XF1&α330不調

2014年09月18日 10:12



去年、不調なE550の代わりに購入したサブカメラ・FX1ですが、
春辺りから、下記のような怪しい症状が現れはじめました。

・モニターではちゃんと表示されているのに、撮ってみると上の写真のような露出オーバーな写真ばかり。
・どれだけ絞っても、ISOを落としても、シャッタースピードを早くしても、撮れる写真は真っ白。
・逆に、モニターでは真っ白表示なのに、シャッターを切るとちゃんとした画像が撮れている。

レンズの絞りが巧く動作していないっぽい症状なのですが、
これが常時出るわけでなく、普通に撮れる時の方が多いです。
でも、いざ撮りたい時に症状が出るとガッカリです。

修理に出しても、メーカーで症状が再現されずに異常無しと言われる気がして、
ずっと修理を躊躇していましたが、
もうすぐメーカー保証1年が切れるのを思い出して、
ダメ元でFUJIのクイックリペアサービスを申し込んで、修理をお願いしました。





FUJIのクイックリペアサービスとは、自宅まで運送業者が機体を引き取りに来てくれて、
修理後届けてくれるサービスです。
修理費プラス930円かかりますが、サービスやカメラ屋に持ち込みしなくていいので楽です。
今回は保証期間内ということで、無償プラス930円で修理してもらえました。
修理内容は、絞り羽が正常に動作しないため調整した、とのことでした。

不調なままのE550もクイックリペアに出そうと思ったら、E550は古過ぎて対象外。
大須にあったFUJIのサービスも撤収しちゃったようだし、E550を修理に出す機会を絶たれた感じ…。

購入時に予想できた通り、
FX1のレンズ繰出し式のズーム&電源スイッチは、故障を起こしやすい箇所のようです。
とりあえず今回は直ったようですが、あの華奢な造りでは、いつまた再発するか分かりません。
メーカー保証が切れた後に症状が再発した場合、
修理代がどれだけかかるんだろう…と思うと、次に壊れたら買い替えも検討しなければなりません。





そういえば、5月に修理したα330ですが、
7月に白川郷に持って行った時、下からあおった写真を撮ろうとチルトモニターを起こしたら、
通常だとちゃんとモニター表示されるのに、チルト可動させると表示されない不具合に気付きました。
修理以来チルトには触っていなかったので、それまで気付きませんでした。

修理から3ヶ月分のサービス保証が残っていたので、
白川郷から帰ってきてすぐに再び栄のソニーストアに持ち込んだところ、
原因が私なのかメーカーなのか分からない故障なのに、無償で修理してもらえました。
ソニーさんいつもありがとうございます。

カメラが壊れたり、スマホが水没したりと、
買い替えを覚悟する事態が連続した夏でヒヤヒヤましたが、
大した出費をすることなく、かろうじて現状維持が保てています…。





関係ないですが、α330で先日の中秋の名月を撮ってみました。
去年も撮ったような…。


関連記事


最近の記事