IUkeプチ改造

2016年04月21日 23:05



サイズと見た目と音色はカワイイのに、
あまりの弾きにくさに、戦力外通告せざるをえないピッコロウクレレ「IUke」
標準装備の弦が、ナイルガット弦という名の通り、
バドミントンのラケットのガットのような硬い弦で弾きにくいんですよ。

で、買っていきなり1弦が切れちゃったので、
それ以来、1弦にはフロロカーボン製のハリス4号を代替えで張っていますが、
これが柔らかくてイイ感じなので、
2~4弦もフロロカーボンハリスに交換しちゃいました。

1弦と4弦はハリス4号、
2弦と3弦はこの前FS-1用に買った14号を張ってみました。
ピンピン!とクリアで攻撃的な音になっちゃいましたが、よく鳴ります。
なにより、タッチが柔らかくなって指が痛くないのが嬉しいです。





弦が柔らかくなっても、ナットが高いせいか、どうしても1fが巧く鳴りません。
そこで、ナットの溝を削って、弦高を下げてみました。
使ったのは、百円ショップの爪ヤスリ (;´∀`)

弦高を下げたら、1fセーハ系のコードもちゃんと鳴るようになりました。
これで、かなりマシなウクレレになったのですが、
ネックが細くて指が窮屈な事は改善のしようがありません…。
あと、微妙なチューニングがやりにくくて、とっても面倒くさいです。
そのくせ、すぐ音が狂います。
どうやらペグが、ブッシュごとじわじわ動いているみたい。
ああもう、嫌になるほど低クオリティ (´・ω・`)

いっそペグをギアペグに交換したいけど、
このペグ配置では、普通の横出しギアペグを取付るのはたぶん無理。
GOTOHのUPTなら取付可能でしょうが、
こんなオモチャウクレレに最高級ペグを付けるほど酔狂ではありません。

FS-1にギアペグを装備して、FS-1から外したペグをIUkeに移植してみようかな。
果たしてIUkeの小さなヘッドにFS-1のペグが収まるかな?


Low-G弦

2016年03月18日 15:22



FS-1にLowG弦を張ってみました。
普通の弦と同じように、結び目をブリッジに引っ掛けただけですが、
これでいいのかな?

これで3弦Cより低い低音が出るようになり、
LowG用TAB譜も弾けるようになりました。
でも、ボヨンボヨンしたベースのような音で、
他の1~3弦の音色とのギャップが気になります。
ギターっぽい和音になり、ウクレレの魅力が半減するなぁ。

LowG&ローコードの方が、そりゃソロ弾きが楽ですが、
ハイポジションコードを覚える&弾けるようになる方が将来性があります。
セーハしっぱなしは疲れるし、
高音域はまだイイ音が出せないですが、
ハイフレットを使いこなせるように精進します。
せっかく17fもあるFSM-1を買ったんだしね。

FSM-1をメインのHiG機にして、
FS-1は当分の間、LowGのまま様子を見ることにします。





ハワイアンソングのサークルも続けています。
3/13に、某ライブでハワイアンを少し歌わせてもらいました。
4月にも出演予定があります。
どうか失敗しませんように (><; )


FSM‐1 弦交換

2016年01月29日 09:25



前回、新しいウクレレを購入したと報告しましたが、
このウクレレ、買った時から音がおかしかったです。
2弦だけ、3フレット目ですでにチューナーの目盛が+50セントをふりきるほど、
音が狂っています。
とりあえず、弦を交換してみることに。

FSM‐1には標準でブラックナイロン弦が張ってありますが、
2弦3弦だけフロロカーボン弦に交換。
初めてのブリッジ巻き付け作業でしたが、
結び玉引っ掛けより楽で安全で、やはりこのタイプを選んで良かったです。

弦を交換したら、ちゃんと音が合うようになりました。
たぶん、ナットの溝の切り方が細く、
太いブラックナイロン弦が、溝にはまっていなかったのが原因だったと思います。

どちらにせよ、この太いナイロン弦が弾きにくくて苦手だったので、
細くて柔らかいフロロ弦に変えたおかげで抜群に弾きやすくなりました。
ちなみに今回張ったのは、ハリスでなく、
市販のちゃんとしたウクレレ弦ですよ (;´∀`)
未交換の1弦4弦は、耐えられる太さなので、
張り替えずに劣化するまで使い切ります。

弦交換で治らなかった場合、ショップに調整依頼を覚悟していましたが、
この程度で直って良かったですわ。
音色も響きも甘く美しく、弾いていて気持ち良いです。
ギアペグのおかげでチューニングが凄く楽になり、練習が捗ります。


famous FSM-1

2015年10月28日 18:00



10月は私の誕生月です。
で、自分へのプレゼントと称して、買っちゃったよ新しいウクレレを…。

FS-1からのステップアップで、次のモデルに求めた条件は、
●ギアペグ(フリクションペグは微調整するのが疲れる。)
●弦巻きつけタイプのブリッジ(引っ掛けタイプでブリッジの溝を壊しかけたので。)
●ソロも練習するようになったので、もう少しフレット数が欲しい。
●単板というのを弾いてみたい。

