'15-16シーズン8日目 きそふくしまスキー場

2016年03月04日 10:15



懸賞できそふくしまスキー場のリフト券が当たったので、
3/2に一人で木曽福島まで遠征してきました。

am4時前に出発、雪が降る愛知を発ち、R19をミッドナイトドライブ。
木曽に近づくにつれどんどん冷え込み、-10度。
幸いドライな路面状態のまま、きそふくしまスキー場に7時頃到着。
8時半のオープンまでシュラフにくるまって仮眠しました。





ブッシュと風紋がまるで中田島砂丘のような風景の、シークレットA。
雪不足の為、スカイラインとシークレットC方面は滑走不可です。
シークレットBも数日前までクローズでした。
AにもBにも、今期は積雪が浅すぎてコブが設けられていません。

寒い!やっぱり木曽は寒いなぁ!
強風のため、爆速が売りのクワッドもこの日は減速運転でツライです。
リフト上で身を縮めて極寒に耐えます。





滑っても止まってしまうほどの向かい風の威力。
あまりの寒さに心が折れて、
レストラン白山に避難しホット缶で指を温めます。
その後覚悟を決めて数本滑るものの、
再び心が折れて、センターハウスまで降りてきてストーブに張り付きます。
きそふくのこの昭和レトロな雰囲気は貴重です。





シークレットBが再オープンしたから、
わざわざきそふくまで来る気になったものの、
シークレットA&Bを流すだけでは飽きてしまい、半日も持ちません。
そこで、暇つぶしにSAJのバッジテストを受けてみようと思い立ちました。
きそふくしまは、週末だけでなく水曜日にも級別テストを実施しているので、
それに合わせて来たのです。

朝イチでスキースクールへ行って、2級バッジテストを申し込みました。
受付は朝早いですが、検定は午後からです。

午前の事前講習を受講するかどうか聞かれ、
面倒くさいので断りましたが、
私以外の受検者はみんな事前講習を受けたようです。
午前中、ゼッケンを付けた受検者が、
講習を受けているのをリフトの上から見ながら、
もしかしてちゃんと講習受けた方が良かったのかな、
受けないと心象悪かったかな、
でも講習と検定で1日拘束されるの嫌だし…とモヤモヤ。

せめて自主練でもやろう、と思うものの、
バッジテストでどんな滑りを要求されるのか、
そもそも普段、自分がどんな滑りをしているのかも分からないので、
なにをどう練習すればいいのか分かりません。
とりあえず、検定の舞台となるシークレットBを滑って、
斜面に慣れておくくらいの事しかできません。





独りスキーでのお楽しみ、久々のゲレ飯!
レストラン白山で山賊焼定食をいただきました。
初めて信州名物の山賊焼きを食べましたが、
美味しかったです。

ダイナランドや八方尾根みたいなリア充だらけのレストランで、
一人ゲレ飯はハードルが高いですが、
平日のスキー場で地元のおっさんスキーヤーに交じって、
のんびり食べるゲレ飯は情緒あっていいもんです。





さて、山賊焼で活力を養い、
午後から初めての検定に挑みます。
シークレットBはカリッカリで、
絶好のカービングバーンです。
パラレル大回り、パラレル小回りの順で検定が進み、
問題の3種目目、シュテムターン。
…シュテムターンってなんだよ (´д`|||)

なんとなく、「外足ハの字でターンきっかけを作り、
内足を引付けながらターン」みたいなイメージはありますが、
全く自信がありません。
幸い、シュテム滑走時の順番は私が一番最後だったので、
検定員の見本と他の受検者の滑りを観察し、
それっぽく滑ってお茶を濁しました。

1時間ほどで検定は終わり、
合否発表の時間までシークレットBを滑って暇つぶし。
午後になって風が少し収まり、暖かくなりましたが、
気温は0℃を越えることなく、小雪がずっとチラついていました。

15時にスキースクールへ行き、張り出されていた合否発表を見てみたら…

大回り64、小回り65、シュテム64、193点で不合格!
2級なら普通に滑るだけで受かるだろ、と軽い気持ちで受けてみたら、
ナメんなよと蹴落とされましたww
でも、検定の雰囲気を味わえたのは良い経験でした。
また来年、リベンジするかも。

スキーは物足りなかったですが、
久々にドライブして楽しかったです。
すんきを買うのを楽しみに道の駅大桑に寄ったら、売り切れてた…
野沢菜と五一ワインをお土産に買って、19時頃帰宅しました。


'15-16シーズン6・7日目 ダイナランド

2016年03月01日 19:15



インフルエンザでパンデミックだった前回から仕切り直し、
再びダイナランドです。
痩せていく一方の積雪量に毎日ヤキモキして過ごしていましたが、
前日にまとまった降雪があり、20㎝ほどの新雪バーン!

