アルティシアのユーザー車検

2017年06月05日 12:53

アルティシアの車検って6月だったよなー、と、
5月末にふと車検証を確認したら、おおっと!
早々の6/2に車検が切れるではないか!
慌てて夫に車検のネット予約をしてもらい、
車検期限の前日である6/1に、急いで陸運支局に行ってきました。
滑りこみセーフ (;´Д`)




今年からシステムが改正されたそうで、
書類は無料で入手でき、いちいち買わなくて済むようになりました。
ただ、今まであった整備記録票の配布は中止になり、
ネットでダウンロードするか、
検査所にある見本を自分でコピーして記入しなければなりませんでした。

検査コースは何度やっても慣れないもので、
ビクビクしていたら、察した優しい女性の検査員さんが、
付きっきりで世話してくれました。
素人丸出しな私に手ほどきをありがとうございました。
混雑する午前のラウンドでモタモタすると、
早くしろよという後方の受検者や検査員からの殺気を感じるのですが、
ガラガラの午後ラウンドはマッタリしていてイイネ。





車検シールのデザインが変更されました。
従来のサイズよりも大きくなり、透明保護シールからはみ出してるw
私のナンバーは3ケタなので貼るスペースに余裕があるのですが、
4ケタナンバーだと貼る場所が限定される、ギリギリのサイズです。

検査代・重量税・自賠責合計で、しめて18220円也。
2年前より自賠責が3000円も安くなっていてありがたや~

2年間の総走行距離、たったの5800㎞。
年間3000㎞未満…車検通してまで400㏄を維持するのがバカバカしいなぁ。
でも、アルティシアに飽きて乗らないワケじゃない、
私だってもっと乗りたいですよ、日本中走りたいですよ (`;ω;´)

なにぶん、バイクもライダーもポンコツなもんですから、
なかなか両者の息が合わないんですよ…

前後ブレーキに問題はありますが、
ただ今、アルティシアは絶好調!
入れ替わりに、ライダーの私が絶不調…

正月に痛めた右ヒザの前十字靭帯損傷は、
一時は調子よくなっていたのですが、
どうやら先日の木曽ツーリング辺りで悪化し、
仕事に支障でまくり、脚を引きずらないと歩けない、自転車もこげない、
アクセルに足を乗せるのさえ激痛で、もう車の運転すら危ない状態です。
車検の時も、ヒザがグラグラで激痛なのを必死にこらえました。
ここ数日は、足が全く上がらず、バイクにまたぐのも無理です。





本日、整形外科で、
一番ゴツい装具にバージョンアップしてもらいました。
3万円也 (;´Д`) ぎゃふん!
保険適用だから、後で7割戻ってくるけどね。
ということで、現在右足だけ、
ラスボスの攻撃にも耐えられそうな豪華装備となっております。

6月下旬に山梨方面へキャンプツーリングに行く予定でしたが、
この状態ではとても行けそうにありません (´;ω;`)


関連記事

名古屋ハワイフェスティバル2017

2017年05月28日 17:49



毎年恒例、栄で開催されたハワイフェスティバルに行ってきました。
今年は仕事を休んで、一日フルに満喫しましたよ。

オアシスの下は相変わらず、身動きが取れないほどの混雑ぶり。




今年は早々に健康診断を済ませたので、
気にせず好きな食べ物を堪能できました!
しかしどのフードカーも大行列で、ウンザリします…。





お楽しみは夕方の、カネ(男性)フラとハワイアンバンドです。
カネフラは人気で観客が多く、遠くからしか見られませんでした。
贅沢な生バンドをバックに、カネフラならではの迫力ある舞いが最高!





ハワイアンバンドは、一流のプレイヤーの方々による夢の競演!
ここで語っても分かってくれる人が少ないので割愛しますが、
私には垂涎のメンバーでした。
有名なフラダンサーがバンドと共演するので更に観客が集まってきて、
ビールを買いに行っている間にもっとステージから遠くなってしまい、
ほとんど演奏を見られませんでした。

ということで、丸一日ハワイを堪能しました。
来年も仕事を休んで参加するぞ!



