映画#9 電人ザボーガー

2015年01月22日 15:45





電人ザボーガー
2011年/日
[監督]井口昇
[出演]古原靖久/板尾創路



[あらすじ]

悪の組織シグマの総統・悪ノ宮博士は、
人細胞を侵略ロボット兵器の材料にするために、有能な人間を襲い始めた。
かつて悪ノ宮に父親を殺された大門豊は、
ロボットとして生まれ変わった双子の兄・ザボーガーと共に、
悪ノ宮の野望を阻止するために立ち上がる。



[感想]

’70年代にTV放送された特撮ヒーロー作品の映画化。
2部構成になっており、前半は若かりし頃の大門とシグマとの戦い、
後半はその25年後、挫折して正義の心を捨てた壮年の大門が、
再びシグマの野望阻止に立ち上がるストーリーとなっています。

このCG全盛期に、あえて当時のユルい特撮を再現し、
ザボーガー世代が抱える加齢問題や、その世代が好きそうなお色気も盛り込んで、
なんでもアリなVシネです。
TV版を知らない人が見たら、ナンジャコリャ感に失笑してしまいますが、
ザボーガー世代には、その絶妙なオリジナルリスペクトっぷりにニヤニヤが止まりません。
主人公や物語の設定、悪の幹部やメカに至るまで、忠実にTV版を再現した事が、
EDで流れるTV版の映像で分かります。

青年期の大門役の人、ゴーオンレッドだねー!
観てる時は気付かなかったけど、言われてみればそうだ彼だ!
なんか石川遼に似てるよね。
暑苦しい大門をよく再現していて素晴らしかったです。
一方、板尾は大根過ぎて、観てて辛かったです。

ZXRやアネーロといった、一時期のカワサキバイクに付いていたエアダクトが、
よく洗濯ホースだ、ザクパイプだと呼ばれていましたが、
正直、アレは何のために付いているのか長年の謎でした。
この映画を観て、あのカワサキのアレ、
実はザボーガーの腕なのかも知れない…と、ふと思いました。


関連記事


最近の記事