朝のうちは晴れ間もあり、暖かくなりそうな感じだったのですが…





10時くらいから雪が降り始め、気温も上がらず寒い!
モーグルコースも、新雪が早々に掃けてしまいカリッカリ。
テンションダダ下がりで、昼食後に昼寝。
…最近、コブの滑れなさにメゲて昼寝する事が多くなってきました。





結局、一日中雪が止むことがありませんでした。
ガスで視界も悪かったです。





車中泊して2日目。
昨日とうって変わり、朝から良い天気です。
しかも雪はあれから夜も降り続き、
なんと2日連続の新雪とあって、駐車場は早々にパーブ下まで満車、
アルファも朝から激混みです。





新雪は新たに10㎝くらい。
コース脇でパッフンパッフンして楽しみます。
スキー場が雪不足にあえぐ今シーズンですが、
我が家の滑走日は、意外と冬将軍様がやる気を出してくれた日に当たっています。





しかしさすがに2月最終週、晴れれば気温がウナギ登り。
せっかくの新雪もドロドロです。

昨日はカッチカチだったモーグルコースも、
デロンデロンに緩みきっています。
やっとヘタレに優しいコブシーズンの到来、
頑張ってシャバシャバと滑ります。





コブが緩いとあって滑る人も多く、
レーンが渋滞するほど大盛況でした。
インフルエンザ明けで体が鈍りきっており、
バテバテで全然滑走距離が伸びません…

久々に全力で滑って筋肉痛になり、心身共にスッキリしました。
そして、いよいよ3月ですよ。
春スキーに突入ですよ。
なんとか3月末まで雪が持つ事を願います。


'15-16シーズン5日目 ダイナランド

2016年02月10日 11:55



先週の尋常でない雪の減りっぷりに焦り、
なんと3週連続のダイナランドです。
夜に予想外の降雪があり、圧雪の上に10~20cmの新雪が積もっていますが、
下地は凶器なほどカリカリです。





いつものようにモーグルコースへ。
あのヘタクソまた来てる、と常連さんに言われてそう (;´∀`)

いつもなら、ある程度ラインが掘れると、
ディガーさんの一声でみんなで一斉にデラかけするのですが、
この日はディガーさんがおらず、誰もデラかけをしません。
新雪どこ行っちゃったの?と泣けるくらい、掘れまくってカッチカチコブ。
転んで尻を打つと、痛さで涙がほとばしります。

長男が発熱で戦線離脱、
次男が転んで手を捻挫して戦線離脱、
私はカリコブに心も体も打ちのめされて、メゲて昼食後にふて寝。





14時頃にモーグルに戻りましたが、もう気温が冷えてきて、
一層カチカチコブになっており、滑れる気がしないので、
コブを諦めて、夫と高鷲SPへ遠征。

チャンピオンクワッド沿いに、ラインコブが掘ってありました。
ダイナのスカAのコブよりは綺麗だし土も出ていないのですが、
こちらもカッチカチ&落とし穴状態で、とても無理でした。
でも、ベータの近くにコブがある事が分かったので、
クサレ雪の頃にまた来てみようと思いました。

1泊2日の予定でしたが、1日で切り上げて帰ってきました。
発熱した長男は診断の結果、インフルエンザ。
その数日後、次男と夫もインフルエンザ発症。

私は青アザだらけになりましたが、いたって元気です (;^ω^)


'15-16シーズン3・4日目 ダイナランド

2016年02月02日 16:36



先週あれほど上質な大雪がもたらされたので、
融ける前に楽しまなければ!と言うことで、
今週末もダイナランドです。

先週は最高でも-5℃くらいしか上がらなくて気が遠くなりそうな寒波でしたが、
今週は残念ながら、昨日から雨がどしゃ降り。

明け方には、心配していた雨が上がりました。
グズグズなシャーベットバーンを覚悟していましたが、
前線通過後の冷え込みで、
意外にもカッチカチのアイスリンク状態です。
ベータを回しながらバーンの緩みを待ちますが、
どん曇りで日が照らず、全く緩む気配なし。
結局、午前中はスカイラインで大回りを楽しんで終わりました。





