火打山登山

2015年10月16日 10:15



やっと登山に行くことが出来ました。
今回の行き先は、新潟の火打山です。
もうずっと何年も前から、
火打山と天狗の庭の紅葉を見たいと願い続けていて、
やっと叶える事が出来ました。
しかし毎年の事ですが、この時期は地域や学校の行事が多く、
なかなか行けずモタモタしているうちに、
あっという間に天狗の庭の紅葉は終わってしまいました…。
もうダメだと分っていても、こうなったら強行しちゃうよ!

登山口の笹ヶ峰高原は、ちょうど紅葉の最盛期でとても綺麗でした。
写真の通り、今回はなんとバイクで登山に行きました。
しかも夜中の1時に愛知を出発し、夜通し高速を走り、
朝に妙高に着くやいなや登山開始という、無謀な強行登山です。





高谷池ヒュッテのテン場でキャンプ。
満天の星空の下で寝るのも、テン泊登山の楽しみのひとつ!
気温は-5度で、楽しむ余裕なんてなかったけどね・・・。





2日目、ご来光バッチリ!





これが長年の夢だった、天狗の庭。
後にそびえるのが、火打山です。

2~3週前だったら、
真っ赤に紅葉した火打山が池塘に映る「逆さ火打」が楽しめたでしょうが、
残念ながら、もはやただの枯野でした。
でも、十分綺麗な風景を楽しむことが出来ました。





火打山の山頂はもう雪景色でした。
晴天に恵まれた山頂からは、
北ア・南ア・穂高・八ヶ岳・富士山まで望める、360度の大パノラマでした。
そして、それら2~3000m級峰はもれなく、真っ白に冠雪していました。

火打山は妙高山とセットで2泊3日かけて登る人が多く、
私も一応、2泊3日装備で登りましたが、
色々考えて妙高山を諦め、1泊2日で山を下りました。





中腹より上部は、紅葉が終わって雪山シーズンになってしまいましたが、
登山口からしばらくは、まだ紅葉を楽しみながら登る事ができました。

天狗の庭の紅葉は見られず残念でしたが、
紅葉も雪も楽しめて、これはこれで良い登山でした。

詳しいレポはこちら→火打山トレッキング(HPにジャンプ)


関連記事


最近の記事