庄内緑地公園のバラ

2010年05月24日 14:09



前記事の続きになりますが、
名古屋市西区の庄内緑地公園の一角には、本格的なバラ園があります。
今まさに見頃を向かえ、バラ園一帯に大輪のバラが咲き乱れています。
バラの鮮やかな色と良い香りに包まれ、心から癒されます。

以下、咲いていたバラの一部です。



 





 


my garden 4/24

2010年04月24日 19:58

4月も下旬だというのに、相変わらず寒くて、
我が家ではコタツとストーブが未だに大活躍です。

我が家のラン達は、まだ寒い3月のうちから、早々に屋外に追放され、
霜が降りる日々が続いても、室内に避難させてもらえず、
連日の冷たい雨でも、強風の中でも、野晒しの放置プレイ。

おぉ可哀想に可哀想に。
ラン虐待だよ (´;ω;`)

そんな過酷な環境と、ズボラな育て主による放置プレイにもへこたれず、
ベランダのラン達は健気に咲いていました。



毎年毎年、ホントよく咲いて、感心すらしてしまう、アイスカスケード。
今年あがった花芽は5本で、これでも少ないほう。



今年もデンドロ・キンギアナムがワッサワサに咲きました。
キンギアナムは丈夫過ぎて、失敗する気にもならない!

それに引きかえ、ここ数年ノビル系デンドロがどれも巧く咲きません。
咲くには咲くのですが、花数が少ないです。
高芽ばっかり出るので、施肥を抑えているのがいけないのか、水遣りが足りてないのか、
年々バルブが痩せていく一方です。
ノビル系は特に好きなランだし、以前はよく咲かせていたのに、自信喪失… (´;ω;`)



で、寂しくなった手持ちのノビル系に、新顔を追加。
この前のフラワードームで、スプリングバードを買いました。
すっごく甘く香ります。
咲き始めは淡い白で、ピンクの差し色が入ります。
日が経つにつれ、だんだん花が黄色くなり、ピンクも濃くなります。
来年も咲いてね (´;ω;`)



白というか、黄色というか、グリーンもかかったような、
こういう色が好きです (*´∀`*)



ラッキーレインボーが珍しく開花。
これ咲くの、何年ぶりだろう。
場所をとるクセに、あまりにも咲かないから、
ヽ(`Д´)ノ <「咲かぬなら捨ててしまえラッキーレインボー!」という心境でしたが、
そんな私の殺気を察知したのか、一本だけ花芽を上げました。

これはたぶん、手持ちのランで一番古いランです。
もう10年くらい育てていて、もう銘札もどっかいっちゃって、品種忘れちゃった。
久しぶりにエグいピンクのシンビを見ると、これもまた綺麗だわ。



実母が、株分けしていっぱいあるからあげる、と、セロジネをくれました。
親株だから咲かないかも、と言ってましたが、2本花芽があがって咲きました。

セロジネは色や姿の種類が乏しくて、
あんまり面白くないから興味外だったんだけど、意外と綺麗だね。
問題は夏越し。
私はこういうバルブのランって、育てるのヘタなのよ… (;´Д`)

と、とにかく頑張って夏越しさせてみよう!

フラワードーム2010 特別展示&ディスプレイ編

2010年03月23日 10:27

ひっぱり過ぎだよフラワードームネタ (;´Д`)
ラストは、肝心のイベント内容。



今回の目玉イベント、新種のフラグミペディウム・コバチーの特別展示。
パフィオに似たランで、リップの形が特徴的で配色も素晴らしいです。
展示ブースの行列に並んだのに、
中に入ってみれば、開花期が合わずに花が咲いた後の株が飾ってあっただけ (´;ω;`)
実物がないんなら、並ぶ前に言って下さいな…。
悔しいので、飾ってあった写真パネルを拝借。



特別展示その2、多葉性クローバーの展示。
4つ葉どころか、5つ葉~8つ葉なんてのも。
多葉性を見つけると幸せを呼ぶそうで、
幸せを求めるオバチャン達が、大挙して押し寄せ、
かぶりついてブースを占拠してクローバー探しに夢中。
私はその隙間からケータイ突っ込んで写真を撮るのが精一杯。
幸せってなんだっけなんだっけ (´;ω;`)