という事で選んだのは、フェイマスのFSM-1です。
単板マホガニーの14fジョイント17fのソプラノです。

実は、FS-1のブリッジから弦の結び玉が外れて溝が壊れそうになった時、
もし溝がダメになったら、FS-1を修理に出している間サークルに行けな
いと焦って、
8月にはもう代替器としてFSM-1を買ってあったのです。

でも、新しいウクレレを家族に見せたら、
ろくに弾けないクセにまた無駄遣いを…と、ゼッタイ冷たい目で見られるので、
今まで隠しており、あまり触っていませんでした。
でももう解禁してやる!ハッピーバースディ私!





FS-1と比べた、FSM-1の感想。
同じソプラノ同士で、全長も同じですが、
フレット数が多い分FSM-1の方が少しネックが長く、ボディは少しだけ小さめ。
FSM-1はテカテカのグロスフィニッシュで、高級感があります。
でも、マットなFS-1に慣れているので、まだ違和感。

オマケでスクラッチガード(ただの透明フィルムシール)をもらったのですが、
貼る前にちょっと弾いただけで、もうストロークの爪痕が付いてしまいました。
ちょっとガッカリしましたが、
この前、東海ラジオ感謝祭でパッパラー河合さんのギタープレイを見た時、
ストロークで穴が空くほど掘れた彼のギターのボディを見て、
こんな小さいキズで悩むなんて、私はなんと愚かな初心者なんだ!
私もボディに穴が空くほど練習してやる!と吹っ切れました。

FSM-1は標準でブラックナイロン弦が張ってあり、
細いフロロ弦に慣れてしまった私には、この弦は太くて弾きにくいです。

FSM-1は、FS-1に比べて野太く、ギターっぽい音色です。
FS-1は頑張って弾き育てた、愛おしい乾いた音色です。
単板だとか合板だとか、私には違いがよく分らん (;´Д`)
どちらも私には良い音だ!

どちらも、これからも弦を換えたり、弾きこんで、
音の変わりを楽しんでいきたいと思います。





ついに私も、ウクレレで川の字。
ソプラノ・コンサート・テナーを並べるのが一般的なウクレレ川の字なのでしょうが、
私はピッコロ・ソプラノ・ソプラノというミニマム川の字です。

家では3台をとっかえひっかえしながら練習しますが、
サークルに持っていくのは、当分はFS-1です。
先生から買ったウクレレだから、先生から習う時はFS-1を使いたいです。





で、今やすっかりハリス弦の実験台となってしまったFS-1 (;´Д`)
相変わらずブリッジ溝に不安はありますが、
いつか溝を広げてLowGモデルにしてもいいかな。

前回、ナイロンの銀鱗ではダメだと断言し、
12号フロロハリスを探しに釣り具屋をのぞいたら、
14号フロロハリスが特価で売っていたので、つい買ってしまいました。

14号(0.62mm)は、どう考えても太いのですが、
1弦と4弦に張ってみました。
…まぁ、太さは実感せず、銀鱗よりは安定して弾けています。
とりあえず、4弦全て再びフロロカーボンになったので満足です。

でも、前記事で述べたように、
2弦3弦サイズのハリスを買うのは割に合わないので、
2弦3弦の交換は市販のウクレレ弦、
すぐ悪くなる1弦4弦だけ、ハリスで賄うようにしようと思います。


ウクレレ弦を釣糸で代用

2015年09月08日 18:33



屋内でクーラー浴をしながら、気ままにウクレレを弾いて猛暑を乗り越えましたよ。
やっと涼しくなってきたので、弦を緩めて、ウクレレの指板を専用オイルで掃除。

5月に、フロロカーボン弦に交換しました。
これで1年は交換しなくて済むかな?などと書きましたが、
あれから3ヶ月しか経ってなのに、もう1弦と4弦がボロボロです。
弦裏にフレット跡が付き、そこからどんどんササクレて裂けてきました。
フロロはナイロンより硬くて丈夫そうに思ったのですが、おかしいなぁ。

先生いわく、すぐ弦がダメになるのは、
よほど弾き込んでいるか、指圧が高いか、との事。
たしかによく練習したし、むちゃくちゃ力を入れて弦を押さえるクセがあります…。