午前中に行ったらカッチコチで、
とても滑れそうになくて諦めたモーグルコースですが、
午後には凍結も緩み、さっそくたくさんのコブラーが集結していました。
レーンは、エア台ありとエアなしの2本だけで、
少し待ちがあったものの、滑りやすいコブをたっぷり楽しんで一日目終了。

夕食後に湯の平温泉へ行き、乳酸漬けの体をじゅわ~とほぐし、
再びダイナの駐車場に戻って車中泊。





ヨルダイナの時間帯のダウンヒルコースは、
今年からイルミネーションが点灯されています。
綺麗な電飾の中を滑るのも楽しそうですが、
さすがにナイターを滑る体力は残っていません。





明けて2日目。
朝から快晴で気温も暖かく、適度な硬さのバーンです。
朝一はスカイラインでウォーミングアップし、
その後モーグルコースに移動して、あとは一日中コブ三昧!





14時を過ぎると急に冷えてきて、コブが硬くなってきたので、
モーグルからスカイラインに移動。
昨日は丸一日カッチカチで滑る人がいなかったスカAに、
一日で立派なロングラインコブが育っていました。
しかし急斜面の上部はすでに掘れまくって落とし穴状態、
底から土も露出していました。
下部は深くなく、ほどほどの難易度で楽しいです。

寒さと疲れで16時には終了。
先週の不完全燃焼を補う疲労に満たされ大満足でした。

それにしても、先週あんなに雪が降ったのに、
今週のゲレンデには、もう茶色いハゲ部分が…。
もう一発、まとまった降雪が欲しいなぁ。


'15-16シーズン2日目 ダイナランド

2016年01月25日 13:49



1/24にダイナランドへ行ってきました。
長男は資格試験のため不参戦、3人で日帰りです。

この日、沖縄や奄美大島でも雪が降るほどの、
史上最強の寒波が到来。
夜中のR156は、
大和あたりまでは全く降雪も積雪もなくドライな路面でしたが、
白鳥から先はどんどん雪が激しくなり、
高鷲ではすでに路面に30cmほどの新雪。

am2時にダイナに到着した時にはスルーでしたが、
朝方には、R156からダイナへの登り口で検問が設けられ、
チェーン装着車と四駆車のみダイナへ登らせ、
それ以外の客は高鷲SPへと回したそうです。





5時のアサダイナオープンと同時に、
パウダー狙いの人々が大挙して出撃し、
アルファクワッドは混雑していました。
私たちは寒さにメゲて二度寝し、7時半からスタート。

7時半オープンのベータクワッドに乗り、早速スカイラインの新雪を楽しみます。
圧雪バーンでヒザ丈、コース脇や未圧雪バーンでは腰まで埋もれる積雪です。
ボーダーやファットスキーヤーが狂喜乱舞のフワフワパウダー!

雪は、視界不良なほど乱降り。
そして、上部は猛吹雪&強烈な寒さ!
そして視界不良のため、天地や方向が分からなくて酔っちゃいそうです。

スカイラインが楽しくて何本も滑りたいのですが、
あまりの寒さに、とてもベータに連続して乗れません。
1本ベータを滑ったら、2本から松リフトで指先の血の巡りの回復を待ちます。





もうダメ、寒さに耐えられない…。
指先がドス黒くなるまで凍えきっています。

ホットココア缶でじっくり指先の血を巡らせながら、
パーブでしばらく避難。
ついこの前まで、スノーマシンが稼働出来ないほど暖かかったのがウソのようです。
極寒のベータに乗る気力を失くし、
から松リフトでたらたら遊びました。

モーグルコース目当てで来たのですが、
この大雪でコース整備が追い付かず、今日のオープンは無理とのこと。
暖かい車内で昼食をとったら、
コブなし視界なし極寒大雪の外に出る気力が萎えました。
今回はもういいや、と、午後からは羽毛布団にくるまり、
リフト営業終了まで車内で昼寝して終わりました。

