ユーザー車検

2015年06月04日 01:41

ユーザー車検の時は、いつも夫にネットで検査場の予約をとってもらっています。
5月中旬にバイクの車検が切れるのは分かっていましたが、
GWとかあって忙しかったので、ちょっと車検を先延ばしにしたら、
都合のつく日に全く車検の予約がとれないまま、バイクの車検が切れてしまいました。
6月に夫が仕事用の軽トラのユーザー車検に行くので、それまで待ち、
軽トラにバイクをピックアップしてもらい、一緒に受けに行くことにしました。





6月に入っても相変わらず予約が取れない状態だったのですが、
6/3は雨予報のためキャンセルが出て、なんとか2台の予約がとれました。
かくしてドナドナスタイルで、2台仲良く小牧の陸運局へ。

自動車税を口座引き落としにしていたので、まだバイクの納税証明が手元に郵送されていません。
その事に気づいたのが、車検前日の夜でした。
もっと早く気付いていれば、事前に市役所へ行って納税証明書を貰っておけたのですが、
この時期に車検を受けるのは初めてなので、迂闊でした。
朝一番に市役所で納税証明をもらうにしても、
はたして予約した軽トラの第1ラウンドに間に合うでしょうか。

車検当日、ATMのオープンと同時に通帳記入して税の引き落としを確認し、
その足で朝一番の市役所に駆け込んで、
通帳を証明に納税証明書を発行してもらい、
ついでに、口座引き落とし停止の手続きもしました。
これからは、振込み用紙の控えがそのまま納税証明になるので、慌てなくて済みます。

市役所で手続きしていたので、陸運局に到着したのは第一ラウンド終了10分前。
受付をギリギリで通過し、無事、軽トラを車検に通すことが出来ました。

バイクは第2ラウンドです。
書類を記入して受付を通し、検査レーンへ。
ライトで1回失格したものの、2回目で合格。
これでやっと、アルティシアに乗れるようになりました。

雨の日の車検は初めてだったので、
検査機の上で滑ってコケたらどうしようとビクビクしましたが、
やってみたら全然普通でした。

24歳になったアルティシア、次の車検めざしてまだまだ大事に乗るぞ!
次回こそは、早々に予約を取って、車検切れになるまでに自走で行くぞ! (;´∀`)

関連記事


最近の記事