ガンダムUC リゼル(隊長機)

2017年01月13日 12:02



今回のガンプラは、UCのリゼルです。
しかも、メガビームランチャーを装備した隊長機の方です。
UC率が高いですね~!





あっと言う間に、ハイ、ポーズ。

…実は、このプラモを作ったのは、ユニコーンと同時期くらい。
7年ほど前に発売されるや、すぐに飛びついて作りました。
でも、作っただけで満足しちゃって、
色塗りも変形もさせないまま、放りっぱなしでした。

年末の大掃除で積みプラを整理していたら、
押入れから埃まみれになって出てきたので、
埃を掃除して、ついでに少し色塗り&墨入れをしてあげました。
いやぁ~シビれるカッコ良さですねぇ (*´Д`*)
カッコイイMSが目白押しのUCの中でも、
抜群のカッコ良さです!
しかも、私の大好きな可変MSですからね!

続きは追記にて。




一応、Zガンダムの廉価版として開発されたMSですが、
メタスが流用されており、
そこかしこで、メタスのデザインが主張しています。
メタスも大好きなんですよ (*´ω`*)
あのメタスが、こんなにカッコ良く生まれ変わるなんて!
私にとってガンダム史上屈指の、ドツボにはまるデザインです。





で、なぜそんな大好きリゼルを、
作りっぱなしで放置していたかというと、
このバランスの悪さです…。
リゼルは、ただでさえフニャフニャした関節で倒れやすいのに、
リゼル隊長機のシンボルであるメガビームランチャーが、
更にバランスを悪くさせて、自立させるのも一苦労。





隊長機は、リア周りが特別装備になっています。
いかにも飛行形態に可変しますよ~と主張している、
このホレボレするリアビューは、隊長機ならでは。





HGなので、関節もよく動くのですが、
とにかくアンバランスなので、
ポージングをしててもストレスが溜まります。
アクションベースを使っても、腰上が重くて重くて…。





では、ウェイブライダー形態に変形!
7年の間に、組み換え用パーツを紛失してなくて良かった~
組み換えがややこしくて、
説明書がないとMSに戻す自信がないぞ。





うーん、とってもメタスっぽい!(*゚∀゚*)





見てこのカッコイイリアビュー!





裏側ですら、このカッコ良さ!
これが見えない部分のデザインだなんて、もったいなさ過ぎる!

ちなみに説明書を見ると、このキットには、
アルミシールとは別に、マーキングシールも付属していたようですが、
それを無くしたようです。
ロンドベルや連邦のマークを入れたかったのに、残念。


関連記事


最近の記事