15時くらいに起きて一人ゲレンデに向かった夫によると、
高鷲SP側は強風により全リフトが運休、
ダイナ側もアルファとガンマが運休になったそうです。
帰る頃には、車の屋根に50cmくらい積もりました。

いつもの高鷲IC渋滞を耐え、R156で帰ってきました。
高鷲ではあんなにドカ雪だったのに、
大和より南側では全く積雪もなく不思議でした。

強烈な寒さで参りましたが、冬将軍様からの恵みの大雪に感謝です。
なんとか3月までこの雪が温存されればいいなぁ。


'15-16シーズン1日目 白馬八方尾根スキー場

2016年01月15日 03:50

新年とっくに明けましておめでとうございます (;´Д`)
今年もよろしくお願いします。
新年最初の記事は、やっぱりスキーですよ。

神社の総代役のため、正月にスキーに行けなかった我が家です。
正月休みにやっとスキー板のエッジを研ぎ、
ウェアや道具をローザに詰め込みました。
正月明けの3連休、1/9~10に念願の初滑りです。





滑り初めの行き先はもちろん八方尾根。
深夜0時に出発し、5時頃に八方第3Pに到着。

前代未聞の暖冬による雪不足の今シーズン、
白馬は聞きしに勝る雪の無さです。
いつも民家の屋根や路肩にテンコ盛りになっている雪が、今年は全く無く、
4月のような風景です。
でも佐野坂はしっかり凍結していて、路面がツルッツルでした。

第3Pも、1月中旬だというのに春スキーのような光景です。
これでも久々の寒波到来で、夜に雪が降ってやっとこの雪景色ですよ。

しかも、3連休だというのに車がほとんど停まっていません。
梓川SAでは、車の停める場所が無いほどスキー客でごった返していたので、
雪不足報道で客足が遠のいているわけではありません。
あまりにも客が少ないので、高速が通行止めになったのか?と疑いました。





名木山は、まだ草ボウボウですよ…。
名木山トリプル側には人工雪コースが敷かれており、
唯一、自力下山できるルートになっています。





下部ゲレンデとうって変わり、兎平では約10㎝ほどの新雪がありました。

まずは黒菱クワッド沿いの緩斜面で、シーズン初めの足慣らしをした後、
ウサギのコブへ。





午前中のウサギは、新雪モコモコでコブが埋もれています。
ガスが濃くて視界も良くなかったです。
すっかり忘れてしまったコブの感覚を必死に思い出そうと、
へっぴり腰ズルドンでローテーション。





リーゼンスラロームでは、移動式のスノーマシンが全力稼働。
スキー場によく置いてあるマシンですが、これが動いているのを見たのは初めてです。

名木山でも兎平でも、客がいようとお構いなしに常設スノーマシンをフル稼働していました。
スノーマシンは通常、営業時間外に動かすので、
客が稼働している所を見ることはないのですが、
今年は夜だろうが昼だろうがなりふり構わず、
少しでも冷えているうちに雪を作らないと、融雪に太刀打ちできません。
スキー場の必死さが伝わってきます。

でも、スノーマシンの奮闘も付け焼刃、
リーゼンの積雪はとても薄く、ところどころ茶色い地面の色が露わです。
ウスバのカベに至っては石がゴロゴロ、草もボウボウ。
今シーズンに板を新調した人はご愁傷様…。





午後からも、ウサギのコブでズルズルドンドン。
10時くらいから一気に客が増え、
新雪に埋もれていたウサギはあっと言う間にいつものコブ斜面に成長。
新雪はどこ行っちゃったの?というくらい掘れてしまい、
下地のカリカリコブに悪戦苦闘。
降りるのに精いっぱいで、フォームとか気にする余裕もありません。
それでも、ウサギのコブだけでも20本ほど滑る事ができて満足でした。





スキー場営業終了時間の、兎平テラスから延びるゴンドラ下山渋滞…。
たぶん、国1リフトも咲花北尾根クワッドも同様に混雑した事でしょう。

自力下山できるリーゼン~名木山も、下山ラッシュで凄い人口密度でした。
このまま数日降雪がなければ、リーゼンは再び閉鎖になるんじゃないか?というほど、
ウスバは目も当てられない惨状です。

