アルティシアのバッテリー交換

2017年05月12日 10:25



去年、バッテリー劣化と思われるアルティシアの始動不良症状が何度かありました。
6年使ったので、そろそろバッテリーの交換時期です。
さて、やっとアルティシアに乗れるようになったことだし、
去年の秋にはすでに買っておいた新しいバッテリーに載せ替える時がきました。
さっそく、希硫酸をパイルダーオン!

新しいバッテリーに交換する前に、試しに、
半年間充電もせず冬越した古いバッテリーでセルを回してみたら、
なぜか一発でエンジンがかかりました…あれ?
今まで1ヶ月放置しただけでヘソを曲げていたクセに。
となると、この古いバッテリーをもうちょっと使いたくもなりましたが、
もう希硫酸を入れちゃったので、新しいバッテリーに交換しました。

しかし、バッテリーを交換してもエンジンがかかりません。
バッテリーがなかなか活性化しないのか?と、
1週間ほどトリクル充電をかけ続けましたが、かかりません。
古いバッテリーでエンジンがかかった奇跡の一発以降、
セルは回れども点火せず。
もしかして、と、キャブから燃料ホースを抜いてみたら、
ホースからガソリンが送られてきません。
燃料コックからホースを外したら、コックからガソリンは出てきます。
すなわち、コック~フィルター間の燃料供給不良のようです。
奇跡の一発での暖気中にキャブ内の燃料を燃やし尽くし、
以降、燃料が流れず点火しないというわけです。





上の写真の通りアルティシアは、
無理やりな取り回しで燃料フィルターが付いています。
フィルターの出口が上に向いているので、
せっかく濾したサビの一部が、入口からホースに戻ってしまうようです。
そして、しばらく乗らないと、
燃料ホースの最下部に、逆流したサビや浮遊していたサビが沈殿し、
それが原因で供給不良になるようです。





フィルターからホースを外して掃除してみました。
溜まってるね… _| ̄|○ il||li
掃除したら、やっと燃料が流れてエンジンがかかりました。

今年の冬、ガソリンタンクが空の状態のまま越冬してしまったので、
更にタンク内部のサビが進行している事でしょう。
かといって、タンク内を洗浄したりコーティングしたりしてまで、
アルティシアを延命させる気もないので、
とにかく燃料フィルターに頑張ってもらうしかありません。


関連記事

ピボット部のチェーンガード交換

2017年05月04日 18:20



11月に、ピボット部のチェーンガードの破損脱落を発見して以来、
半年間ほったらかしのアルティシアです (;´Д`)

パーツはすぐに取り寄せたのですが、
交換するには難工事が予想されるため、
頼りの夫や長男になかなか作業してもらえず、
そのまま越冬してしまいました。





春になり、やっと作業開始。
まずアルティシアのリアをハンドクレーンで吊り上げ、
リアタイヤとサスのリンクを外します。





次にピボットシャフトを抜くわけですが、
なにせ製造から25年間、一度も抜いた事のないであろうパーツです。
完全に錆びて固着してしまい、木槌で叩いたくらいじゃビクともしません…。

木槌から金槌に持ち替え、ピボットシャフトを捨てる覚悟で、気合で叩く!
やがて少しづつシャフトが押し出されてきました。
あと少し!





難産の末、産み落とされたピボットシャフト。
固着していた部分が真っ白です。
サビをサンドペーパーで磨き落とし、グリスアップしました。





ちなみに、シャフトの中空部分にネジとナットをかませて、
シャフトのネジ山を養生しつつ叩きました。
シャフトが奥に入って叩けなくなったら、ドライバーで延長して、
さらに叩いて反対側に押し出します。
固着している場合は、ドライバーを潰す覚悟で、
金槌で思いっきり叩きまくりましょう。
その場合は高級なドライバーを使わないように。





ピボットシャフトが抜けてスイングアームが外れ、
これで、やっとチェーンガードが交換できました。

こんな小さなパーツを交換するだけなのに、この面倒くささ。
作業を半年も先延ばしにされるわけです。





実は、リンク部分の保護ブーツも以前から破れています。
今回、交換する絶好の機会だったのですが、
普段は泥よけの裏に隠れている部分なので、
これからも大きな問題はないだろうと判断して交換しませんでした。



blog17110.jpg

再びピボットシャフトを通し、サスやタイヤを組み付けて終了。
1日がかりの作業でした。

5月に車検があると言うのに、
今回のバラシで、リアブレーキのパッド残が少ない事を発見。
でも完全にゼロではないので、
アタリが出ないままの新品パッドで車検を受けるより、
車検後にパッド交換したほうが良さそうなので保留です。

ドライブスプロケの山が、かなり痩せちゃってますね。
そういやチェーンもずいぶん長いこと交換してないなぁ。
という事で、今年もまだまだ手間がかかりそうなアルティシアです (´・ω・`)


関連記事

STARDUST REVUE 35th Anniversary Tour 「スタ☆レビ」

2017年05月01日 14:45

4/28に、スタレビの35周年ライブに行ってきました。
去年の6月にも名古屋に来てくれましたが、
今回はその追加公演、しかも1年以上に渡ったロングツアーのファイナルです。

