稲刈り&籾摺り

2017年09月14日 15:23



上の写真は、ゴールデンウィークの岐阜の実家での田植え風景。
田植え機のパイロットは長男です。
難しい地形の箇所だけ手慣れた父が植えましたが、
それ以外は殆ど長男が植えました。




植えた稲はすくすく育ち、9/9~10に稲刈りをしました。
長男が自分が植えた稲を、自分でコンバインで刈り取りました。





英才教育の結果、ファッションまですっかり農夫の貫禄です。
まだ17歳なのにw

時々コンバインがエンストする症状に悩まされていました。
どうやら燃料フィルターが詰まっているようです。

刈り取った籾の乾燥&籾摺り&玄米の袋詰めも同時進行。
こちらは私と次男の担当です。
大量の30㎏の米袋を、ほとんど次男が担いでくれて助かりました。





アルティシアに乗って、一日遅れで夫が合流。
やけに到着に時間がかかって心配したのですが、
その原因は、あの忌まわしいエンスト症状が再発し、
何度も立ち往生したとの事です。
マジっすか~今度はどこが詰まったんだ (;´Д`)

そういや冬になる前に、キャラバンもそろそろ燃料フィルターを掃除しないとね。
キャラバンのエンスト症状は、アルティシアの比じゃないほどデンジャラス。




2日間、この上ないほどのツーリング日和で、
ひっきりなしにバイクが行き交っていました。

そんなツーリングバイク集団を横目に、
燃料詰まりの旧車に手を焼き、
稲刈り後3日経っても、ぶり返す痒みに悶える一家でした。

ツーリング行きたいなぁ (´;ω;`)



関連記事

キャラバン車検

2017年09月02日 11:46



2年に一度のキャラバンの車検を記事にするのも、
数えてみたらこれで4回目のようです。
今回も、魔法のお薬をドーピングして排ガスクリアし、無事合格 (;´∀`)

ここ1年ほどの間、スピードメーターが動かない症状が数えきれないほど出ました。
でもその症状が出るのは私が運転している時だけです。
症状をいくら訴えても、夫が運転するときにはちゃんとメーターは動くし、
点検してもらっても、どこも断線や接触不良にはなっていないとの事。

車検が近づくにつれ、
どんどんメーターが動かない時の割合が多くなっていき、
数十㎞走行する間全く動かなかったことも。
(上の写真は動画キャプチャ、40㎞/hくらいで走っていますがスピードはゼロ)

なぜ私が運転する時だけメーターが動かないんだ?
ポルターガイストか? ((((;゚Д゚))))
私の運転になにか問題があるのか?
車検でスピード計測中にメーターが動かなかったらどうするんだ?

とか言ってるうちに、
車検間近になって夫にもメーター不動の症状が現れ、
やっと信じてもらえました。
再びオシロで計器類の配線チェックをしましたが、
それでもやっぱり異常は見つかりません。
とかやっていたら、症状が出なくなりました。
点検でそこら中をいじってるうちに、接触が戻った?
結局、どこが原因かは分からずじまいでしたが、
あれから一度もメーターは止まっていないので、
まぁ、良しとしましょう。

除霊完了 (;^ω^)


関連記事

リハビリナイトラン3

2017年09月01日 10:45



8/31、長かった夏休みも最終日。
関東では台風の影響で、日中でも20℃ほどにしかならなかったそうですね。
名古屋は相変わらず34℃もあり暑かったです。
でも朝晩は涼しく感じられ、クーラーをかける時間も減ってきました。

夜の外は、涼しい秋風と虫の声。
こんなに気持ちの良い空気だと、バイクで走りたくてムズムズします。
今宵も、バイクの点検維持と右脚のリハビリという名目の深夜徘徊に出発。
美濃方面に向かえば、気温は20℃前後で超快適!
道の駅にわか茶屋に到着した頃には、
ホットコーヒーが恋しいほどに体が冷えました。
しかしたくさんある自販機は全てコールド飲料のみ…。

隣のコンビニまでホットコーヒーを買いに行くほどでもないので、
自販機のコールド缶ミルクティーを飲んで帰宅。
半月なのにとても明るくて大きな月の夜でしたが、
星も負けじとたくさん輝いており、綺麗な秋の空を満喫できました。

今回は往復80㎞の走行に耐えられました。
でも、やっぱりこれがヒザの限界です。
最近はヒザよりも、内腿の筋肉(内側広筋)がピキピキ痛むようになりました。
うかつに内腿を触ると、感電したかのような激痛が走って悶絶します。
着圧タイツを履くようになったら、内側広筋がサポートされ、
少しは痛みが緩和してきました。

子供達に学校給食があった頃は、
夏休みなんてとっとと終わって学校に行って欲しい、と思っていましたが、
今では、夏休みが終わるのが少し憂鬱です。
9/1から2学期、高校生の子供達の弁当作りを再開しなければなりません。
クーラー依存でダラけきった心と体も、立て直さないといけません。

でも、長かった大嫌いな夏が、今年も無事終わりました。
やっと私のターン! ヽ(*´∀`)ノ


関連記事

アルティシアのブレーキメンテナンス

2017年08月31日 23:12



以前も書きましたが、アルティシアのブレーキフルードは、
もう10年くらい交換していません。
ブレーキの効きを気にしないズボラというのもありますが、
フロントマスターシリンダーのフタのビスが見事にナメており、
そのまま固着して、そう簡単には交換できない状態だったからです。

しかし、フルード量がLOWを切っており、
アジャストを目いっぱい調整してもスカスカな握り心地。
制動距離も長く、これではさすがに整備不良なので、
夫と長男にお願いして、ブレーキフルードを交換してもらいました。
本来は6月の車検前にやっておかなきゃならなかった事ですけどね (;´∀`)





ビスの溝を切り直し、10年ぶりにマスターシリンダー御開帳!
ビス穴が真っ白に腐食していました。
少しづつ古いフルードを排出しつつ、
新しいフルードを継ぎ足し交換。
スカスカだったシリンダー内が、フルードに満たされてパンパンに。





リアのフルードとブレーキパッドも交換してもらいました。
パッドの対応車種にまだ「アルテシア」と表記があるのが嬉しいですね。
こんな些細な事でも喜べるのが、マイナー車オーナー。

今まで私は、ARTESIAをアルティシアと記述していますが、
アルティシアとルビを振ってるのは、この世で私だけかも (;´Д`)
正しくはアルテシア、またはアルテーシアのようです。
でも今更訂正できないので、
私はこのまま意地でもアルティシアと表記し続けます。

つい今までのクセでギューッと前後ブレーキを掛けてしまうので、
メンテ後の強力なガッツン制動に慣れず、何度か放り出されそうになりました。
本来ブレーキとはこんなに効くものだったのか、恐るべし ((((;゚Д゚))))


関連記事


最近の記事