周遊!鳩吹山

2014年09月11日 07:00




6月に登った可児の鳩吹山に、再チャレンジしました。

9時、今回は大脇ルートで登ってみようと、大脇登山口に行ったら、
登山口前の駐車帯は満車。
なのでカタクリ群生地の駐車場に移動してバイクを停め、前回同様、カタクリルートで登りました。

今回は、前回より10分も早く、35分で頂上に到着。





今回は鳩吹山の先の西山まで行くつもりです。
頂上を越え、前回ルート間違えをした標識まで来ました。

↑石原登山口でも、→北廻りルートでも、どちらでも西山へ行けますが、
北廻り入口に立つ「この先急な岩場あり注意」の看板に惹かれて、
北廻りルートを選択して進みます。
どんな急斜面が待っているんだ?ワクワク。





北廻りルートは、一度下って谷を渡り、再び登り返すコースになっています。
この下って登る部分が急斜面ですが、短い区間なので大して辛くはありません。





ちなみに注意看板が脅してきた登りはこんな斜度。
恵那山に登った後なので、楽勝です。





鳩吹山周辺には、脆そうな岩が飛び出た崖っぷちがたくさんあります。
落ちたらあの世行きの高さで、ヤセの断崖気分です。
ちなみにここは北廻りの最奥辺りの岩場で、
先端に大仏様がコーキングで貼り付けてありました。

それにしても、西山はまだかな?
通りがかりの登山者さんに道を訪ねたら、親切にもマップを分けて下さいました。
それは、鳩吹山周辺のルートが、タイムやバリエーションも含めて細かく網羅された最強マップでした。

>はとふきやまのちず を てにいれた!
てれれれってれ~♪
リンクのように、マップを天に掲げますw

この登山者さんは、なんと週4日鳩吹山に登っているというエキスパートさんでした。
仙人現る!





北廻り~西山区間に現れた、もうひとつの急な登り。
先ほどよりは急ですが、まだまだ楽勝。





仙人お勧めの第5展望台に寄ります。
展望は良いですが天気が悪く、霞んでイマイチ。





見下ろせば、木曽川の日本ライン。
堤防から見る日本ラインも綺麗ですが、見下ろしビューもイイ。





森の中の、こんな感じの道を歩くのが大好きです。
紅葉シーズンにも訪れたいなぁ。





西山に到着。
…山頂のわりに殺風景だなぁ。
ベンチすら無く、誰かがベンチ代わりに木を置いてくれています。
この木に座って、パウチゼリーを飲んで休憩。

鳩吹山山頂から北廻りで西山まで、だいたい1時間15分。
仙人マップのコースタイムによると10分ほど遅いようですが、
展望台に寄ったり立ち話したりと、のんびり来たのでこんなもんかな。





西山から一気に鳩吹山山頂まで、50分ほどで帰ってきました。
冷たい風が吹いて嫌な天気だなと思っていたら、
山頂から下り始める頃に雨が降ってきました。

鳩吹山山頂で再び仙人さんに出会い、そのまま仙人さんに付いて大脇ルートを下ります。
写真は撮りませんでしたが、延々とつづら折れの階段が続く坂道でした。
大脇の方が、カタクリより緩やかで登りやすいんだそうです。





山頂から20分ほどで、R41の橋の下の大脇登山口にゴール。
今朝、駐車スペースが無くて諦めた大脇ルートですが、
仙人さんが、登山口から少し離れた所にある駐車場を教えてくれました。
他にも停めるスペースがあったのかー!

大脇口からR41を渡ってカタクリ駐車場に戻りました。
北廻りコースを周遊しても、全行程で3時間ほどのコンパクト山行でした。

次回は紅葉の季節に、大脇スタートで登ってみたいと思います。


関連記事


最近の記事