映画#10 魔法使いの弟子

2015年02月02日 10:58





魔法使いの弟子 (THE SORCERER'S APPRENTICE)

2010年/米
[監督]ジョン・タートルトーブ
[出演]ニコラス・ケイジ/ジェイ・バルチェル



[あらすじ]

千年前、正義の魔法使いマーリンとその弟子達は、悪の魔法使いモルガナと死闘を繰り広げた。
バルサザールは、師匠マーリンや仲間の犠牲と引き換えに、
モルガナをかろうじて闇に封印した。
その際バルサザールは、マリーンからの遺言で、
唯一モルガナを倒す力を持つ真の魔法使いを探すよう、指輪を託される。
千年の時をかけ、バルサザールが探し当てた指輪継承者は、
物理学好きの冴えない青年デイヴだった。
モルガナ復活の時が迫り、バルサザールはデイヴに魔法使いの特訓を施す。

[感想]

指輪物語とハリーポッターをチャンポンにしたような、
愉快痛快マジックバトル映画です。
ラストのバトルシーンなんて、もはやドラゴンボール状態でしたw

デュカスの交響曲「魔法使いの弟子」や、
それを映画化したディズニー映画「ファンタジア」の中の一編が原案になっており、
交響曲やファンタジアの劇中で謳われた、
未熟で横着な弟子が魔法で部屋掃除をしようとして失敗するシーンが、
この映画にも登場します。

夢もへったくれもない、強引に畳みかけたラストですが、
むしろ、魔法は科学だ!という視点なら、
かつての恐ろしい魔法も、現代の科学青年ならこんな風に再現できますよ、という、
こんなあっけない結末で良かったと思います。

テンポ良くサクサクと観られるので、
何度観ても苦にならない面白い映画です。
ただ、ヘタレなデイヴとあの美女は、
のび太としずかちゃんくらい解せない不釣合いカップルでモヤッとします…。


関連記事


最近の記事