関電黒部ルート見学会 番外編その1

2015年09月01日 11:02



その4の続き。

欅平駅にて関電の見学会を終えました。
ここでトロッコ電車に乗って宇奈月に行かず、
私達は祖母谷(ばばだに)温泉で一泊する予定です。

まだ14時なので、宿のチェックインにはまだ早いです。
なので、猿飛峡を見に行くことにします。
猿飛峡は、欅平駅から黒部川沿いに歩いて30分ほどの所にある景勝地です。

↑こんな感じで、川沿いの崖を削ったワイルドな遊歩道を進んでいきます。





途中の対岸にあった、フクロウの木。
…どこがフクロウに見えるか分かりますか?





猿飛峡に到着。





綺麗と言えば綺麗な風景かな。
再び遊歩道を歩いて、欅平駅に戻りました。





欅平から今度は、祖母谷川沿いに林道を歩いて、
奥にある祖母谷に向かいます。
写真は、駅から見た人喰岩です。





欅平から奥には、名剣温泉と祖母谷温泉という秘境温泉があり、
そこから先は白馬岳や唐松岳に至る登山道となります。

欅平から15分ほど歩き、断崖に建つ名剣温泉を通過。
更に奥の祖母谷を目指します。





名剣温泉の奥の谷間に、巨大なスノーブリッジが残っていました。
今年の猛暑を乗り切って、まだ綺麗なアーチを保っています。

今年の豪雪で、例年以上に巨大なスノーブリッジが出来たため、
果たしていつこのスノーブリッジが崩れるのか予想するイベントが、
宇奈月温泉のHP上で開催されていました。





山側の谷にも、まだたっぷり残雪があり、
キンキンの冷気が降りてきて、ほてった体を冷やしてくれます。





欅平から歩くこと50分ほどで、秘境の宿・祖母谷温泉に到着。
いやぁ、疲れた!汗かいた!





それでは、一晩お世話になります。

…左に写っている黒いモノは私の指です。
一眼カメラを持ってくると、見学会の時に邪魔だし、
そんな時に限ってサブカメラが故障で修理中だし、
という事で、今回の旅は全てスマホで撮りました。
スマホでの撮影に慣れていないので、
撮った写真の1/3に、指が写りこんでいました…。


番外編その2に続く!



関連記事


最近の記事