積雪は春スキーより酷いのですが、雪質はハイシーズンクオリティという、
なんとも不思議なコンディションでした。

車内で夕食&第二郷の湯でまったりし、
第3Pにて車中泊。

翌日。
いつもなら-2度くらいになる車内気温ですが、この日の朝は10度もありました。
朝食後、身支度して外に出たら、名木山リフトが動いていません。
ゴンドラも搬器がかかっていません。
実は朝から、ローザの車体がグワングワン揺れるほどの強風が吹いています。
上部は強風でリフト運休でも麓は穏やか、というのはよくありますが、
麓でこれほど風が吹くのは初めての経験です。

案の定、リフトは全線運休。
いつもなら下部ゲレンデのリフトだけでも強引に動かすのですが、
今はその下部ゲレンデが滑走できません。
10時くらいまで待ちましたが、一向に風が収まる気配がありません。
私達は昨日、2日券で滑っていたのですが、
窓口で払い戻しを受け付けていたので、1日分を払い戻してもらい、
2日目のスキーを諦め、帰り支度。
年に一度の八方だったのに1日しか滑れなかったなんて… (´;ω;`)





帰り際、道の駅白馬に寄り道。
何度も言いますが、この雪の無さ、とても1月の風景とは思えません。
時間が有り余っているので、白馬から下道をのんびり帰り、
中津川から高速に乗って17時頃帰宅。
ちなみにこの日の八方は、12時くらいからリフトが運行したそうです。

こんなに雪が無いゲレンデ、昼に稼働するスノーマシン、
リフト全線運休、リフト券払い戻し、
初めての経験が多かった、今回のスキーでした。

今週末から1週間ほど、やっと冬将軍様が本気を出すようです。
寒気と水分をたっぷりチャージしてのご来日を心よりお待ちしております!
愛知にも雪降って欲しいな~ ヽ(;´Д`)ノ



'14-15シーズン13日目 おんたけ2240

2015年04月15日 16:45

新年度の忙しさに追われているうちに、いつの間にか4月も中旬です。
桜って咲いたっけ?と思う間もなく、もうツツジやらハナミズキやらが咲いています。

3月末のダイナランドの積雪量から、今シーズンはまだ行ける!と勇んだものの、
4月中旬となると、さすがにほとんどのスキー場が終了した後です。
4/12に、3年ぶりにおんたけ2240へ行き、急いで滑り納めをしました。





なぜはるばるおんたけに来たかというと、
ダイナで、マックアース繋がりのおんたけ招待券を2枚いただいたからです。

春雪を嫌がった子供達を、実家の畑仕事の奉仕に出した後、
夫と2人で深夜のR19を進みますが、
眠くなって力尽き、道の駅大桑で車中泊。
朝にスッキリ目覚めて、おんたけの山道を登ります。
相変わらずのクネクネ細道でゲンナリします…。

キャラバンの老体にムチうって、おんたけの道をヒィヒィと登れば、
ふもとに広がる雲海が綺麗!





はるばるやって来ました、陸の孤島・おんたけ2240。
さすがのおんたけでも、4月中旬では暖かいです。
融雪でパノラマが全コース閉鎖している以外は全面滑走可能。
この時期のおんたけにしては、よく雪が残っているほうではないでしょうか。
でも雪質は奥美濃と変わらずドロドロです。





目当てはエキスパートコースのモーグルコブです。
いきなり深いです… (;゚Д゚)

日曜日とあってたくさんのモーグラーが集結しています。
こんな時期までスキーをするような人は、もはやコブ猛者くらいです。
朝のうちはまだ滑れる深さでしたが、
たくさんの猛者が一斉に滑るものだから、
どんどん掘れて落とし穴状態となり、ヘタレにはキビシー!
常連さん達が一生懸命デラかけしてくれるのですが、焼け石に水です。

そのうち脇にどんどん新ラインが生まれ、
朝は3本だけだったラインが、夕方にはエキスパート全面がコブとなりました。

エキスパートコースは斜度の変化により、上段と下段に分かれます。
↑は、上段のラインで、斜度は緩いです。





こちらは下段。
急に急斜面コブになりますが、短いので気が楽です。
上段と下段の切り替わり場所で人が溜まりやすいです。

順番待ちで休み休み、一日エキスパートコースを滑りました。
しかし、さすがに標高2200mオーバー、
息が苦しくて、いつものようにガツガツと滑る元気がありません。
こんな高所で激しい運動をしたら、私のか弱い心臓が巨大化しちゃう (;´Д`)