特別展示その3、南半球のワイルドフラワー。
主にオーストラリアのワイルドフラワーの紹介です。
カンガルーポーだの、エリカだの、ギョリュウバイだの、
フランネルフラワーだの、カスケードフラワーだの、
私がことごとく失敗している、苦手な花ばかり。
みんな変わってて面白い花なんだけど、どれも育てにくくてすぐ枯れてイラッとします。



特別展示その4、宝塚歌劇団のベルサイユのバラの舞台衣装展示。



会場の大半を占めるのは、自治体や生産業者によるディスプレイコンテスト。
オーキッドディスプレイと、フラワーディスプレイがあります。



ディスプレイのひとつ、花の万華鏡。
綺麗だし、アイデアがいい。



他にも、生産業者の品評会、いけばな、押し花、
テーブルコーディネート、ハンギングバスケットコンテスト、絵画など、
花に関する色々なコンテスト出品作品が展示されています。



色々な花が綺麗にディスプレイされていて、目の保養になります。
第一、コストが高くて、個人でこんなに花を集める気にならないもんね。

以下は、単色で綺麗だったもの。













寄せ植えや生け花など、あんまりゴチャゴチャと花色を混ぜるより、
同一系色プラス緑くらいが、目にうるさくなくて個人的に好きです。

さて、目も保養できたし、ガーデニングのモチベーションも上がったし、
目をそむけ続けていた我が家のベランダガーデンの草取りでもしようかの (;´Д`)

フラワードーム2010 バラ編

2010年03月19日 20:05

引き続き、フラワードーム2010より。
バラ三昧です。

















綺麗なバラだらけで、もう (*゚∀゚) =3 むっは~!
一杯写真を撮ったけど、キリがないのでこれだけにしておきます…。

バラで一杯になっちゃったので、他の花や展示は次の記事にて。
まだまだ続く (;´Д`)

フラワードーム2010 ラン編

2010年03月19日 18:46

3/12~17日にナゴヤドームで開催されたフラワードーム2010(あいち花フェスタ・名古屋国際蘭展)に、
今年も行ってきましたよ。
ちなみにフラワードーム2009の記事はこちら。

今年も珍しくて高価なランをたっぷり堪能。
デジカメを持っていかなかったので、ケータイのカメラで撮ったけど、
ピントが甘いものの、けっこう綺麗に撮れたと思います。

ただの展示ランの写真UPのみで、品種だの説明だのは割愛。
カトレアやパフィオやリカステが多かったけど、
そういう一輪豪華主義のランはあまり好きじゃないので、
どうしてもデンドロやシンビばかりに目がいってしまいます。







 

 

 

 



バラや、他の花や、展示は、次の記事にて。

my garden 2/23

2010年02月23日 11:13



我が家のレンテンローズが、ニョキニョキと花をもたげ始めました。
もう春ですなぁ。



ランも咲き始めました。
まずは、1本だけ花芽が上がった紫香蘭が咲きました。
名前の通り、キョーレツな芳香がします。
なんというか、昭和のオバチャンの化粧品の匂い…。



名無しのミニカトレアも咲きました。
これは、二年に一度くらいに思いついたように咲く、よくわからん花。



星美人(後ろのプリプリした葉の多肉植物)の花。
ビローンと花茎を伸ばし、1~2輪づつ咲いていきます。



ビミョー耐寒植物のひとつ、金の成る木。
こんな大株なのに、なんで少ししか花が咲かないんだよう!
毎年、株が大きくなるばかりで、
肝心の花は、まばらにしか咲いてくれません。

人の丈ほどの大株の金の成る木に、毎年ビッシリ花を咲かせる実母いわく、
金の成る木は、肥料や水をやり過ぎると咲かないとのこと。
去年はそれを聞いて、施肥は1~2回だけ、水も控えめにしてみたのに、この結果。

金の成る木だけに、この花が咲かないと、今年も一年間貧乏か…とヘコみます。
貧乏人だから咲いてくれないのか、花が咲かせられないから貧乏人なのか。



金の成る木がちょっとしか咲かせられなくて悔しいので、
吉祥草(きちじょうそう)という花をゲット。
この花が咲くと良い事があるんだそうです。
咲くもなにも、もう咲いてるのを買ってきました。
売れ残りのオツトメ品だったので、もう花が枯れかけです…。

ハッピー (屮゚Д゚)屮 カモォォォン!



