FSM‐1 弦交換

2016年01月29日 09:25



前回、新しいウクレレを購入したと報告しましたが、
このウクレレ、買った時から音がおかしかったです。
2弦だけ、3フレット目ですでにチューナーの目盛が+50セントをふりきるほど、
音が狂っています。
とりあえず、弦を交換してみることに。

FSM‐1には標準でブラックナイロン弦が張ってありますが、
2弦3弦だけフロロカーボン弦に交換。
初めてのブリッジ巻き付け作業でしたが、
結び玉引っ掛けより楽で安全で、やはりこのタイプを選んで良かったです。

弦を交換したら、ちゃんと音が合うようになりました。
たぶん、ナットの溝の切り方が細く、
太いブラックナイロン弦が、溝にはまっていなかったのが原因だったと思います。

どちらにせよ、この太いナイロン弦が弾きにくくて苦手だったので、
細くて柔らかいフロロ弦に変えたおかげで抜群に弾きやすくなりました。
ちなみに今回張ったのは、ハリスでなく、
市販のちゃんとしたウクレレ弦ですよ (;´∀`)
未交換の1弦4弦は、耐えられる太さなので、
張り替えずに劣化するまで使い切ります。

弦交換で治らなかった場合、ショップに調整依頼を覚悟していましたが、
この程度で直って良かったですわ。
音色も響きも甘く美しく、弾いていて気持ち良いです。
ギアペグのおかげでチューニングが凄く楽になり、練習が捗ります。


関連記事


最近の記事