'17-18シーズン5日目 めいほうスキー場

2018年02月15日 10:50

3週連続でスキーです。
世の中は3連休でしたが、都合により、
連休最終日の月曜日に日帰りでめいほうスキー場でした。

天気予報では強烈な寒波襲来とのこと。
でも、今季は寒波の大バーゲンなので、もう馬耳東風。
はいはい寒波寒波、と甘く見ていました。

夜中にR156を移動、美濃あたりから雪がちらつきはじめました。
郡上からR472にスイッチする頃には圧雪路に。





スキー場に到着して仮眠し、6時半起床。
駐車場に入った時には、除雪直後で積雪はありませんでしたが、
起きたら、もうひざ丈まで積雪!
そして、ゴンゴンと降りしきる大雪。
今週も見たらわかる、メゲるヤツや… (´・ω・`)





めいほうはコース名が、初級=α、中級=β、上級=γとなり、
それにプラス距離で表されています。
メインコースとなるα5000は、夜中か明け方に一度ピステンで踏んだようですが、
その他のコースは、前日のコース整備から新たにスネ丈の積雪。
非圧雪コースはモモまで埋まり、とてもオンピステ板では入れません。
ボーダーさんに食い散らかしてもらうのを待つしかありません。
しかし、肝心のボーダーのお客さんが少ないです。
どうやら東海北陸道が通行止め、
R156は交通混乱、スタック続出で、たどり着けない車が続出らしいです。
めいほうも、四駆とチェーン装備車のみの入場規制をかけていたようです。





午前中はペアでα1100をパウダーラン…というかスネラッセル。
ちょっとでも油断すると止まってしまいます。
パッフパフで楽しいし、急斜面で板流して失くす事を考えると安全です。
こんな日でもなきゃ滑らない緩斜面です。





ご覧の通りのモモパウで、
緩斜面では、ボーダーさんも大変そう。
めいほうはコース幅は広いのですが、
下部は緩斜面過ぎて漕がなければならず、初心者には逆に辛いです。
センターハウスまで行くのが大変…。





大雪で視界が悪く、コースはラッセルの嵐。
昼でも気温は-10℃以下で、気が遠くなる苦行です。
でも、そんな大雪ならではの体験や風景が楽しい!
これだからスキーは止められません。





午後になって、やっとβの非圧雪コースの雪も掃けてきました。
β300は地形が八方の北尾根みたいで、自然コブが育ち始めていました。

以前、夫にめいほうに連れてきてもらっていた10年ほど前は、
当時は私がやっとスキーが滑れるようになったばかりで、
怖くてβやγを滑る事が出来ず、α5000ばかり滑っていた記憶があります。





β1000の下部緩斜面の脇にラインコブがありました。
長いけどトータルで80コブほどしかない間延びした深回りコブで、
難易度は低いですが、あんまり面白くはありません。
でも、午後はここで遊びました。





あまりの寒さに、午後から夫が体調不良でダウン。
インフルか?ノロか?帰れるのか?
ガンガン降りしきる雪で辺りは暗くて見難く、
寒くてリフトに乗っているのも苦痛、
メゲて15時に切り上げ、センターハウスでオリンピック観戦。
スノーボードスロープは、強風で男女とも転びまくりで大変だなぁ。





めいほうの駐車場を走り回る除雪ブルの合間をぬって、
カモシカがウロウロしていました。
19時まで粘ったのですが、夫の体調は回復せず。
しかしこの大雪の圧雪路で、私がローザを運転出来るわけがなく、
フラフラな夫にムチうって、ローザを運転してもらいました。
危なっかしい運転にヒヤヒヤしながらも、なんとか無事に帰宅できました。

幸い夫は、インフルでもノロでもなかったようで、翌日には回復しました。
寒さに中ったんでしょうな。
しかし今回は、おんたけ並みに寒かったなぁ!
めいほうは意外と標高高いからなぁ。

今回は大雪でまともに滑れませんでしたが、
めいほう初体験の子供達には好評でした。
私も、昔滑れなかったコースが今では滑れるだろうし、
もう一度天気の良い日に、全てのコースを散歩してみたいです。


関連記事

'17-18シーズン3~4日目 ホワイトピアたかす&ダイナランド

2018年02月08日 15:16



2週連続で、ピア&ダイナに行ってきました。
一日目はホワイトピア。
こちらは、すっかりインスタスポットと化した森の熊さんです。
先週のように一面の樹氷ではありませんが、
それでも午前中は冷え込みが強く、指が痛くて寒かったー!