実は、フロロ弦に交換してから、4弦がブリッジから外れる事が2回ありました。
私が使っているフェイマスFS-1は、ブリッジの溝に弦の結び玉を引っ掛けるタイプです。

5~6重に結んで巨大な玉を作って溝に引っ掛けたものの、
ペグで弦の伸びを巻き取ってゆくに従い、結び玉が締め上げられてどんどん小さくなり、
溝から外れてしまったのです。
しかも外れる時、かなりのテンションで外れるので、
その衝撃でブリッジの溝が痛んできました。
玉が縮んで抜けて溝から外れ、溝を痛めるのは、
初心者がよくやるミスらしいです。
交換したフロロ弦が、標準装備のナイロン弦より硬くて細かったのも一因でしょう。





また玉が外れたら、今度こそ溝が壊れる…とハラハラしながらも、
3ヶ月弾いてきました。

で、今回、弦を交換するために外そうとしたら、
1弦と4弦の玉が、完全に溝に食い込んでしまい、全く外れません。
針やカッターで外そうとしてもビクともせず、
かといって目打ちで強引に外そうとすると、
ただでさえヤワなブリッジの溝を壊しそうです。
仕方なく、溝に玉を残したまま古い弦を切り落とし、
新しい弦を張りました。





2弦と3弦は悪くなっていないので、
換えたのは1弦と4弦だけです。

新しい弦に張り替えたと言っても、ウクレレ専用弦ではありません。
以前から目論んでいた、ハリス(釣糸)を弦の代わりに張ってみたのです。
でた!禁断の奥儀!

ブリッジをいたわる為に、
硬いフロロでなく、柔らかいナイロンハリスでトライしてみました。
使ったのは、安価ハリスの代名詞!釣り人におなじみの、「銀鱗」ですw
1弦も4弦も、どちらも12号を張ってみました。

とりあえず1週間ほど弾きこんで、伸びを安定させてみましたが、
うーむ、普通にコード弾きする分には問題ありません。
でも、ソロ弾きで単音を奏でると多少のビビリが露呈します。
まぁ、1・4弦がナイロン、2・3弦がフロロという状態なので、
バランスが悪いのかも。
しばらくはこれで様子見します。

先生や仲間には、
弦の代わりに釣糸を張っているなんて、とても言えません (;´∀`)
さて、このままバレずに乗り切れるかな?

今回は換えませんでしたが、
一応、2・3弦で使えそうな20号サイズのハリスも確保してあります。
船釣りをする夫の知人さんから少し分けていただきました。
だいたい、20号なんて太いハリスは、
船で大物でも狙わない限り需要がないマイナーサイズです。
しかも巻き量が多く、ウクレレで消費できる量ではありません。
ナイロンならまだしも、フロロカーボンだと、かなり値段も高くなります。
2・3弦のハリス化は、
よっぽど弦を消費して、よっぽどケチな人でない限り、現実的じゃないかも。

ちなみに以前、
I uke(ピッコロウクレレ)の切れた1弦の代わりにハリスを代用した記事を書きました。
あれから、フロロ製ハリスの1弦も、弾いていて2度切れました。
専用弦にしろフロロハリスにしろ、あれだけ細いと耐久性ないのかな。
それとも私の弾く力が強すぎるのかな (´・ω・`)

9/19追記。
涼しくなり、めっきり秋の気配です。
それに合わせて、銀鱗弦が狂いまくりです。
涼しいので、一日でナイロンが縮んで、ずいぶんと音が高くなってしまいます。
で、弾くにつれ、どんどん伸びて音が低くなっていきます。
で、次の日にはまた縮みまくり、のくり返しです。

うーむ、さすがに安物ナイロンの銀鱗では安定が悪いです。
やっぱり、フロロハリスを買ってみるか…。


ピッコロウクレレ

2015年06月06日 19:57



興味本位で買ってみました。
さて、なんでしょう。
しゃもじじゃないよ (;´∀`)





何を買ったかというと、ピッコロウクレレというものです。
巷には、ベビーウクレレだの、ミニウクレレだの、ポケットウクレレだの、
色々な名称でソプラノより小さいサイズのウクレレが存在しますが、
このピッコロウクレレはその中でも、群を抜いたコンパクトっぷりです。
ウクレレで一番小さいソプラノと並べても、こんなに小さい!そして薄い!

これが他のウクレレと違うのは、
専用弦を用いて、音が1オクターブ高いチューニング設定になっていること。
12フレットでカポして弾いている音と同じです。
だからピンピンと言う、まさにノミが跳ねるようなカン高い音色です。





ボディは、トップがシダー、サイド&バックがマホガニーです。
ナチュラルカラーモデルを選んだら、木目がいかにもな杉板で、
赤福餅の箱のフタを連想します…。

弦は、AquilaのIuke専用ナイルガット弦。
普通の弦より細い作りです。
その中の一番細い1弦が、
なんと、最初のチューニング段階でいきなり切れた! (;´Д`)

いきなり弦交換作業とはトホホ。
調べたらIuke専用弦は1500円もします。
そんな高価な弦、しょっちゅう買いたくないぞ~





そこで以前思いついた、釣糸を代用する裏技の実践です。
夫の釣り道具の中から、5号のハリスを拝借。
この5号では、切れた1弦より細いですが、
フロロ製なので、簡単に切れることはないでしょう。

さっそく1弦に張ってチューニング。
なんの違和感もなく、普通に音が鳴ります。
ふははは!どうだ!切れるモンなら切れてみろ!
ひと巻200mもあるから、交換したい放題だぞ!
いつか全部の弦をハリスに交換してやる!

