Wandroid #4 Pollution of The Heart その2

2014年07月05日 07:30

B8F以降、B10Fまで順調に探索。
手強い敵にオラワクワクすっぞ状態でレベル上げを満喫してたのですが、
前記事の理由でスマホを初期化した際、最新バックアップを取るのを忘れてしまいました。

慌ててSDから復活させたデータは、随分前の、Lv40の頃のデータでした…。
平均Lv80まで鍛えたパーティーも、
それまで集めたレア素材やレアアイテムも、パァになってしまいました (´;ω;`)

めげずに再びレベル上げ&アイテム集めに勤しみ、ついにB10Fのラスボスクリア!
やっとダンジョン漬けの廃生活から脱出しましたよ… _| ̄|○ il||li
では、前回の続きで、思いついた事を箇条書きでメモに残します。

●初めて、狩人と武闘家をパーティーに参加させました。
狩人は後方からの攻撃は便利なのですが、さほど強いわけでもなく、
罠解除が得意というわけでもなく、イマイチ使えませんでした。
武闘家は、連続攻撃が魅力。
一撃一撃は弱いのですが、ザコをまとめて倒してくれます。
しかし装備が弱過ぎる!

●各階に2~3箇所の特定の部屋で、ランダムに宝箱が出現するようになりました。
モンスタードロップの宝箱も含めて、宝箱ラッシュです。
アイテムはもちろん、HPやMP回復で瀕死のパーティーを救ってくれたり、
低階層のうちから莫大な経験値やお金が得られてウハウハだったり。
レベルが上がると、ろくな経験値&アイテムが得られない低階層の戦闘は面倒になりますが、
宝箱やレア素材で思わぬボーナスがあるので、#4ではあまり苦になりません。

●B6Fより奥はテレポート出来ないので、B10Fに行くのが難儀です。
6Fまでテレポート→7F→8F→9F→8Fシュート→9F→やっと10F到着…。
#4は階段昇降が多くて各層の繋がりがややこしく、脳内マッパーにはツライ…。
ムーンストーンを入手できれば、
B1Fの彫像からダイレクトにB10Fまでワープ出来るようになるので我慢です。

●暗闇と隠し通路もやたら多いです…。
マニアだと、マップの空白の奥に絶対何かあると疑って周辺を調べまくるんだけど、
初心者だとなかなか気付かないよ (;´Д`)
B9Fの右上の区画と、左下の区画なんて、マニアでも難儀したわ。
ちなみに左下の区画は、B10Fの階段の奥に隠しドアがありました。
階段下りますか?を断り、そのまま壁を蹴破れば奥に進めます。
奥にはレシピと彫像あり。
右上の区画は一方通行ラッシュにめげず、ひたすら怪しい箇所を蹴飛ばせば埋められますが、
埋めても何もなし。
他にも、暗闇とまだ歩いてない空白部分の違いが、
マップ表示では分からない箇所もよくあるので、
暗闇の中でも、ひたすら一歩づつ歩いて四方の壁を蹴って確認すべし。

●物理攻撃や攻撃魔法を反射するモンスターが数種類いて、これも難儀したわ…。
特に難儀だったのが、アセンションソウルとプリーストオブファングのDEATH攻撃。
大量に出てきてみんなでDEATHを唱えてくるので、
あっと言う間にパーティーが死体の山になります。
こちらのレベルが上がれば、SILENCEやSLEEPやTERRORが利くようになるので、
先行してある程度DEATHを封印出来るようになるのですが、
それまでは、こちらの魔法は無効化されちゃうしキビシー!

●忍者一人だけ、#2→#3→#4と転送しています。
なので忍者だけ、過去の称号が複数付いています。
でも忍者って打たれ弱くてHP低いし、DEATHでコロッと死んじゃうのよね。
Rips(死んだ回数)も転送で持ち越される為、
現在忍者は#2~4累計で63回も死んだ事になっています。
忍者は初期で作れないので、今後も転送していくでしょうが、
Ripsがどんどん蓄積されていく…。
あと前にも書いたように、忍者がアルケミストの呪文を使えるようになりましたが、
やっぱり殆ど使いませんでした。
役に立ったのはTERRORのような効果のBINDくらいか。

長くなりそうなので、その3に続く (;´Д`)


関連記事


最近の記事