ウクレレ弦交換

2015年05月19日 15:40

相変わらず、ウクレレをコソ錬しています。
しかし最近、どんなにチューニングしてもすぐに音が狂ってしまうので、
初めて弦の交換をしてみました。

ナイロン弦だと、半年くらいのスパンで交換するものだと知りました。
ウクレレを買って早や2年、一度も弦を交換していなければ、
そりゃチューニングも合わないはずです。





教本にしたがって、ビビリながら張り替えてみました。
意外と簡単だったので、次回からは臆せず張れるでしょう。

今回は、ナイロンより丈夫で鳴りの強いフロロカーボン弦にしました。
で、張ってて思ったのですが、
実はウクレレ弦って、材質といい太さといい、釣糸と変わらないのでは?

ネットで調べたら、意外と釣糸を弦に応用している情報がたくさんヒットしまして、
次の弦の交換時には、釣糸で試してみようと画策しております。

ちなみに、ナイロン弦の時はポロロンというカワイイ音色だったウクレレですが、
フロロ弦に変えたら、パンパンというしっかりした音色に変わりました。
フロロの弾けるような音も良いですが、ナイロンのコロコロした音も良かったし、
これから弦の材質や太さを変えて、色々試して楽しみたいです。
ただフロロ弦は硬くて、そう簡単にはワヤにならない感じなので、
次の交換時期は1年後くらい?


関連記事


最近の記事