先週掘ったモーグルコースの上部に、
新たに目印が3レーン打たれていました。
こちらが初級コースとのことですが、
ピッチが細かくてカリッカリで、全然初級者に優しくみえないなぁ (;´Д`)
ベースがカッチカチで、丸一日経過しても、
集中して滑り込まれていた1レーンだけがごく浅く掘れただけでした。





下部の中級コース。
掘れまくって落とし穴と化していますが、滑りやすい雪質でした。
3レーン中1レーンにエア台が設置されていましたが、
誰も飛ぶ人がおらず、残り2レーンが混雑気味でした。
先週の右ヒザの痛みが残っており、
気後れして体が動かず、丸一日かけてもまともに滑れませんでした。
これだけ滑れないといっそ清々しい。





先週は気付きませんでしたが、
アルファクワッドの隣に地味なペアリフトがあり、
そのリフト沿いに、これまた地味な尾根コースがありました。
スターコースと言うらしいですが、とても雰囲気が良く、
ほとんど滑る人がいないので午後でも荒れておらず、
痛いヒザに優しくて滑り易かったです。

ちっとも滑れないので早目にコブを諦め、
スターコースをのんびり滑って終了。
ダイナランド方面の展望が美しいですねぇ。
ただ、コースとしては短すぎる…。

夕食後は牧歌の里へ。
先週はイモ洗い状態でお風呂に入れませんでしたが、
今回は人が少な目で、のんびり温泉を楽しむことができました。
冬の雪見露天風呂は最高!
その後、ダイナランドに移動して車中泊。





夜中の1時頃に目が覚めてトイレに行った時には、
道路に全く雪はなく、路面はドライだったのですが、
チラチラと雪が降り始めていました。
朝になって外を見たらビックリ、
たった5時間ほどの間に10㎝以上の積雪になり、
辺り一面が銀世界になっていました。
しかも、雪は衰えることなくガンガン降り続いています。
見たらわかる、メゲるヤツや… (´・ω・`)

あまりの雪の降りっぷりと寒さで、なかなか車外に出る気になれず、
9時になってやっとスタート。
モーグルコースは新雪が積もってフッカフカの良コンデション。
こんな極上の勘違いバーン、気遅れている場合ではない!





エア台に書かれた、粋な応援メッセージ。
今週から始まる冬季五輪のモーグルに、
岐阜出身の堀島選手が出場します。

オープンからクローズまで、
一日中モーグルコースで遊びました。





モーグルクローズ後はから松ペアを回しましたが、
午後から降雪が猛烈な勢いになり、もう視界真っ白でなにがなんだか。
激遅のから松ペアの上で雪ダルマになりながら寒さに耐え、
リフトから降りるたびにどんどん深くなる新雪。
営業終了頃には、スネ~ヒザ丈のパウダーランを楽しめました。
メゲるどころか、楽しすぎる最高の一日でした。
冬将軍様、ありがとう! ヽ(*´∀`)ノ


関連記事

'17-18シーズン1~2日目 ホワイトピアたかす&ダイナランド

2018年01月31日 11:14

整形外科とリハビリに通うこと1年、
右ヒザ靭帯の可動範囲も、左右のバランスも、ずいぶん回復しました。
正座はまだ痛いけど、ヤンキー座りもスキップも怖くないよ! ヽ(*´∀`)ノ

整形外科医からも作業療法士からも、無理をしない条件で、
スキー再開の許可をいただきました。
3月までスキーは出来ないと思っていましたが、
前倒しでスキー再開です!
冬将軍様が暴れまくってるのに、これ以上じっとしていられるかい!





1/24土曜日、滑り初めはホワイトピアたかすです。
0時に愛知を出発してR156を北上し、3時にピア到着。
R156も、駐車場も、客の車が少ないなぁ。





アルファクワッドを降りると、巨大なクマがいてビビりました。
かなりリアルな熊のハリボテで、写真スポットになっていました。

-10℃より下回ってそうな極寒で、指が痛くてちぎれそうです。
美しい一面の樹氷も、昼過ぎまで融けませんでした。





センターAのモーグルコースは、
大雨融雪の後の大雪という波乱の1週間を経たので、
一旦リセットされ、改めてメイク中でした。
まだ目印パイプを打ち込んだばかりの状態で、
コブは掘れていません。

医者の言いつけ通り、無理をせずユルユルと滑っていましたが、
1時間も我慢が出来ず、モーグルのコブ堀りに参戦。
あれよあれよで滑走者が増えてどんどん掘れていき、
正午になる頃にはもうラインコブが3本育ちました。





