探検!鳩吹山 その1

2014年06月11日 07:11

今年の夏こそはテント担いで登山に行くぞ!…とは思っているものの、
連日の暑さで、すでにクーラー浴グータラモードに突入してしまい、
とてもテン泊山行に耐えられる身とは思えません。

すっかりタルんでしまった身と心に渇を入れるべく、
梅雨の晴れ間の平日に、近場でトレーニングをする事に。
行き先は、可児の鳩吹山。
R41を通っていると登山口の看板が出ていて、前から気になっていた場所です。





なにせ、急に思い立ったものだから、
コースを何も下調べせず、いきなり可児までやって来ました。

登山口の看板が出ている湯の華アイランドの辺りをウロウロしますが、
どこが登山口なのか分かりません。
あるのは、カタクリ群生地への案内だけ。

悩んでいたら、カタクリ群生地へ向かう道を、登山の格好をした人が歩いて行きました。
…もしかして、カタクリ群生地に登山口があるのか?





カタクリ群生地まで来たらありました、登山口。
その名もズバリ、カタクリコース。

ここで看板を見て初めて、この山のコースとコースタイムを知ります。
ふむふむ、山頂までだいたい1時間か。
それより、思ったよりルートがたくさんあるなぁ。

いつもなら、ここでコース図の写真を撮り、時々画像でルートを確認しながら歩くのですが、
低山だから迷いようがないだろうとナメて、コース図の写真を撮らずに歩き始めました。
これで、後でちょっと困るハメに。





体に負荷をかけるために、4kgほどのザックを担いでスタート。
さっそく歩き始めますが、いきなり直登でキツいです。
それより、毛虫が大量発生していて気持ち悪いです。
上からポトポト落ちてくるし、足元にもたくさん這っています。
ビッシリ敷き詰められた毛虫のウンコを踏みしめて進みます。





20分ほどで、小天神休憩舎に到着。
ここはスルーして、どんどん登ります。





いやぁ、蒸し暑いなぁ!
デブには堪える暑さです。
体中から冷却クーラントがダダ漏れで、早くもタオルがビッショリです。

平日だから誰もいないだろうと思ったら、
夏の表銀座かと見紛うほど人が多く、ビックリです。
しかも、ベラベラギャハハとおしゃべりしながら、
散歩感覚で歩くおばちゃん団体が多いです。
それだけしゃべりながら登って、よく息が上がらないなぁ、と感心します。





大天神休憩舎を通過し、出発から45分ほどで頂上に到着。
キツい登りでしたが、さすがにちょっと歩き足りないなぁ。

他の登山者の方から、この先でササユリが綺麗に咲いている、との情報を得ました。
西山だの北廻りだのと言ったルート名が出てきましたが、
鳩吹山が初めてで、コースマップも無い私にはチンプンカンプン。





このまま来た道を下るだけでは物足りないので、西山に向かって行きます。
稜線沿いの気分の良い道で、プチ縦走気分が味わえます。
全然道が分からないけど、たぶん、行けば分かるさ。

その2に続く。


関連記事


最近の記事