追加公演の会場は芸術劇場ではなく、センチュリーホール。
センチュリーホールでスタレビを観るなんて約20年ぶりでしょうか。
凄く懐かしかったです。
本当は12月の多治見公演に行くつもりでしたが、無理でした。
スタレビが多治見に来るなんて超レアだから、是非行きたかったなぁ。





ツアーファイナルという事で、
ライブ終了後、撮影OK、SNS拡散OKという大サービス!
日本中を回るので、小さ目な会場でも出来るようにと、
コンパクト&シンプルにまとめられた舞台でしたが、
照明演出が素晴らしく、とても良かったです。
残念ながらマスコットのレビちゃんが、
吊り下げスクリーンに隠れちゃってますが。




ファイナルなので、セットリストもアップしてOKだよね?
5年前の「30周年ライブ」以来の、
スタレビのホールライブ観覧でした。
18時半スタートで、終了したのは4時間後の22時半。
相変わらずのボリュームだなぁ!

そこら中切り貼りしてあるのは、会場によって曲が変わるからです。
ファイナルなのでサービスもあって、かなりリストが変わったようです。
リクエストも、通常2曲のところ、今回は3曲歌ってくれました。
アンコールも6曲という大盤振る舞いです。
やっぱり周年ライブは、古い名曲揃いでイイネ!

今回のリクエスト企画は、
昔のPV映像に合わせて生演奏するコンセプトでした。
昔の懐かしいメンバーの姿を観て、
一番スタレビに熱を上げていた高校生~20歳の頃の自分を思い出し、
タイムカプセルを開けた気分になり、思わず涙がこぼれてしまいました。
今度スタレビのPV集が出るらしいですが、思わず買っちゃいそうです。
とか言っても、去年、発売日に勇んで買った35周年記念BOXが、
いまだ未開封なんですがね…。
アルバムもここ10年分くらい、買っても聴いてないんですがね…。
学生時代のあの情熱はどこいっちゃったんだろう。

アルバムをほとんど聴いていないので、
ここしばらくアルバムツアーには行っていませんが、
周年ライブや企画ライブは、知っている定番曲が多いので、
これからも頑張ってマメに参加したいと思います。
でも、音市音座とか風のハミングのような、
スタレビ以外のアーティストが絡んだコラボライブは、
あまり観たいと思わないんだよなぁ。
5月の埼玉の「スタ☆レビ大宴会」に頑張って行こうかと悩んでいたのですが、
ゲストが多いのが決め手で止めました。
ツーリングを兼ねて野外ライブ「楽園音楽祭」にも行きたいけど、
夏は私のスケジュールが混んでて、どうかなぁ。


関連記事

LMHG版 エヴァンゲリオン量産機

2017年04月19日 11:20



今回のプラモは、残酷な白い天使様、
エヴァンゲリオン量産機です。
グロキャラのドアップのパッケージがドン引きで、
お店のレジに持っていくのに勇気が要るよ (;´Д`)

エヴァンゲリオン量産機は、
「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」に登場するエヴァですが、
エヴァというより、人工的に作られた使徒です。
活動時間無制限だわ、自己再生するわ、
ATフィールドを突き破るロンギヌスの槍も装備という無敵っぷり。
それが9体で群れをなして襲ってくる様は、ヒッチコックの「鳥」どころではない脅威。

救いようのないストーリーなうえに中途半端な終わり方をして、
視聴者にモヤモヤ感を植え付けたTV版エヴァの補完で作られた映画版ですが、
これまた憂鬱なストーリーで、
量産機が2号機をむしゃむしゃ食べる名物シーンの他にも、
物議を醸したシンジ君のアレやコレやな行動、
人がスプラッタに殺されてゆく展開など、
観なきゃよかった…と最高に憂鬱な気分にさせてくれる問題作でした。





以前記事にした、スキーの休憩中、車内で制作したプラモとは、この量産エヴァでした。
組むだけなら、パーツ数も少なく簡単。
墨入れ・塗装は、家に帰ってゆっくりと。





というわけで、後日完成。
顔はキモいのにスタイルは抜群!
こんな綺麗な脚に憧れます。

実は20年前の映画公開当時、エヴァ量産機のプラモを一度作っています。
これは、その時のプラモと一緒だと思って買ったのですが、
このキットは当時のモノとは違っていました。

昔作ったエヴァ量産機は、顔がラバーパーツで、
口がパクパクと動かす事が出来ました。
腕も、ラバーぽい材料で一体成型されており、
中に仕込まれた関節で、ヒジが自由に可動する画期的な構造でした。

当時、顔ラバーに着色する際に失敗し、
修正が出来なかったので、
バンダイから顔ラバーを取り寄せた事を覚えています。
説明書には部品注文カードが付いていますが、
そのカードを使ったのは、長いプラモ人生でこの一度きりです。

で、今回作ったLMHGモデルは、
顔はラバーではなくプラパーツで、口の開閉も出来ません。
腕もただのプラで、ヒジが可動しません…。

詳細は追記にて。





[ 続きを読む ]
関連記事


最近の記事