映画#2 泥だらけの純情

2014年01月20日 09:08





泥だらけの純情
1963年/日本
[監督]中平康
[出演]吉永小百合/浜田光夫


[あらすじ]

下町のチンピラ次郎は、成り行きで、
駅で不良にからまれていた女子高生を助ける。
その女子高生・真美は、世間知らずの外交官の令嬢。
助けてもらったお礼に、ヤクザのパシリだった次郎の罪をかばう。
それがきっかけで、想いを募らせるようになる次郎と真美だが、
あまりにも違いすぎる互いの身分差が、2人の愛を引き裂く。


[感想]

いやもう、歯がカユくなるほどの純愛映画。
こういう初々しい恋愛映画は大好きです。

お嬢様のわりに勝気で、惚れた次郎にアタックしてゆく真美。
次郎の趣味を理解しようと、不埒なボクシングを見たり、酒を飲んだり。
なかなか会ってくれない次郎のアパートに押しかけたり。

一方、スケコマシのクセに、不慣れなお嬢様の扱いにドギマギする次郎。
着慣れない背広を新調し、
なんとかお嬢様の身の丈にあった男になろうと奮闘するかわいさ。
お互い、相手に好かれようと努力する姿がくすぐったいです。

しかし所詮、棲む世界が違うチンピラと令嬢。
お互いの環境が、2人の仲を許すはずもなく、
行き詰まった2人がとった行動は…

ラストは悲しくて、つい泣いてしまいました。
2人には、幸せになって欲しかったです。


関連記事


最近の記事