東京大人の修学旅行 その4

2014年05月05日 07:36



2日目。
ホテルの朝食ビュッフェをゆっくりといただきました。

2日目は、はとバスで飛ばすぜぃ!
山手線に乗って品川へ向かい、予約したはとバスに乗り込みます。





まず最初は皇居観光です。
でも中には入れてもらえず、お堀や二重橋を見るだけ。

今流行の皇居ランナーが、たくさんお堀の周りをグルグル回っています。
あまりにもたくさんの人が走っているので、
今日はマラソン大会でもやってるの?とガイドさんに聞いてしまいました。
週末はいつもこんな感じです、とのこと。

ゾロゾロ団体観光客とランナーがクロスして、一触即発ぶりは築地なみです。



blog14176.jpg

外苑にある楠正成像。
後ろ姿ですが、こちらが像の正面なんだそうです。

落ちぶれた後醍醐天皇に最後まで忠誠を尽くした楠正成は、
尊皇のシンボルとして、皇居を見つめて建っています。
正成の正面を観ると言う事は、皇居に尻を向けることになるそうなので、
天皇陛下に失礼にならないように、後姿を写真に撮りました。



blog14177.jpg

続いて、バスは六本木ヒルズに到着。

森美術館と展望台のチケット付きだったので、
まずは、美術館で開かれていたアンディ・ウォーホル展を観ました。




展望台から東京タワーを見下ろした後、レストランで昼食。
六本木ヒルズは迷路のような複雑な造りになっていて、
散策しててもストレスが溜まるばかりでした。





続いて、浅草に到着。
ちょうど雷門は工事中で、良い写真が撮れませんでした。

今日からGWスタートとあって、いやはや、凄い人だかりです…。
仲見世なんて歩くのも困難な人ごみです。





浅草ではとバスを途中下車し、浅草をじっくりと楽しみます。
お土産を物色したり迷子になったり食事をしたりして、
3時間くらいかけて浅草を堪能しました。





日も暮れ、東京駅に向かいます。
電車待ちのホームでキッチリ並び、エスカレーターでもキッチリ左に寄り、
同じペースでキッチリ歩く、一糸乱れぬ東京の人々の流れに、
最後まで合わせることが出来ませんでした…。

新幹線に乗って名古屋に帰り着くや、
ホームにダラダラ並び、ダラダラ歩く名古屋人を見て安堵しました。

電車とバスと、4万歩の散歩旅でした。
こんな旅も、たまには良いものです。
ただ、東京は乗り継ぎが多いので、交通系ICカードがないと超不便だと痛感しました。


終わり。




関連記事


最近の記事