・・・で、肝心の使用感ですが、
まさに蚊のなくような音色で、大きく鳴らないです。
ボディが小さ過ぎて、どうホールドしていいか戸惑います。
弦の幅もフレット間隔も狭いので、指が窮屈でこんがらがります。
余計な弦に触らないよう運指に気を使い、イライラ棒でもやっているようなハラハラ気分です。
ナットに近い1Fの音が出にくく、1FをセーハするB♭系なんてスカスカした音しか出ません。

とまぁ、このウクレレを弾きこなせるようになるのは至難の技ですが、
メリットは、幅のあるコード(EとかA♭mとか)を押さえるのが楽なこと…くらいかな。
せっかくなので、もうちょっと良い音が鳴らせるよう、しばらく精進してみます。


↓この模範演奏を見れば分かる、その笑っちゃうほどのミニマム感!
そして、玄人でも苦戦する弾きにくさ!






ナゴヤハワイフェスティバル2015

2015年06月02日 10:04

5/29・30・31にかけて、名古屋・栄で、
ナゴヤハワイフェスティバルが開催されました。
都合がつかなくて、31日の午後2時間だけしか時間が取れませんでしたが、
私も少しだけハワイの雰囲気を体感してきました。





メイン会場は、オアシス21・もちの木広場・テレビ塔下の3箇所で、
3日間ずっとイベントが行われていました。
その3会場を繋ぐエリア一帯に、ハワイアンな出店が並んでいました。

まずオアシス21会場をのぞいてみました。
すっごい人だかりです・・・。
フラが綺麗でずっと見ていたかったのですが、時間がないので、次の会場へ。





もちの木広場のステージでも、フラが演じられていました。
こちらも、スゴイ人だかりです。
こちらの会場は、この地域のフラチームの発表イベントだったようです。
こちらも素晴らしく、ずっと見ていたかったのですが、時間が足りないよぅ。

それにしても、
私もフラ習いたいなぁ、とか、このハワイアンの曲名なんだろう、弾きたいなぁ、
…なーんて、今まで全く興味のなかったハワイ文化に興味を持つ日がくるとは、
ハワイアンイベントを見に、わざわざ栄まで足を運ぶようになるとは、
自分でもビックリです。
そのうちハワイ旅行へ!…とは、さすがにそこまで思いませんがね。





テレビ塔の真下では、ウクレレやギターによるハワイアン演奏が行われていました。
みんな有名な奏者さんなのでしょうが、
普段聞いている先生のウクレレや歌声が素晴らしいので、
それに比べると見劣りしてしまいます。
改めて先生のスゴさを実感しました。

あとは出店を回って色々と物色し、物欲と格闘し、
なんとか服一着だけに出費を抑え、急いで帰ってきました。
2時間しかなかったので、駆け足でしか見られなかったのが残念でしたが、
来年もぜひ見に行きたいと思います。


ウクレレ弦交換

2015年05月19日 15:40

相変わらず、ウクレレをコソ錬しています。
しかし最近、どんなにチューニングしてもすぐに音が狂ってしまうので、
初めて弦の交換をしてみました。

ナイロン弦だと、半年くらいのスパンで交換するものだと知りました。
ウクレレを買って早や2年、一度も弦を交換していなければ、
そりゃチューニングも合わないはずです。





教本にしたがって、ビビリながら張り替えてみました。
意外と簡単だったので、次回からは臆せず張れるでしょう。

今回は、ナイロンより丈夫で鳴りの強いフロロカーボン弦にしました。
で、張ってて思ったのですが、
実はウクレレ弦って、材質といい太さといい、釣糸と変わらないのでは?

ネットで調べたら、意外と釣糸を弦に応用している情報がたくさんヒットしまして、
次の弦の交換時には、釣糸で試してみようと画策しております。

ちなみに、ナイロン弦の時はポロロンというカワイイ音色だったウクレレですが、
フロロ弦に変えたら、パンパンというしっかりした音色に変わりました。
フロロの弾けるような音も良いですが、ナイロンのコロコロした音も良かったし、
これから弦の材質や太さを変えて、色々試して楽しみたいです。
ただフロロ弦は硬くて、そう簡単にはワヤにならない感じなので、
次の交換時期は1年後くらい?




最近の記事