関連記事

木曽キャンプツーリング

2017年05月23日 11:48



高校生の長男と次男が中間試験期になり、
2人の弁当作りをしなくていい日が出来たので、
そのタイミングでキャンプツーリングに行ってきました。

しかし2日目の夜に仕事、仕事明けにコーラス練習があるので、
すぐに帰れるよう、近場の木曽でまったりしました。





柿其渓谷を歩いたり…




阿寺渓谷に行ったり…





王滝周辺を散策したり…





割り箸やアイスの棒をとっておき、
溜まったらキャンプに持っていき、お焚き上げ供養と称して、
焚火の焚き付けに使っております。
去年はあんなに暑かったのに、
なんとガリガリ君を一本も食べませんでした。





両日ともよく晴れ、美しい残雪の御岳を望むことが出来ました。





5月中旬ですが、まだ所々で山桜が咲き残っており、
桜吹雪の中を走る事も出来ました。
450㎞ほどのツーリングでしたが、
キャンプでほとんど寝られず、その後の仕事と歌の練習はグッタリでした。

詳細ツーレポはこちら→’17木曽ツーリング(HP)


関連記事

Takamine PT-106 

2017年05月19日 18:31



さっそくギターが増えました (;´Д`)

右が、年末に譲っていただいたYAMAHA FG420Aです。
以前の記事で、これはクラシックギターと書きましたが、
ただのアコギにクラシック用の弦を張っただけです。 
20年以上前の入門モデルで、今は亡き台湾YAMAHA製。
ネックは細くて短めですが、
ボディはミニウェスタン?サイズの深胴モデル。
見た目アンバランスで不格好なのですが、
細いネックは持ちやすく、弦も押さえやすく、
大き目なボディからはズンズンと音が響き、
初心者用にしては、なかなか良いギターだと思います。
なんせバブル期の商品ですからね、
今どきの入門モデルよりは、クオリティは良いと思いますよ。

しかし、この先ステージでギターを弾くには、
アンプを通さないといけないわけで、
FG420Aにピックアップを付けてステージに上がるくらいなら、
ヤフオクでそれなりのエレアコを安く入手したほうがマシと思い、
それで落札したのが、左の焦げ茶のギターで、
TakamineのPT-106です。

PT-106も20年ほど前のモデルで、
Takamineのエレアコでは入門機カテゴリです。
ネックが短くて細く、女性でも弾きやすいのですが、
ボディは小さくて浅いので、腹に響くような生音は出ません。

このPT-106を入手したのが3月で、
5月まで、落札した時に張ってあったままの弦で練習してきました。
はて、鉄弦の交換周期ってどのくらい?と調べたら、
1ヶ月くらいだそうでビックリ。
前オーナーさんがいつ張ったか分からないような弦で、
2か月以上も弾いていたとは。
急きょ、たまたま家にあったライトゲージの弦を張ったところ、
おお!音がキラキラになって、音量も上がった!
これが新品の弦の音色か~!と感動。

その2日後、つい先日ですが、
弦を張り替えたばかりのPT-106を持ってステージにあがったら、
あれ??なぜだ??全然弾けない!
なぜか思い通りに押さえられなくて、グダグダな演奏になりました。

どうやら前オーナーさんは、
エクストラライトゲージを張っていたのではないかと思います。
なので、初めての鉄弦だったにも関わらず、
私でも弾きやすかったのです。
それに気づかず、次にライトゲージを張ったので、
今までより音量も音色もアップしたのですが、
弦が太くなって張力も上がり、弾きにくくなってしまったのです。

1週間経った今ではライトゲージに少し慣れて、
コード弾きならなんとか奏でられますが、
セーハのアルペジオとなるとポコポコ音しか出ず、
2時間も練習しないうちに、腕も指もパンパンに疲れてしまいます。
うーむ、まだ交換して2週間しか使ってないけど、
早々にエクストラライト弦に戻るべきか…と悩み中。
来週またステージがあるのですが、どうしたものか。





ちなみに自宅でアンプを通してチェックする時は、
これまた何十年前のものか分からない、
じーちゃんの8トラのカラオケ機器を使っております (;´∀`)
バカにするなかれ、ちゃんと音は出ますよ~


関連記事


最近の記事