キャラバン修理

2016年04月26日 23:01



ほぼ四半世紀走り続けている我が家のキャラバンですが、
燃料とオイルのお漏らしが激しくなってきたので、
3月から、夫と長男がコツコツと修理を始めました。
日曜日しか作業が出来ないので、超スローペースな進行です。

足代わりにバイクを冬眠から起こせば、こんな時にメーターケーブル切れ。
車もバイクも乗れないものだから、
仕事へ買い物へとチャリンコを漕ぎまくりましたよ _ノフ○ グッタリ

修理を開始してから丸っと1ヶ月、
やっとキャラバンに乗れるまで修理してくれました。
要所要所を増し締めしたり、燃料ポンプのOリングを交換したりして、
とりあえず燃料とオイルの漏れは止まったようですが、
クーラントの漏れの修理がまだとの事。
あと、調子の悪いATも載せ替え予定だそうです。





3年前に当て逃げされ、凹んだままだった助手席側ドアですが、
同年式同色のキャラバンのドアを入手して換装してくれました。
入手したドアは、内装が酷い汚れ状態でそのままでは使えず、
今までのドアの内装とドアスピーカーとキーを移植しました。





サイドモールも移植し、パッと見では全く気付かないほどマッチング。
・・・なんか270GTなんて書いてありますが、気にしない気にしない (;´∀`)
うちの車に当て逃げした奴には、ちゃんとバチが当たったかなぁ (#^ω^)ピキピキ

運転席側のドアも、ヒンジがすり減ってズレてしまい、
大きく開閉するとボディに干渉していましたが、それも整形して直してくれました。
スライドドアも、レールに砂が溜まって開閉が重かったのですが、
レールを掃除してスムーズに開閉できるようにしてくれました。

1ヶ月ぶりにキャラバンに乗ってさっそく向かった先は、
メーターケーブル発注をしにYSPでした。


関連記事


最近の記事