幼稚園バスでキャンピングカーを作る その51

2015年12月20日 05:30



その48で交換した、ローザの12V外部バッテリーが突然死しました。
原因は分りません。
せっかく苦労して交換したのに、また交換作業です。

前回付けたのは軽四サイズの40Ahですが、今回取り付けるのは、
キャラバンから外したてホヤホヤの95Ahです。
大きさも約2.5倍!

代わりに、キャラバンには新品のバッテリーを載せてもらいました。
凄い勢いでエンジンが掛かるようになったのでビビるよ!





新バッテリーに干渉しないように、バッテリーケースのステーを改造中。





前回B端子に変更したのに、再びD端子に変更し、
95Ahバッテリーをローザの腹下に取り付けました。
無事、12V電源が使えるようになりました。





電装系でもうひとつ追加。
夜間のバック時に後ろが見えないからと、
バックライトが取り付けられました。

天井やメーターパネルを剥がし、配線し、
コードをエアコンダクト経由でリアまで引っ張り、バックモニターの配線穴から出しました。
さらりと書きましたが、これも大変な作業でした。

ライトは、ルーフキャリアに取り付けられました。





こんな感じで、バック時に照らしてくれます。
切り忘れ防止用パイロットランプ付きのスイッチが、運転席のハンドル周りにあります。





スキーシーズンに備えて、雪道アイテムが増えました。
チェーンでなく、布でアイスバーンを噛む「スノーソックス」というものです。
ローザのような重量級のトルクに、こんなスノーソックスが耐えられるのか、
本当にこれだけで走行できるのか、私には信じがたいのですが、
できればチェーンもソックスも使う機会がないまま、
安全にスキーシーズンを終えたいものです。


関連記事


最近の記事