最後に、在りし日のジョローさん。
年明けまで元気に営巣していたジョローさんでしたが、2月になったある日、
ベランダに出たら、落ちて、真っ白になってお亡くなりになっていました…。
飢えたのか、凍みたのか、寿命だったのか。

ジョローさんは、坪庭に埋葬しました。
ジョローよ、土に還り、実となれ花となれ!

my garden 1/15

2010年01月15日 05:53




冬将軍様が、バカンスで日本に長期滞在中。
日本全国で寒波と降雪が続いています。

13日は、朝から昼にかけて激しく雪が降り、少し積雪しました。
1月になってまだ2週間。
このたった2週間の間に、名古屋で3度目の降雪。

去年の秋は、カメムシが大量発生しました。
カメムシが多い年は雪も多いという言い伝えがありますが、
最新技術を駆使した日本の気象予報では、暖冬。
果たして、ハイテク vs 言い伝えの結果は。

1月は豪雪、2月は暖冬となって、どちらの予想も正解という私の予想。

 

白馬で、ケタ違いのスケールの雪景色を見ても、
名古屋で積雪、となると、やっぱり感動が違うのです。



我が家のブルーベリーの木は、今が紅葉真っ盛りです。
真っ赤な葉の上にも、雪。

13日の天気予報は、晴れ時々曇りだったので、寝耳に水の雪でした。
14日の天気予報は、雪。
天気予報で、再三に寒波と雪に対する注意を呼びかけていたのに、
14日当日の天気は、拍子抜けの晴れ。
気象庁を弄ぶなんて、まだまだ余裕じゃん冬将軍様。
でも、雪は降らなかったものの、ガチでシャレにならないほどの寒さでした。

正月スキーで留守にする時、一斉に室内に避難させたビニール温室組の植物達。
それから、一度も屋外に出していません。
水遣りしたいんだけど、寒くて外に出す気になれない…。
ベランダで、空になった温室が虚しく立ち続けています。

my garden 12/26

2009年12月26日 18:26

ビニール温室導入以来、
毎日毎日、重い鉢植え達を、せっせと温室の外へ中へと避難させてますよ。
植物が煮えるか凍みるかの、極限の環境。
コタツムリの私でも、さすがにマメにならざるをえません…。



寒波が来て、連日氷点下の日々が続きました。
温室内も、もちろん氷点下。
それでも、微妙耐寒植物たちを意地でも室内に入れず、温室内で粘ります。
ついに雪も降りましたが、しっかり温室が雪から植物をガードしてくれました。
微妙耐寒植物たちは、毎日サウナと氷点下の瀬戸際をさ迷いつつも、
とりあえず元気に越冬中。
それより、夫が誘引してくれた時計草の支柱が傾いてきたぞ…。



クリスマス仕様の寄せ植えを作ろうと、
何種類かポット苗を買ってきていたのに、
植えるのが面倒くさくて放置しているうちに、
クリスマスが終わっちゃったーい ヽ(;´Д`)ノ

お正月仕様の寄せ植えは、なおざりには出来ません。
毎年、縁起が良い植物を寄せ植えて、我が家の玄関の門松代わりにして、
ささやかな縁起を担いでいます。

強靭な生命力の、竹。
難を転ずる、南天。
常緑が永遠を象徴する、松。
苔むすほどの平穏を願って、苔。
葉牡丹は好きじゃないけど、正月にはかかせないのでとりあえず。
ちなみに、寄せ植えのバックの赤い植物はポインセチア。

竹は、去年の正月の寄せ植えの生き残りです。
竹は今のところ、冬で葉が殆ど無い寂しい状態ですが、
地下茎にはいっぱい新芽が付いていて、春になるとプチ竹林になります。
苔も、ベランダで勝手に育ったモノを貼り付けただけ。



シャコバサボテンも、わさわさに咲いています。
このシャコバ、実母から挿芽を少し貰って育て始めたモノですが、
数年でこんなに大株になりました。



最後に。
ベランダの住人ジョローは今日も元気です。


最近の記事