'16-17シーズン6日目 ダイナランド

2017年03月24日 12:10



ダイナランド2日目。
この日が今期のアサダイナ最終日でした。





朝一の締まったバーンは快適で、
α→神中A→から松→αのローテーションが楽しい!
しかし一本滑るごとに、
どんどん雪が緩んでいくのが、足裏によく伝わってきます。





神中A~から松の雪が緩んだら、
スカイラインに移動し、スカAのコブレーンへ。
右脚がコブに入る事を拒否し、ブルブル震えます。
下の方の緩めの位置から少しづつ試し滑りをし、
徐々にコブに慣らしていきます。
しかし10時半にはもうヒザが痛くなり、車に戻って養生。





昼食後、さっそくモーグルバーンへ。
グズグズに緩んでフカフカの、至福の春コブ状態です。
お隣のダウンヒルでは、
コースを閉鎖してスノーボードのスラローム大会が開催されていました。





コースの待ちも、リフトの待ちも全く無し、
休日なのに貸し切り状態です。
板をフリースタイルに換えたおかげか、
ドクター中松のジャンピングシューズのように、
コブをピョンピョンと弾むように滑る事が出来ます。
最高のコンディションなのですが、5本ほど滑ったら、
もう右ヒザがパンパンに張ってターン出来なくなりました…。
残念ながらモーグルコースから撤退し、
スカイラインに出戻り。





毎年真っ先に閉鎖になるチャレンジコースですが、
今期は全く問題なく滑走可能。

3連休最終日ですが、客入りは少なく、
スカイラインには昼過ぎになっても、
踏み跡の無いピステンラインが残っていました。
神中Aやから松も、それほどバーンが荒れず、
この時期にしては午後になっても滑り易さを保っていました。

15時過ぎる頃にはもう完全に足のバランスが保てなくなり、
2日目を終了しました。





この2日間、少し滑っては車で養生を繰り返していましたが、
車内では、食事の準備をしたり、
歌を歌ったり弾いたりして過ごしました。
おかげで、新しい歌の練習が捗りました。
我が家のローザは一般駐車場から離れた観光バスエリアに駐車させてもらっているので、
車内から音が漏れても安心です。

12~1月の雪不足には気を揉みましたが、
やっとシーズンインした我が家の都合に合わせてくれたかのような、
2~3月の冬将軍様の奮闘に大感謝!
それなのに、思い通りに滑れないもどかしさ (´;ω;`)

スキーに行った事がバレないように控え目に滑ったので、
全く筋肉痛にもならず、翌日の歩行にも支障がありませんでした。
なのにリハビリの触診で、スキーに行った事がバレました。
お医者さんは騙せないね~ (;´Д`)


関連記事

'16-17シーズン5日目 ダイナランド

2017年03月23日 11:52

前回のヘブンスで無理をして(無理をした覚えはないけど)、
リハビリ中の右ヒザをパンパンに腫らしてしまい、
医者に怒られ、ヒザに溜まった血を抜いてもらい、再びリハビリに通う日々。

その間に、無事に次男の高校受験も終わり、
これで心置きなく家族でスキーに行けるようになりました。
肝心のヒザはドクターストップ状態ですが、
それがどうした、私は行くよ! ヽ(*´∀`)ノ





3/19にして、今季初めてのダイナランドです。
しかし去年の同時期の瀕死状態とは別次元、
今年は春分の日になっても雪がタップリ!

2日間滑る予定ですが、そんなにヒザが持ちません。
1日目は、ちょうどバッヂテストが行われるので、
この日は2級検定を受けて余力を残し、
コブは明日の楽しみにとっておく事にしました。

朝一で2級検定を申し込み、
午後の検定までヒザを温存するために、
から松ゲレンデをテレテレ滑って遊びます。
雪質は、3月中旬とは思えないほど快適!
11時にはもうヒザが痛み出したので、
切り上げて車内で養生しました。





