唐松岳~五竜岳縦走

2016年10月13日 19:25



10/10~11に、北アルプスへテントを担いで登ってきました。
降雪や山小屋の営業終了とか考えると、
行くなら今週がもうギリギリでした。
行先は、数年前から何度も計画しては中止を繰り返してきた、
念願の唐松~五竜です。

まずは八方尾根からスタートし、八方池。
強風で波立ってしまい、逆さ白馬三山は見られず。





唐松頂上山荘から唐松岳へ。
無事登頂!





次は、唐松岳から五竜岳へと稜線を進みます。
2つの山の間には、牛首という難所があります。
断崖絶壁の鎖場が連続し、
テン泊装備を担いだ状態ではキビシー!

延々と続く険しいアップダウンの連続、
しかもガスに巻かれ、どこを歩いているのかも分からず、
行き交う人もおらず、孤独と時間との戦い、
泣きたいほど辛かった稜線歩きでした。





なんとか日没までに五竜山荘に到着し、テント泊。
後ろに続くのは、五竜岳への稜線です。





翌朝、雲海に見事なご来光!
でも超~寒い!!
テントも霜だらけでした。





朝一で五竜岳に登頂。
牛首ほどではないですが、鎖場や三点支持箇所が連続する難所です。





五竜岳登頂後、下山開始。
これは五竜山荘裏の小山から見た五竜岳。
威風堂々としてカッコイイ!





下山は遠見尾根ですが、
地図で見る以上にアップダウンのキツイハードルートで、
この尾根をナメていました。

下山開始早々に右ヒザを捻挫してしまい、
足を引きずりながら懸命に下りました。





アルプス平まで下りてきたら、紅葉が見頃でした。
なんとか無事生還できて良かったです。
テン泊フル装備&私のショボイ体力で1泊2日は
ちょっと無理があった計画でした。

以上、とり急ぎダイジェストのレポートでした!
ここに載せきれない絶景の数々や、
山行の詳細は、HPへどうぞ。

実は、下山後エスカルプラザに、
カメラ入りのサコッシュを置いたまま帰ってしまい、
翌日電話して、エスカルプラザさんに発送してもらいました。
おかげで、そのデータで記事を書いています。
エスカルプラザさん、どうもありがとうございました!!

ただ今、捻挫した右ヒザがパンパンに腫れて、
全く曲げ伸ばしが出来ない状態です。
2~3日で歩けるようにならないと仕事が困るなぁ。

白馬から帰ってきた2日後の今日、
北アルプスでは初冠雪だったそうです。
ギリギリセーフ! (;・∀・)


関連記事


最近の記事