ガンダムAGE ガンダムAGE-2ノーマル

2016年10月26日 10:39



今回のガンプラは、ガンダムAGE-2です。
アスノ家3代にわたるガンダムの開発や親子の確執がテーマの作品に出てくる、
2代目、アセムの少年期の機体です。

国民的英雄である父親フリットに対する劣等感で、
卑屈な性格だったアセム君。
お父ちゃんにサポートしてもらいながらも、
彼もまた英雄パイロットに。
しかし成長して結婚し息子誕生後すぐに、戦闘に巻き込まれ行方不明に。
その息子キオがこれまた優秀で、
卑屈なアセムとは似つかぬ明るくて優しいキャラに成長。

実は生きていたアセムが、正体を隠して宇宙海賊として現れるのですが、
フリット爺ちゃん「あれ、たぶんお前のお父さんだぞ。」
キオ「うん、そんな気がした。」
みたいな、とってもあっさりした会話をしてて、
長い間行方不明だったアセムが生きていたというのに、
父親と息子のこの反応の薄さにビックリ!
そして、海賊という身分になっても気にもとめてもらえない、
…嗚呼、なんてぞんざいな存在なんだアセム (´;ω;`)
優秀な父親と子供に嫉妬する、
まるでYAWARA!の猪熊小次郎みたいなキャラだった記憶があります。





おっと、話が長くなりましたが本題。
キャラとしては存在が薄かったアセム君ですが、
乗っていたAGE-2は、個人的に一番カッコ良かったですよ。
というか、AGEの中では、
カッコいいと思った機体はこれしか無いんですよ…。

興味のある人だけ追記をどうぞ。






フリット機のAGE-1は、様々なパーツを換装するだけで、普通のMSでしたが、
AGE-2になると、飛行形態に変形するようになりました。
キオのAGE-3になると、合体変形式に。
ノーマル~Z~ZZの流れを意識している気がします。

そう言えばキャラも、英雄アムロ的なフリット、
根暗なカミーユ風のアセム、
ジュドー…とはちょっとベクトルは違うけど、明るいキオ、
というように、やっぱり意識していたのでは?と勘ぐってしまいます。

AGEは、現代の子供達からガンダムファンを新規開拓しようと、
子供向けに作られたガンダムなので、
今に至るガンダム人気の礎を築いたシリーズだった初代~ZZに対する、
オマージュだったのかもしれません。
ワンピースやゴーカイジャーなど海賊が流行っていた時期だったので、
あざとく海賊を出して子供ウケを狙ったり、
幼稚園児でも作れそうな超優しいガンプラをラインナップしたりと、
色々と努力はしていましたが、
AGEはイマイチ子供達には受け入れられませんでしたね。





AGE-2のリアビュー。
ハイパードッズライフルは、使わない時はお尻にセットできます。
この肩の4枚羽根がカッコいいんですが、
実際の戦闘では、邪魔になってイライラしそうです。
AGE-2はのちに、この4枚羽根の代わりに、
ギャプランのようなバインダーキャノンが換装された、
AGE-2ダブルバレットという機体に進化します。





このキットには、台座が付属しています。
台座の裏には交換手首が収納でき、
飛行形態時に使うジョイントパーツもセットしておけます。
パーツの紛失を防げるナイスアイデア!
アクションベースにも、その機能を付けて下さいよバンダイさん。





AGE-2飛行形態。
デザインがまとまっていてカッコいいですねぇ!
頭がチョコンと残っているのがイマイチですが…。





肩関節のグレー部分が、グレーパーツでなくシールというのが、
残念にもほどがある!
飛行形態でとても目立つ部分なのに、
MS形態でのポージングでこすれる部分だから、
シールがグニャッと拠れちゃうんですよね。





頭ちょこん具合が、Vガンダムっぽいですねw

という事で、AGEで唯一食指が動いた、AGE-2の紹介でした。


関連記事


最近の記事