車内で昼食後、検定を受けるために集合場所へ向かう一本目で、
緩んだ雪に足を取られて、板が吹っ飛ぶほどの転倒。
あぁぁ、温存しておいたヒザに激痛が…

ヒザ痛に悶絶しながら、検定開始。
ちなみに使用したスキーは、
今年から履いているフリースタイル板です。

スカイライン上部の急斜面にて、
一種目目にいきなりパラレル小回り。
好きな種目ですが、
ヒザが痛くて全く動かせず、棒立ちのまま滑って終了。
はっはっは、もう結果は見えたね。

2種目目、スカイライン中腹の緩斜面でシュテムターン。
去年、きそふくしまで2級検定を受けた時、
シュテムを全く理解しないまま受けて落ちました。
今でもシュテムを理解していませんが、
今回は2回目だし、YOUTUBEで滑り方を確認したので、
だいたいこんな感じだろ、という自信を持って滑りました。

3種目目、スカイライン上部急斜面でパラレル大回り。
ターンするというより、落下するような勢いでゴール。
苦手種目だし、不合格は目に見えていたので投げやり気味。

結果。
小回り64シュテム64大回り65で不合格!

小回りは納得の結果です、痛いんだからしょうがない。
大回りは、むしろあんな滑りで合格なのかとビックリ。
シュテムは、これでもかっ!とばかりに開脚して、
オーバーアクションでアピールしたんだけどなぁ、
滑り方を根本的に間違えてるのかな?
もしヒザが無事で、大回り小回りが合格だったとしても、
シュテムが不合格ではどうしようもありません。

検定は、2級と1級が同時に行われました。
さすがに1級受検者の滑りは上手いなぁ!と感心して見ていましたが、
10人ほどいた1級受検者の中から、今回は一人も1級合格者は出ませんでした。
あれで合格できないのか!
しかも横滑りってなんだアレ???ズルドンとギルランデの融合?
シュテム同様に理解不能な種目です。
私では絶対1級合格は無理だな… (;´Д`)

去年・今年と2級を2回受けて不合格になり、
暇つぶしで受けるものではないと悟りました。
基礎スキーに首を突っ込むのは、もう止めにします。
私は我流で結構、下手だと笑いたければ笑え! ヽ(`Д´#)ノ

検定後は滑らず我慢し、車に戻って養生しました。
湯の平温泉でヒザを労り、20時には就寝。
明日に全力を捧げるぞ!

2日目に続く。



関連記事

'16-17シーズン4日目 ヘブンスそのはらSNOW WORLD

2017年03月04日 19:36

なんと正月スキー以来、2か月ぶりのスキーです。
この2か月間、右ヒザのリハビリに通院するも、
そんなに簡単に治るものでもなく、経過は芳しくありません。
この状態で、はたして春スキーができるだろうか?
回復具合を確認するために、
3/2にヘブンスまで試し滑りに行ってきました。





9時頃にヘブンスそのはらに到着。
中津川までは雨でしたが、
恵那山トンネルを抜けたら雪になりました。
ゴンドラでゲレンデまで上がったら、
まさかの新雪10~20cmオーバー。
しかもまだまだ雪が降り続いています。

朝一はパフンパフンで最高に気持ちイイ新雪ランが楽しめましたが、
降っている雪がベチョベチョの為、
水分で見る見る激重に。





パノラマコブの正式名称は、
みんなで作るコブ、略して「みんコブ」なのだそうです。
私が行ける範囲のスキー場の中で一番ユルいコブで、
リハビリに最適です。
朝一は新雪に埋もれていたので、
一本デラかけした後、恐る恐る滑走開始。
深くないのでドンツキもほとんど無く、
ヒザの痛みもなく滑れます。
楽しい~!





去年は雪不足の為、
一度もオープンする事がなかった林道コース。
今年は不定期ながら、オープンしているようです。
この日はサイスウィングへのアプローチまで開通。

林道も新雪が積もっていましたが、
水分が多く、板が全然走りません。
サウスウィングまで行くのに半分以上スケーティングしなければ進まず、
恐ろしく疲れました…。





サウスウィングは、朝一はヒザ丈のフカフカ新雪で、
浮遊感があって楽しかったのですが、
降りしきるベチャ雪でどんどん重くなり、
午後にはラッセルでないと下りれないほどに。
林道でスケーティングし、サウスをラッセルで下りてくるという、
ヒザには拷問のようなコンディション。





半分雨のような雪なので、
ウェアの中まであっという間にビショ濡れ。
ゴーグルも曇って見えず、とても滑りにくいです。
メゲて、11時半には昼食に。
ソースカツ丼が美味い!





