんな感じで、ただテープLEDを貼っただけです。
防水性の無い安いテープなので、
湯気の当たる右のギャレー側には取り付けませんでした。

これは明るさを絞り目にした状態。
もっと暗くでき、夜間照明にもなりますが、
意外と電力を食うので、オールナイトでつけっ放しには出来ないようです。





明るさを上げると、かなり眩しいです。
ステンのポールに反射して、ちょっとした目くらまし攻撃です。

しかもギャレーに立つと逆光で、手元は暗いままです。
ギャレーには別途照明が必要ですが、
リビングを照らすには充分な仕様です。

本当は車内ライトが一番明るくて色も良いのですが、
エンジンOFFだと使えず不便です。
今まではエンジンOFF時は100円ショップのLEDライトを数個使っていて、
暗いわ電池交換が手間だわで不便でしたが、これで楽になりました。





ベッドスペースに、ベンチソファの座面が置いてありました。
解体現場の廃棄品を貰ってきたそうです。
ただ、表地のビニールが劣化していて、縫い目部分が破れてきています。

3枚並べたら、車幅にジャストサイズです。
これを利用して、足らない分は作って、新たにベッドを作り直すそうです。

前にも書きましたが、現在のベッドの高さが低くて、
床に近いのが不潔で気に入らないので、
もっとベッドを高くすると共に、床下収納も作るそうです。
子供達が成長するにつれスキー板も大きくなり、
板の置き場所が無くなってしまったので、
ベッド下にちゃんとしたスキー板置き場を作りたいとのこと。

ベッドももちろん改良して欲しい物件ですが、
それより2年間ずっと仮設のままのテーブルと渡り板も、
冬までに作ってくれると嬉しいなぁ (;^ω^)


続く。


関連記事


最近の記事