午後からもモーグルコースに入り浸りですが、
朝に飲んだ痛み止めの効果が切れて、右ヒザが痛み始めました。
コブが深くなってヒザに衝撃がくるようになり、
リフト乗車中の宙ブラの状態や、昇降時の板の接地すら苦痛です。
次第に立っているのも辛くなり、14時半に私は先に終了しました。
これでは、1年前と全く状況が変わらないなぁ。





一日中ほとんど日差しがなく、小雪が舞う寒~い日でした。
クワッドでもほとんど待ち無し、
デルタペアはガラガラで乗り放題、
とても奥美濃のハイシーズンの週末とは思えない快適さでした。
ちなみにピア単独券だったので、鷲ヶ岳方面には行けず、
子供達には不評でした。
鷲に興味ないので、たとえ共通券でも私は鷲には行きませんがね。
そもそも、ピアですらセンターAしか滑らなかったし。





リフト終了後に車内で夕食を摂り、牧歌の里へ。
しかし、今まで経験した事のない混雑ぶりです。
牧歌の里を諦めてやまびこロードをひるがのに抜け、
湯の平温泉に向かおうとしたら、R156が凄まじい大渋滞。
どうやら東海北陸道が事故で通行止めになっているようで、
R156に交通が集中しこの状態。
だから、渋滞待ちで牧歌の里が混んでいたのか~
これでは、湯の平温泉はもっとカオスだな…

ひるがのからダイナランドの駐車場にたどり着くのに1時間もかかって、
ビックリ&グッタリでした。
お風呂に入るどころではなく、清拭で済ませました。
20時からダイナの花火祭りを楽しみ、すぐに就寝。





翌朝、車内で-5℃…。
ペットボトルの中のお茶がシャーベットになっていました。
昨日調子に乗り過ぎたので、右ヒザも腫れて痛いなぁ。

痛み止めを飲み、私だけ遅めの9時にスタート。
ピアだけでなく、ダイナもモーグルコースをリセット&リメイク中でした。
モーグルは午後からオープンとの事なので、
それまでから松でただ独り、ひたすら右脚加重のバランス練習。
右脚はまだ巧く重心を乗せられなくて、
なんでもない緩斜面でコロコロとコケまくり。





昼食後、午後から痛み止めを追加ドーピングして、
解放されたモーグルコースのコブ掘りに参戦。
フカフカだったピアと違い、ダイナはカリッカリのアイスバーンでなかなか掘れず。
滑走者は多く、15時のコース終了頃にはガリガリのズルドンコブになりました。
15時からはスカイラインを流し、16時に終了。

午後から雪が本降りになり、
夕方には10㎝ほどの積雪となりました。
昨晩のカオスから一転、R156は順調に流れ、
21時頃には帰宅できました。
翌日、右ヒザがパンパンに腫れ、歩くのもままならなかったのですが、
3日経って腫れが引き、痛みも抜けてきました。
リハビリでバレませんように (;´Д`)


関連記事

最強寒波

2018年01月26日 16:58



今季最強寒波がやって来ました。
さて、今季何回目の最強寒波でしょうか。
最強寒波のバーゲンセールだな…byベジータ。

1/24夕方、スーパーに入店した時にはハラハラと雪が降り始めたばかりでしたが、
20分ほどで買い物を終えて店を出ると、
一面真っ白になり、もう1㎝以上雪が積もっていました。
あまりの変貌ぶりにビックリ!
この程度の積雪でも、FRなキャラバンは尻を振りまくり。





翌日1/25、あれから大した積雪にはなりませんでしたが、
-3℃だか-4℃だか、さすが最強寒波の名に相応しい最低気温。
道路はテッカテカで恐ろしく、
夫に駅までの子供の通学の送迎をお願いしました。

去年晩秋に、日本中で大発生したカメムシですが、
この辺りでも多かったです。
我が家周辺では、マルカメムシの生息が圧倒的多数で、
緑色の大きなカメムシはめったに見かけません。
冬将軍の使者・カメムシと言われるだけあって、
その言い伝え通り、今季は極寒豪雪の冬となっています。

で、そのマルカメムシの残党がなぜかこの日、室内にワラワラと出現。
屋内管理している観葉植物に付いていたのか、
それとも戸袋にでも潜んでいたのか。
最高でも3℃いくかどうかという厳しい寒さの一日でした。





さらに明けて今朝起きたら、またしても一面真っ白。
夜中のうちに、10㎝ほどの積雪になっていました。
でも名古屋の方ではあまり降らなかったらしく、
大々的なニュースにはなりませんでした。
日中は風もなく暖かかったので、日向の雪は一気に溶けてしまいました。
いつまで続きますかねこの寒さ、いい加減内臓がシクシクします。


関連記事


最近の記事