食事休憩で気が抜けたせいか、
右ヒザが痛くて動かなくなりました。
コブは抜重運動なので、思うほどヒザに負担がないのですが、
リフトの昇降と、スケーティングと、
荒れてボコボコになった整地でふんばるのがとにかく辛いです。

食事後、2~3本滑っただけで、
痛くてセンターハウスで養生。
その後に数本滑ってギブアップ。
まだ14時ですが、全身ズブ濡れで冷たいし、
ヒザも限界なので、早いけど退散するとしますか。





帰るとしても、ラッセルしないと進まず、
第4リフトまで行くのも一苦労でした。
一日中、本当に良く降りました。
たとえベチャ雪でも、3月にこれだけの新雪は天からの恵みです。





ゴンドラからの風景。
こんな雪景色、めったに見られません。

今日は新しい板のデビューでもありました。
フリースタイルモデルなので、むちゃくちゃ軽くて足に優しい~!
コブでも柔らかくてよくしなり、非常に滑りやすかったです。
逆に言えば、コシが無いので、
大回りやアイシーなバーンでは脚が疲れます。
センターのくびれも少ないので、
オンピステモデルのような切れるターンも苦手です。
でもいいんです、コブが楽しければ!





スキーを早く切り上げてきたのは、
帰り道の路面が心配だったのもあります。
ゲレンデではあんなにゴン降りだったのに、
麓の駐車場はミゾレ程度。
中央道に冬タイヤ規制や速度規制もありませんでした。

中津川ICで中央道を降り、
実家に寄ってR41経由で帰り、18時には帰宅できました。

半日滑っただけで、再び右ヒザがパンパンに腫れてしまい、
歩くのもままならなくなりました。
次回のリハビリで、この状態をどう言い訳しようか…。

結論。
これから春コブが楽しい季節ですが、
残念ながら、私の今シーズンは終わったね…(´;ω;`)


関連記事

HGAB版トッド・ライネック

2017年03月01日 17:45



なんだかプラモデルブログになりつつありますが、
気にせずダンバイン祭り第3弾!
今回は、押入れで熟成させた昔の積みプラではなく、
HGAB版のライネックです。

ライネックは物語終盤に登場する敵ロボです。
ショットの幼馴染が搭乗したり、
リムルが脱出に使ったりした機体ですが、
様々な機体を乗り継いできた百戦錬磨のトッドが、
最後に搭乗した機体でもありました。
バーン様と同じく、何度倒されてもメゲずに復活してショウに戦いを挑むトッド。
最後にはハイパー化してショウを圧倒するも、結局倒されてしまいました。

で、このキットはトッド・ライネックと謳っていますが、
私には、普通のライネックとトッドライネックの違いが分かりません…。
ダンバインやビルバインのようなオモチャ感が皆無で、
伊達にHGを名乗ってないぜ!と言わんばかりの高級感が、
パッケージから漂ってきます。
値段もハイパー化し、ダンバインやビルバインの3倍以上の高級品だよ!





組み立てはもちろんボンド要らず。
色分けもされており、ほとんど塗装しなくて済みます。
先日のダンバインやビルバインのような苦労もする事なく、
数時間でさくっと完成!

デカいーー!
先に作ったダンバインやビルバインと同じ1/72スケールのはずですが、
大きさは、ダンバインの倍くらいあります。
トッドライネック=ハイパーサイズって事?
それともHGAB版のオーラバトラーシリーズはみんなこのサイズなのかしら?

でもって、自立しないーー(;´Д`)
完成したものの、全く自立しません…。
先日、足首のつけ間違えでダンバインが自立しなかったばかりなので、
またしても組み間違えたか!?と、必死に説明書を見直してしまいました。
ネットで調べてみたら、どうも自立できないのがデフォのようです。
自立しないので、壁にもたせかけたり、転がしたりして写真を撮りましたよ。



続きに興味のある人だけ追記をどうぞ。




[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事