あと、朝はほとんど噴煙が上がっていなかった御嶽ですが、
午後からはモクモクと噴煙を上げ、一帯が硫黄臭かったです。





とにかく雪がユルくて、整地でもコブの中でも、板が取られまくりで足がパンパン。
14時に車内で昼食を食べ、そのまま30分ほど昼寝してHPを回復し、
その後、再びエキスパートに立つものの、3本ほど滑ったところでリフト終了。

からまつ辺りは融雪が進み、盛り雪で下山コースを確保していました。
ゴンドラ降り場や、エキスパートのコブ底にも土が見えていました。

体も心もコテンパンに打ちのめされるほど、
おんたけのコブを堪能しました。
さすがにコブはもうお腹一杯です。
これで思い残すことなく今シーズンを終えられます。





今年滑ったコブは、ほとんどがラインコブ・モーグルコブでした。
モーグルコブは今までのヌルいズルドンが通用せず、嫌でも滑りが矯正されました。
おかげで、去年より飛躍的に技術が向上した…気がします。
毎年毎年、3歩進んで2歩下がるような上達しかしませんが、
それでも、少しづつ前進しているようです。

冬将軍様、今シーズンもたくさんの雪をありがとうございました!
来年も、たくさんの雪と、行ける機会をお恵みください! ヽ(*´∀`)ノ


'14-15シーズン11・12日目 ダイナランド

2015年03月30日 20:21



3月最終週。
今週も1泊2日でダイナランド春コブ修行でした。

↑いつも雪不足で滑走不可な事が多く、
めったに滑れない幻のコース的イメージがあるチャレンジコース。
今年は3月末になってもチャレンジコースが全くハゲておらず、
余裕で滑走OKというのがビックリです。





さて、今週も先週と同じく、
スカイラインAのコブとモーグルコースでわっしょいわっしょい!

モーグルコースには3本のラインがあります。
向かって左は、エア台が2つある、難易度ケタ違いの本格的なモーグルライン。
地球の重力に魂を引かれっぱなしのヘタレには近づけない、飛べる神専用ラインです…。
真ん中は、エアがない縦目のモーグルライン。
右は、ボーダーも基礎系バンク滑りもウェルカムなオールマイティコブとなっています。





モーグルコースのオープン時間外は、スカAコブで練習です。
相変わらずの超ロングラインです。

…先週、頑張りすぎて今まで経験したことのないほど酷い筋肉痛になり、
普通に動けるようになるのに1週間かかりました。
また生活に支障が出るほどの筋肉痛になると困るので、
丸一日セーブ気味に滑りました。





1日目は晴天で暑かったです。
バイク用メッシュグローブで滑ったら、涼しくて快適でした。
晴天の土曜日だというのに、ゲレンデは全くリフト待ち無しでした。





スキー後は、ダイナの最寄の湯の平温泉へ。
先週は洗い場待ちの行列が出来ていましたが、
今週はゆったりとくつろぐ事が出来ました。





2日目、今日は雨予報です…。
朝のうちは、ポツポツと軽く降る程度で支障なし。
むしろ曇っているので、暑くなく、日焼けの心配もなく、快適でした。

今日もモーグルメインで、時々パークのポコジャンで飛ぶ練習。
雨予報なので、正午になっても駐車場はガラガラ。
リフトもガラ空き。

正午頃から、雨が本降りになってきて、あっという間にビショ濡れです。
ただでさえガラガラだったゲレンデが、
雨でクモの子を散らしたかのように、一層ガラガラに。





昼食後にスキーを切り上げて牧歌の里温泉に向かいました。
雨と霧で煙った幻想的な露天風呂やハーブミストを堪能し、
のんびりくつろぎました。
その後、下道で帰り、18時頃には帰宅しました。

今シーズンは、アルペンでダイナの早割券を12枚買ったものの、
ハイシーズンにスキーに行けず、チケットが余るんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、
3月まで券が残ったおかげで、ダイナの春コブを満喫できて良かったです。

本来なら、これで今シーズン終了なのですが、
今年は全然滑り足りないし、雪もいっぱいあるし、まだ終了宣言するには早いかな。




最近の記事