2代目ZL2

2016年01月23日 05:20



夏頃からスマホのイヤホンジャックの調子が悪く、
イヤホンを挿しても、接触不良のおかしな音しか出ない状態でした。
接触なので、プラグをグリグリすれば時々音が治るのですが、
グリグリやり過ぎて、ついにイヤホンが機能しなくなりました。
イヤホンが使えないのは不便だけど、修理に出すの面倒だなぁ、
とモタモタしていたら、12月についに、ZL2にもOS更新通知が。

現状のZL2&KitKatの環境に満足しているので、
LollipopへのバージョンUPを拒否して使っていましたが、
イヤホン接触不良の不便さからは逃れられません。

修理に出したら問答無用でOSがアップグレードされそうなので、
余計に修理に出しづらくなりました。
もしかしたら、機種交換なら出荷状態でKitKatのままかも、と思い立ち、
ショップに修理に持ち込まず、
auHPから安心サポートの機種交換サービスを依頼しました。

au安心ケータイサポートプラス加入者には、
故障・破損・紛失した機体を同機種に交換してくれる有料サービスがあります。
送られてくる機体が新品なのかリサイクル品なのかは不明。
au長期契約割引が適応されれば3000円+税で交換してくれます。
申し込めば代替機を送ってくれるので、
届いたら手元でデータを移し替え、初期化した旧機をauに送り返すだけ。

イヤホンの接触程度なら、
安心サポート範囲内で無償で修理してくれる故障だと思いますが、
修理中の代替え機の設定をしなくていいし、
外装やコネクタ類やバッテリーがリフレッシュされた機体と替えてもらえるなら、
3000円払って交換してもらった方がいいかな。

さて、届いた新しいZL2は…初期状態からLollipopでした _| ̄|○ il||li ガッカリ
仕方なくKitKatを諦め、データを移行して設定しなおします。
不慣れとはいえ、Lollipop使いにくいなぁ (´;ω;`)
データを移し終えた旧ZL2は、郵送しました。
さようなら旧ZL2、1年間ありがとう。

Lollipopになったら音楽の再生音量が小さくなり、
再生アプリによってはくぐもって聴こえるようになりました。
アンプ要らずの爆音がお気に入りだったのに…。
そして、お気に入りのアプリの幾つかが、
挙動不審&強制終了するようになりました (´;ω;`)
容量食いのGoogle開発者サービスを無効にしたら、
多少安定したものの、
それでも時々メモリ不足と警告されてイミフ。
まだ使い始めたばかりなので、
設定の変更や個々アプリの更新で改善する機能もあるでしょうが、
とにかくロリポに慣れるしかありません。

今のところ交換して良かったことと言えば、
イヤホンがやっと普通に使えるようになったことだけです。

もうひとつ、新しいOS環境に適応できずに困っているのが、
Windows10です。
PCも年末にWindows10に変更してもらったものの、
これまた使いにくいのなんの…。


関連記事


最近の記事