幼稚園バスでキャンピングカーを作る その50

2015年11月21日 17:25

幼稚園バス改造記事も、なんと50回を迎えました。
ここでお知らせですが、家族に内緒で運営してきたこのブログのアドレスが、
ついに家族にバレました (;´Д`)
で、長男に、このキャンピングカー製作記を読まれてしまいました。
その感想は、「どうでもいい箇所を報告したり、
逆に苦労した部分が端折られていたりしてイマイチ。」と一蹴されてしまいました。

そりゃ私は、車や電装の事なんて分らないし、
そもそも改造にほとんど参加してないし、
変わった箇所を報告するくらいしか出来ないから、
こんな記事しか書けませんよ。

そもそも、初めは夫が別アカウントでこのローザ改造のブログを始めたのですが、
ひと記事書いただけで投げ出してしまったので、
私がそれを引き継いだだけです。
もちろん、改造している本人が記事を書くのが一番イイ!

じゃあ次はお前が書け、ってことで、
3代目キャンピングカーに着手する際は、その改造記録を長男に書かせます。
いつになるか分かりませんが、こうご期待!





さて、前回に土足禁止化が進んだローザ車内ですが、
エンジンカバー部分にもタイルカーペットを並べました。
夫が仕事で床を施工した際の端材なのでコマ切れで、よくズレます。





次男に昔作ってもらった、助手席の足置き台を踏み割ってしまったので、
新たに夫に作ってもらいました。
今回は、台ではなく、床にしてもらいました。
ここでも土足禁止化です。

助手席の座面が汚いですが、これは、
ヤフオクで運転席&助手席のシートセットを落札して届いた時から、
機械油の沁みで汚れていました。
どうやら解体業者が、この上に油まみれの部品を置いたようです。
洗ったのですが、これ以上落ちませんでした…。





床と言っても、前回に作った仮設下駄箱と同じ廃材を敷いただけです。
長男や次男は身長が伸びたので、
助手席に足置き台がなくても余裕で足が届くようになりました。
なので、台や床があると足が窮屈になるので嫌がりますが、
ここはかーちゃん優先席なので、有無を言わせません。





ここにも、タイルカーペットの端材を並べました。





ダッシュボードには、謎の装置が付けられています。
これは、居眠り防止装置だそうです。





この装置は、運転席に取り付けたシートと連動しているそうです。
首がコックリコックリするのを検知して、アラームが鳴るらしいです。

よく夫が舟を漕ぎながら運転しているのでヒヤヒヤしますが、
SAPAや道の駅に入って仮眠しろ!と言っても、
なかなか休んでくれません。

私がローザの運転を交代してあげられるのは、
乾いた路面の高速道路が関の山です。
一般道や雪道の走行は、夫がどんなに疲れていても、
夫に任せるしかありません。


関連記事


最近の記事