ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション

2008年10月08日 11:43


   
ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション


アニマックスでやっていた種デスのSE1~4、毎週ワクワクしながら観ましたよ。
TV版は観たけど、SEは未見だったので、
描き加えられたというラストを楽しみに、
TVの前に正座して、ハンカチもティッシュも用意して、マナコかっぽじいて観ましたよ。

SEEDがスタートした時は、
「うわぁ、リヴァイアス顔キモイよ…(;´Д`)」
「うわぁ、フレイうざいよ…(;´Д`)」
で、数話観ただけで嫌になって、しばらく放置していましたが、
中盤になって、あれ?もしかして面白い??とハマって、
終盤にはハンカチなしでは見られなくなってしまいました。
ただ、フレイのウザさだけは、最後の最後まで耐えられませんでした。
死んでせいせいする味方キャラなんて、そういないぞ…。

続編として始まったデスティニーは、新たに主役シンを迎えながらも、
相変わらずキラとアスランの、戦争への言い訳と葛藤がメイン。

嫌だ嫌だといいながら、すぐに種が弾けて戦闘マシーンと化すキラ。
前作からウジウジ悩んでばかりのアスラン。
思慮浅くて短気だけど、人間味のある感情青年シン。
とても一国の主とは思えない、激情タイプのお姫様カガリ。
いつも無感情・仏顔で、なぜそんなにカリスマがあるのかてんで理解できないラクス。
その他、ミーアやレイやルナ、メイリン、ステラ、議長、ムウ、女艦長達…
みんなキャラが立っていて、それぞれの過去やキャラの絡みも凝っていて、
シード~デスティニーは本当に傑作!

TV版では、シンがただの血の気の多いボクチャンで終わってしまって残念でしたが、
(つか、シンほったらかしのあの終わり方はなんだよ!!)
このSEのラストに、後日談が加えられており、
キラとシンのわだかまりの収束と、シンの心の再生が描かれていて感動しまくり。
満足なハッピーエンドで、やっぱりガンダムシリーズ屈指の名作でした。

SEはTV版を綺麗にまとめてあって、とても見やすかったです。
なんせ本編が、しょっちゅう回想シーンで水増しばかりだったので、
回想シーンが省かれたぶん、なおさらよくまとまってみえました。
…この編集力、劇場版Zガンダムに爪の垢を煎じて飲ませてあげたいよヽ(`Д´)ノ
関連記事


最近の記事