プロモンテ VL14

2016年05月31日 04:48



5年前に買って以来、出し渋っていたプロモンテの山岳テント・VL14。
去年秋の火打山登山の時、久々に使いましたが、
思っていたより室内は狭くなく、快適だったので、
先日の能登ツーリングの時に、キャンプツーリングにもデビューさせました。





パッと見、今まで使っていたキャンプマン(現サウスフィールド)の赤いテントと見間違います。
赤いテントが好きなんですよ…ギロロが好きなので (*´ω`*)





最初は、なんだこのスライスしたカマボコのような狭い室内は!?とビックリしましたが、
天井が高いので、慣れると全然苦になりません。
普段シートバッグはバイクに付けっぱなしですが、
雨でバッグを外してテント内に入れたら、多少は圧迫感があるでしょう。

まだL型ドアのセパレートファスナーに慣れなくて、というか使いにくくて、
そこだけは、D型ドアだったサウスフィールドに軍配が上がります。
生地がペラッペラなおかげで、非常にコンパクトになるのが利点ですが、
せめてバスタブ部分の生地だけでも、もうちょっと厚くしてほしかったです。
次回から百円ショップのグランドシートを併用しようと思いますが、
そんな程度の養生で、穴開きが防げる気がしません。

今回は、ツーリングメインで、キャンプはただ寝るだけ、と割り切っていたので、
テントのコンパクト化だけでなく、
その他装備も必要最低限しか持っていきませんでした。
テントがコンパクトになっただけで、積載量に余裕が生まれ、
身も心も軽快になりました。
登山装備ばりの軽量化がこれからクセになりそうです。

ただ、VL14で快適にキャンプツーリングが出来るのは今の時期だけ。
ベンチレーターが、山岳テント特有の吹き流しタイプなので、
いくらドアをメッシュにしたところで、暑い季節に耐えられると思えません。


関連記事


最近の記事