FUJIFILM XF1

2013年11月07日 06:03

8月に、サブカメラとしてE550を使い回すという記事を書きました。

あの後すぐ、九州ツーリングにサブカメラとして持って行きましたが、
E550は全く動かず、役に立ちませんでした。

電池を疑ったのですが、新品の電池を入れても動かず。
本体にAC電源を繋いでも動かず。
でもガチャガチャいじってると、思い出したように起動します。
で、またすぐ動かなくなります。
どうやら内部の電源系統の接触の問題のようです。

今まで壊れなかったクセに、
堅牢な作りでデキるカメラだと褒め記事書いたとたんに壊れるとか、
マンガみたいな展開でズコー (;´Д`)





E550を修理に出そうか迷いましたが、まぁ修理はいつでも出せるし、
10月某日に誕生日だったので、セルフ誕生祝ってことで、
サクッと新しいサブカメラを買ってしまいました。
40歳突入おめでとう (´・ω・`)トホホ

で、新たに買ったのは、FUJI XF1。
FUJIが推す高級ブランド・Xシリーズの末弟です。
これでスキーの動画も撮りまくる予定!
でも、防水性が無さそうで不安… (;´Д`)

スキーで使うには、本当は高ズームなF820EXRの方がイイのですが、
チャイナクオリティにウンザリしているので、
今回はスルーしました。

またカメラ買ったのか!またしてもFUJIか!
…という家族の冷たい視線は華麗にスルー中 (;´∀`)


長所
レンズがF1.8と明るいので、動体や暗い場所での撮影に強い。
2/3型センサー搭載で、コンデジの中では画質が綺麗。
安物コンデジと一緒にするな!って感じの、レトロカメラ風のシャレたデザイン。
反応が速くて良い。
今時希少な日本製。

短所
コンデジの中では大きい・重い部類。
ズームが最大8倍まで。
ズームリング兼用の電源スイッチが華奢。絶対ここが真っ先に壊れる。
モードスイッチの動作が硬い。
ズームリング周辺が防水性皆無っぽい作りで、スキーや雨の中で使うのに躊躇する…。

結論は、
コンデジ以上、コンパクト一眼以下という中途半端な個性。
あとちょっと足せば、APS-C機のNEX5が買えちゃう値段なのもビミョー。
でもサブカメラにはちょうどイイ性能です。

家族を撮ったり、ローザの改造を撮ったり、
マクロでプラモを撮ったり、ペットを撮ったりと、
普段使いするには最高の使いやすさです。
これからは登山でのメイン機として持って行くつもり。
登山にαを持っていくのは、重くてキツかったからね…。

あとはスキーでの使い勝手次第です。





最後に、この前のツーリングにXF1を持って行って、紅葉を撮ってみました。
まずは広角で普通に。
マニュアル撮影 f11 1/30秒 ISO400 WB日陰 ベルビア





ズームで寄って、奥をボケ気味に。
マニュアル撮影 f3.8 1/250秒 ISO400 WB日陰 ベルビア





ズームで奥を切り取ってみる。
ちょっと明るすぎた感じ。
マニュアル撮影 f11 1/100秒 ISO100 WB晴れ ベルビア


…これくらいしか撮らなかったけど、コンデジにしては良い画質です。


関連記事


最近の記事